ひとことの大事さ 

2005年05月25日(水) 22時58分
ひさしぶりのブログ。。

取材の関係で原稿を送ってくれた方に
お礼と読んだ感想を書いて送ったらすごく感動された。

こちらがお願いして代わりに取材現場に行ってもらっているのだから、
本来は私たちがやらなきゃいけないことを下請け出してて申し訳ないくらい思うのにさ、
すごく感謝されてなんだか複雑な気分。

そんなに依頼主って立場はえらいのか?
ギャラ払っているってこと以上に、
やっぱ人間だから仕事のやり甲斐とか欲しいし、、
私自身は2年目のひよっこなのに、面食らうこと多いです。

組織がでかいその肩書きか?

まあ、兎に角、仕事も人間関係で、
ちょっとした気遣いと一言が大切なんだなって
思いました。



絶対安全地帯 

2005年02月21日(月) 22時16分
なんて無いよね。
自分の足で歩かなきゃね。
絶対安全な人なんてのもいない。

この人のコトは大体わかったなんて
みくびっちゃいけない。たぶん、あまりよろしくない。

最近車に乗せてもらうことが多い。
運んでもらうのって心地よいけど
自分で乗らなきゃね、流れには。

絶対安全地帯 

2005年02月21日(月) 22時10分
なんて無いよね。

最近ヒトノ車に乗せてもらうことが多くて。
自分の足で歩かなきゃ、自分で行き先も決めなきゃね。

同じように、絶対安全な人なんていないし

もう、この人のことは大体わかった、なんて、
みくびっちゃいけないんだ。たぶん。

アメリを彼氏と見る。
くすくす笑える、アニメみたいだった。
カワイイ。

ふたりでご飯つくって、ごろごろして、
洗い物して、珈琲いれてもらって、帰り道は送ってもらった。

春になったら夜桜を見に行こうねって言った、
桜並木。

今日は少し春の匂いのする風が吹いていた。

 杯 

2005年02月14日(月) 22時33分
つまりさ、
人生に差し出された杯は残らず飲み干したいと思うわけだ

好奇心 可能性 あるいは欲望

私はどこまで行けるのか?
という、変化の可能性 に 賭けたい

様々な自分がいて 
飾ったり傲ったり背伸びしたりしているが

どれが本当の自分かなんて 誰にもわからないのです

ううん

マタイ受難曲 

2005年02月12日(土) 22時46分
ミシェル・コルボ

−−−片足を引きずって
私の生まれる前からマタイを振っていた おじいさん
白髪の 深い皺
この老体が3時間のパッションを振る

若い歌い手
壮年の女性チェリスト
なめらかなトップバイオリン
品のあるコーラス
ビブラートを抑制したよくのびる歌声
フリュートとソプラノの声 解け合う響き
まるで楽器のような響き
バイオリン・ソロとカウンターテナーのアリア
ペテロの否認のあと
タルコフスキー サクリファイス
柳田邦雄 脳死の記録 サクリファイス

十字架につけろ!

お休みなさい安らかに
お休みなさい安らかに

優しい慈愛の歌声
バッハは優しい 信仰心というものが もし誰の心にでもあるならば それは祈りだ

ひとは祈るとき天を見上げ手を合わせ頭を垂れる

そのとき美しい音楽が在れば
なんて すくわれるだろうか


音楽を聴いているときは
なにか音楽の神様のような 美しい大きなものに
包まれているように感じる

先生、ありがとう
私はようやく 先生の好む 世界で最高の音楽に辿り着きました

 

2005年02月08日(火) 22時47分
愛されて幸せになるってどういうことか、確かめてみる

じぶんでじぶんのことをする

だれかに安心をわけてあげる

少しお手伝い 安らぎの 安心の

ひとりじゃ行けないところへ ゆく

てをつないでゆく

どっちかがどっちかをささえるってこと

できるかもしれないし できないときもあるかもしれない

aiとか koiとか 

2005年02月03日(木) 22時41分
aiとかkoiとかすごいです
人が近くにいること、常にそばに感じていること それに慣れてしまうこと
おそろしい!

ひとりで遊ぶ時間
誰かといる時間

わたしひとりのさみしい時間が不足している

だれかと常にめまぐるしく 発散系

これもいいけど、楽しいんだけど

なんだかとっても不思議です、さみしくない
愛されている 関心を持たれている 大切にされているわけです すごく

バレンタインのために
ロフトでカードとBOX選んで
文教堂で詩集買ってカバーかけてもらって
材料のグラムをひかえて・・・マメかも わたしも 相当.

秘境中の秘境だという温泉へ 行く 2月下旬

長野の山奥 混浴だって!
おいおい とか突っ込みながら 結構 楽しみ

だって ひとりじゃ絶対一生行かないでしょ 行こうと思って計画立てて 宿取って 車出すの

そういうもろもろのこと 全て あの人について わたしに もたらされる

そう 知らないこと 教えてくれるんだよね
知らないところに 連れてってくれる

トニー滝谷 

2005年02月01日(火) 22時48分
トニー滝谷をみてきました。
グレート・ギャツビーの有名なシーンがそのまま一話になっていた。

女が数えきれないほどの豪奢な洋服を前にして泣くのさ。
あんまりきれいだと悲しくなっちまう、とは宮沢りえは言わなかったけど。

今度ポレポレ東中野で阿賀に生きるをやるらしい。また見に行こうかな。

大晦日 

2004年12月31日(金) 20時19分
今年も終わる。
社会人になって初めての年が暮れる〜

もうトイレも洗面台もクローゼットの中もフローリングも掃除したし
正月に読む本はたっぷりあるし
紅白は半分以上知らない人だけど始まってるし
年越しそばも食べたし
あとはこたつで新しい年を迎えるだけ。

来年はどんな年かな、楽しみだな。

仕事も新しい部署に行けそうだし、編集?加藤さん!ありがとうございます!

最近忙しかった、12月は特に。
仕事がらみの飲みも多かったし
仕事以外の休日に友人知人と遊びにいくコトが多かった
新しく親しくなった人もいたし
旧交を温めた人もいた

そのため一人の時間が減ってしまった
一人で本を読んだり一人の空気を吸うことも大事なのだー

昨日渋谷で一人映画を観て
Bunkamuraの本屋でゆっくり見て回って
馬場のスタバでゆっくり本を読む
貸していて返ってきた本、買った本。

部屋を掃除して布団をきちんと敷いて。

自分の立ち位置をしっかり見渡す。
そして進む方向を見定めるのだ。

絶え間ない変化をしなやかに受け止められますように
ケルト文様によせて


犬猫 

2004年12月30日(木) 19時00分
ヨーコとスズ。

これは長女的女の子と末っ子的女の子の 
闘いの物語
どこまでも続くのである

Zoffのくろぶちメガネのヨーコは甘え下手

ワンピースのスズはいいトコどり
かならずコンタクト。

中島みゆきの歌にあった

わざと朝帰りしてうそを付くの

和風の古い民家の二人暮らし

目白のおうちを思い出すなあ

女の子がけだるく暮らすの、ご飯つくったり布団しいたりして
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:larara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる