弾力のあるキレイな肌は憧れです

October 01 [Mon], 2012, 11:39
グルコサミン3つの効果
グルコサミンには大きく3つの効果があります。一番の効果は、巷間で広く謳われている関節痛の軽減です。グルコサミンは骨と骨の間でクッションの役目を果たす軟骨の形成を促す働きがあります。グルコサミンによって軟骨の新陳代謝と形成が促進されると、関節の動きが滑らかになり、曲げたり伸ぱしたりしやすくなります。二つめは血沈促進効果です。グルコサミンは、血小板の凝集作用を抑制し、血流を促進する作用があることが分かっています。不摂生や栄養の偏りでドロドロになつた血液は、グルコサミンが補充されるとサラサラの血液に戻り関節痛の軽減効果 美容効果 血流促進効果。血液を健康状態に戻すことによって血栓や動脈硬化を予防することができ、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐことができます。そして、三つめの効果が女性に嬉しい美容効果です。グルコサミンは、肌をみずみずしくする成分の原材料になり、肌に保水力を与えます。皮膚はグルコサミンなどが失われるごとにより乾燥したり、シワができてしまいます。グルコサミンを補充すると、皮膚の下層の真皮の保水効果を高めることが期待できます。


グルコサミンとスキンケア
女性にとってハリと弾力のあるキレイな肌は憧れです。そんな肌を維持していくため、日々のスキンケアに力を入れていると方も多いはず。そんなスキンケアにも欠かせない成分のひとつがグルコサミンです。グルコサミンは関節にだけ存在しているわけではありません。グルコサミンは、皮膚や爪などにも多く含まれる成分で、体内のグルコサミンが減少すると肌の保水力が失われてしまいます。当然、グルコサミンが減少すると、肌が乾燥するだけでなく、シミやシワの原因にもなります。若い人と年配の人の肌とを比べた時、年配の人の肌の方が深いンワがたくさんあるのは、加齢によってグルコサミンが減少したせいです。グルコサミンを積極的に摂取し、肌の水分量を高めることで、体の内側からのスキンケアを実践しましょう。


ヒアルロン酸の生成を促進
グルコサミンと並んで肌に有効な成分にヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸はグルコサミンによって生を促される成分です。ヒアルロン酸は細胞同士をつなぎとめる働きがあり、特に関節や皮膚、眼に多く含まれます。ヒアルロン酸は年齢を重ねるごと減少していき、60歳では20歳時点の約4分の1まで減少するといわれています。そうなると肌もカサカサになったりシワが増えたり、たるみが起きたりして、全体的に老化してしまうのです。肌の老化にいちばん効果的とされているのは、保湿と保水です。肌の水分量を多くするためにヒアルロン酸は不可欠といっても良い成分です。グルコサミンを充分に摂取することでヒアルロン酸の生成を促し、みずみずしく若々しい肌をよみがえらせることができます。

コンドロイチンとの相乗効果
美肌効果を期待できる健康食品やドリンクには、グルコサミンとコンドロイチンの両方が配合されているもが多くあります。コンドロイチンも優れた保水力を持っていることで知られる成分で、多くの化粧品にも配合されています。コンドロイチンは保水力が非常に高く、細胞に酸素や栄養分を運んだり、老廃物を排出したりする働きがあります。ドロイチンもまた、グルコサミンによって働きが促進される成分です。コンドロイチンの働きを高めるには、体内のグルコサミン旦里を増やす必要があります。肌のアンチエイジングを意識するなら、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取すると、より効果的です。

コラーゲンで効果アップ
グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンに続いて、美肌に欠かせないといわれるコラーゲンについでも紹介しましょう。グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンと同様、コラーゲンも年齢を重ねると体内から少なくなってしまう成分です。コラーゲンは皮膚に大切な成分として知られていますが、人体を形成するタンパク質のうち、およそ3分の1を占めています。関節のトラブルでは、粘り気のあるコンドロイチンとともに摂取することで関節軟骨の土台を形成します。コラーゲンは化粧品にも多く使われていますが、実は肌の外から与えてもほとんど吸収されないことが分かっています°そのため、食品や健康食品などで、しつかり体内に取り込むことがポイントです。

グルコサミンの推奨摂取量と血流促進作用
グルコサミンは関節の痛みを改善する効果ばがりがクローズアップされてい‐ますが、血流を促進する働きもあります。グルコサミンを摂取すると、血液中の血小坂がグルコサミンの影響で凝集(凝固)作用を引き起こします。血小板が凝集・抑制されると、血液の流れは良<なり、いわゆるサラサラ血液になります。サラサラ血液になると血行が促進されて冷え症が改善されます。冷え症は関節痛や関節炎の症状を悪化させるのでグルコサミンを摂取することは、関節炎の予防、改善、悪化防止になります。また、冷え症は関節の痛みや症状だけでなく、その他の生活習慣病の悪化
にもつながるので、グルコサミンで関節痛と冷え性を予防し、加齢から<る体の不調を改善しましょう。グルコサミンは若いうちは体内で作られ、関節や皮膚に広く存在しています。しかし、年齢を重ねるとともにその生成能力は減少します。体内のグルコサミンが不足すると、様々な不調を引き起こす原因となります。体内で不足したグルコサミンは食品や健康食品で補う必要があります。グルコサミンの推奨摂取目安旦里は、1日l000-1500mgが適当とされており、摂取量が不足すると関節や肌の老化の原因になります。もし、摂取目安量以上を摂取しても、グルコサミンの場合、体外へ排泄されるので特に心配はいりません。本来、体内に存在しているものなので副作用の心配もほとんどないとされています。ただし、人によっては胸やけや下痢などの症状を訴える場合もあるようです。自分の体調とよく相談しながら摂取してみてはいかがでしょう。

どんな食品に含まれる?
では、グルコサミンはどのような食品に含まれているのでしょうか。といつてもグルコサミンの健康食品は良く目にしますが、食品で「グルコサミンがたっぷり入った○○」というフレー血流改善で冷え性改善ズは聞いたことがありません。つまり、グルコサミンを十分に摂取できるほどの食品はありません。推奨摂取量には及びませんが、グルコサミンは鳥軟骨、鳥皮、牛スジ、山芋、オクラなどのネバネバ系食品に含まれています。これらの食品を日々の食事に取り入れ、少しずつでも摂取するようにしましょう。グルコサミンを意識的に摂取すると、軟骨の再生能力と代謝、皮膚の水分量がアップし、アンチエイジングと健康維持に役立ちます。日頃の食事で足りないグルコサミンは、健康食品で補うことが効果的です。特にグルコサミン不足が懸念される中高年や代謝を高めたい人などにおすすめです。グルコサミンを積極的に摂取して健康維持に努めましょう。



運動不足とストレスに注意

July 02 [Mon], 2012, 10:24
各年代に起こりや健康問題とその対策
私たちのカラダは年代によって変化し、健康上の留意点も変わっていきます。その時々に合わせた健康づくりは、その人の生涯を形作るといえるかもしれません。各年代に起こりやすい健康の問題と、その対策をご紹介します。

運動不足とストレスに注意
働き盛りは肥.満とストレスに注意壮年期は働き盛り。 「まだまだ自分は若い」と体力にも自信があるし、健康問題などは真剣にとらえにくい時期です。しかし、壮年期の後半はいわゆる中年。徐々にカラダが気持ちについでいかなくなる年齢です。男女ともに30代後半から太り始める人が多くなります。原因は様々ありますが、特に女性の場合、出産や更年期でホルモンのバランスが変化することが大きいようです。男女共通していえるのは、筋肉量が減って代謝が悪くなってしまうこと。若い時と同じ旦里の食事を続けていると肥満になってしまいます。また、30代の死亡原因の1位は「自殺」となっています。この世代におけるメンタルヘルスの重要性を物語つています。

壮年期に入ると、昔より太りやすくなつたと感じる人が多いはずです。それは基礎代謝が低下したせいかもしれません。基礎代謝とは、呼吸したり、内臓を機能させるなど、私たちが生きていくうえで必要最低限のエネルギーのこと
です。この基礎代謝は20代をビークに下降するため、年齢とともに必要とするエネルギーも減少します。にも関わらず、若いころと同じような食事を続けていれば、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってカロリー過多になります。
余分なカロリーは脂肪として蓄積され、肥満になってしまいます。

肥満の予防や改善に効果が期待できるのが大豆サポニンです。大豆サポニンには、消化器官からの脂肪の吸収を抑え、余分な脂肪や糖分を排出する働きがあります。過酸化脂質の生成も抑えるので、血栓症や動脈硬化の予防にも有効です。また、緑茶のカテキンは、だ液に含まれる消化酵素の働きを抑える成分があり、デンプンを分解することなく体外へ排出します。もちろん、肥満の予防や改善には、適度な運動と規則正しい生活が必要です。とくに筋肉を鍛える
運動が基礎代謝を高めるので、太りにくい体作りには、筋肉トレーニングが欠かせません。

体の変革期は三大疾病対策をしっかりと何事にも経験に裏打ちされた自信をもつて取り組め、充実した社会生活を送ることができる年代です。ただ、培ってきた経験が輝きを増す一方で、老いの足音が近付いてくることを否めません。
中年期は、カラダと人生の変革期です。女性の多くがこの年代までに更年期を迎えますし、男性でも五十肩、五十腕と呼ばれる諸症状が現れやすくなります。子どもの巣立ちによる虚脱感や人生の焦りを感じることもあるでしょう。
55歳以降では死亡原因の上位3位が、日本人の一大疾病と呼ばれる、がん、心臓病、脳卒中と一致します。この三つの病気の予防と治療が長生きのカギです。

生活醤慣病は死亡原因に密接に関わっています。生活胃慣病がん、心臓病、脳卒中など、日本人の死亡原因の3分の2
は、生活習慣病が元だといわれています。生活習慣病とは、主に高血圧症や高脂血症、動脈硬化症、心筋梗塞、脳卒中などの循環器病、肥満、糖尿病、大腸がん、肺がん、アルコール性肝炎、歯周病など、発症原因に生活習慣が深く関わっていると考えられている疾患の総称です。生活習慣病が怖いのは、様々な疾患が深く影響しあっていることです。例えば心疾患、脳疾患などの循環器疾患は高血圧症と動脈硬化が原因といわれています。高血圧は動脈硬化を促進する-方で、動脈硬化は高血圧を引き起こすのです。また、高血圧や肥満になりがちな食生活は、糖尿病や高脂血症などにもつながりやすく、さらに動脈硬化を引き起こします。

生活習慣病は、日常生活の中でバランスの取れた食生活を実践すれば予防できます。脂肪の多い肉類や油脂類を控えめにして野菜や果物、海草類、芋類、豆類を食べましょう。未精製の穀類は、ビタミンやミネラル補給に最適です。
心筋梗塞や脳梗塞などの血管がつまる病気には、大麦若葉に含まれるβ‐グルカンやニンジンのカロテン、ゴマの不飽和脂肪酸などがお勧め。血液中のコレステロールや老廃物の排泄を促す働きがあり、高脂血症と動脈硬化の改善に効果的です。ギムネマや大麦若葉には、食後の血糖値の上昇を抑制する作用があり、糖尿病の予防に役立ちます。

主な年齢の平均余命は、厚生労働省がまとめた「平成22年簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は男性で79.64歳、女性で86.39歳となっています。平均寿命から自分の年齢を引いた年数を、残りの人生だと思われている人もぃるかもしれませんが、平均寿命というのは0歳児の平均余命のことで、ある年齢の人の余命を計算する、つまり、65歳男性の人が「男性の平均寿命は79歳だから、残りあと14年」と考えるのは間違いということです。そこで厚生労働省では丁平均余命」という数値を計算し公表しています。この平均余命とは、ある年齢の人が、その後何年生きられるかという期待値のことで、現在の死亡率が将来も変わらないという仮定の上での数字です。

食生活と適度な運動でいきいきライフを維持多くの方は現役を離れます。70歳を超えると、いわゆる高齢者と呼ばれる世代です。人生の完成期として余生を楽しむ一方で老化が進み、カラダの不調が顕著になり始めます。残された月日を快適に過ごしたいと考える方もいるでしょうが、残された月日は決して少なくありません。聞歳の男性の平均余命は15・08年、女性では19・53年。まさに第2、第3の青春の到来です。人生を謳歌するためにも、健康管理に努め、質、量ともにバランスの良い食事を心掛けましよう。そして、自分が楽しめる運動で筋力低下を防止し、寝たきりや認知症にならないように努めましょう。

元気で自由に動き回れる人は体力も維持することができ、いつまでも若々しくいられます。しかし、実際にはひざや腰の痛みに悩んでいる方が、多いのではないでしょうか。骨や関節、筋肉などの働きが衰えると自立した生活が送りづらくなり、介護が必要になったり、寝たきりになつたりする危険性が高まります。介護が必要になつた人のうち、
5人に1人は、関節の痛みや転倒による骨折などが引き金になっているといわれています。関節を健やかに保つために
は、日ごろから無理のない程度に運動し、関節を動かすことが大切です。動かさないとますます動きが悪くなり、筋肉も衰えてしまいます。さらに、関節を動かすことで軟骨に酸素や栄養が供給されます。また、関節をサポートする成分を食品で補うこどもお勧めです。軟骨内の水分を保つ働きをするグルコサミンやコンドロイチンは、納豆、ヤマイモ、オクラなど、ネバネバした食材に多く含まれるほか、鳥の軟骨や牛スジ、フカヒレ、スツポンなどにも含まれます。ただ、必要量のすべてを食べ物から摂取することば困難ですので、サプリメントを利用して摂取することをお勧めします。


健康食品・サプリメント

June 11 [Mon], 2012, 19:26
酸化ストレスに対応する健康食品・サプリメントは数あれど、『公的に』抗酸化物質としての機能を認められているものは、ビタミンなどの微量栄養素を除くと 意外に少ない。データとしての抗酸化機能があったとしても、それが『公的に』認められるには多くのハードルがあります。『Sオール』 は、『公に』抗酸化機能が認められた、稀有な健康食品といえる。

医薬品を例にとって考えてみれば、その違いは明白で。いわゆる先発医薬品に与えられた特許は、「物質特許」「用途特許」「製造特許」「製剤特許」の 4種類である。これらの『公に認められた』特許による縛りがあるため、後発医薬品メーカーは、これらの特許期間が満了するまでは、後発品を製造販売することができないのです。

『Sオール』は、これらの内の「物質特許」を、『活性酸素抑制組成物』として取得している(日本国第2610325号)。これは極めて稀な例といえるのではないでしょうか。
しかも、『Sオール』は、ビタミンなどの単離された物質ではない。大麦や小麦胚芽、米ぬか、緑茶、ゴマ、ハトムギなど14種類の植物を原材料とし、遠赤外線による焙煎と麹による発酵を行なった上で、吸収性を高めるために低分子化された、複合物質です。

食品衛生法に規定される『公的』な栄養表示では、表に示すようにビタミン・ミネラルやダイジン、ゲニスチンなどの植物エストロゲンを含むポリフェノールが主なものとなります。
表として見てしまうと、無味乾燥でこんなものか?と思われてしまうが、機能性食品や機能性栄養学に詳しい方であれば、この表に表れないところにこそ、この健康食品の稀有な部分を見出していただけることと思います。

特許申請の抗酸化力については、公開特許の情報を参照していただくとして、まずは、日本糖尿病学会の診断基準による境界域・境界域周辺の被験者20例に対して行なわれた、血糖値に対してのデータ。
この試験は、『Sオール』を1回1袋を1日3回、水、ぬるま湯、お茶などに溶かして食後に飲用し、試験前、飲用開始後4・8・12週間後に問診、採血を行なっている。
検査項目は、一般血液検査、空腹時血糖、HbA1c、血中過酸化脂質(LPO)、総コレステロール、TG、HDL、GOT、GPT、総蛋白、クレアチニン、尿素、尿素窒素を調べている。
その結果、空腹時血糖は服用開始時129.7ア61.7mg/dlで4週後107.7ア41.2(P=0.002)、8週後109.1ア43.3(P=0.016)、12週後101.8ア30.1(P=0.004)と有意な低下が認められている。
12週後には糖負荷試験も行なわれており、負荷2時間後に有意な低下が認められている。
HbA1cについては低下の傾向は見られたが、有意な差には至らなかった。これは、服用前1〜3ヶ月の状態によるものと思われる。
また、過酸化脂質についても有意な差は認められなかったが、これは被験者の開始時の検査値が低値(0.88ア0.14)であったことと、境界域・境界域周辺の被験者であることから、日常の食生活に気を配っているものが多く、その影響があるのではと推察されています。

問診では疲労感の軽減や肌のつやが良くなった、などの意見が多数挙げられている。
血圧に関しては、高血圧自然発症ラット(SHR)を対象とした試験の結果がある。
この試験ではSHRラットを『Sオール』500・1000・2000mg/kg投与する群とコントロール群の4群に分け、36日間飼育、1・8・15・22・29・36日目に尾動静脈圧を、非観血式自動血圧測定装置にて無麻酔下で測定している。
その結果、500mg投与群では、22・29・36日目でコントロールと比較して収縮期血圧が有意に低下、平均血圧は22日目に有意差が認められている。
1000mg群では22・29・36日で収縮期血圧、22・29・36日で平均血圧、22・36日で拡張期血圧に有意差が認められている。
2000mg群では、22・29・36日で収縮期血圧、22・36日に平均血圧、22日に拡張期血圧で有意差が認められている。
なお休薬7日で『Sオール』いずれの群でも収縮期血圧で低値を示し、平均血圧・拡張期血圧では差が見られなかった。
血圧測定時の心拍数では、1000・2000mg群で有意差が認められているが、休薬7日間で消失している。
また、飼育期間中の体重増加はコントロール群と差が見られず、異常も死亡も観察されなかった。
これらの結果から『Sオール』が、メタボリックシンドロームをはじめとする、生活習慣病予防に効果のあることがご理解いただけると思う。
特筆すべきはこの製品が、特許申請を含め、全て市販品の状態で、このエビデンスを有していることである。
さらに、残留農薬は原料段階と製品段階の2段階でチェックされており、製造は食品GMPの認定工場で行なわれている。安全性に関しては、現在望まれる条件を全て満たしていると言って良いことです。
ここに挙げた2例の試験だけを見てもも、厳密なプロトコルに基づいて実施されていることは、ご理解いただけると思う。さらには、『公の』特許として認めら れた『活性酸素抑制組成物』である『Sオール』、沖縄の平良茂医師ら多くのクリニックで評価も高く、今後より多くの医師に活用していただきたい健康食品と いえます。

グルコサミン

June 11 [Mon], 2012, 19:24
グルコサミンとは?
動物の皮膚や軟骨に含まれているムコ多糖体の一種です。ヒトの体内においては軟骨や爪、じん帯などに存在しており、軟骨細胞を形成する成分として知られています。軟骨は、特に関節において骨と骨の間のクッションの役割を果たしており、曲げたり伸ばしたりする動作を円滑に行うために必要な要素となっています。そのため、軟骨が不足すると、関節を動かすたっぴに痛んだり、炎症を起こしたりする原因となります。

グルコサミンは加齢とともに減少
ヒトを含む動物には、体内でグルコサミンを生成する能力が備わっています。しかし、生成量は加齢とともに徐々に減少し、軟骨不足による関節痛や保水力低下による肌の乾燥、シワなどが発生しやすくなります。特にコンドロイチンやヒアルロン酸になるまでの過程に生まれるN―アセチルグルコサミン6リン酸への代謝量の減少が著しく、うるおい低下の大きな原因となっています。

グルコサミンが不足すると関節痛に
グルコサミンが不足すると、関節の動きに苦痛が伴います。この症状は医学的には『変形関節症』と呼ばれ、ひどくなると歩行も困難になります。変形関節症は関節ならどこでも起こる症状ですが、最初に現れやすいのは両足の膝です。膝は歩行の時に体重全体を支えているため、最も負担が大きく、痛みが現れやすいのです。そのため、膝に違和感や痛みを感じ始めたら、体内でグルコサミンが不足しているサインです。

関節痛になぜグルコサミン?
関節痛にグルコサミンが良いとされている所以は、その原因にあります。関節痛は骨と骨のクッションの役割である軟骨がすり減って骨同士がぶつかり合ってしまうことで起こります。グルコサミンには軟骨内の水分を保ち、さらに軟骨細胞を修復する働きがあります。つまり、グルコサミンは関節の機能を回復させるので、関節痛を根源から和わらげることができるのです。変形性膝関節症は、進行すると膝の関節が変形し、激しい膝痛を引き起こします。関節の軟骨は、厚さがわずか3から4ミリと非常に薄く、加齢や酷使、体重過多などによって、すり減りやすくなります。軟骨がすり減ると骨同士が接触し、炎症を起こしたり、骨の位置がズレたりします。膝は歩行の時に体重全体を支えているため、最も負担が大きく、痛みが現れやすいのです。そのため、膝に違和感や痛みを感じ始めたら、体内でグルコサミンが不足しているサインです。

関節痛の緩和
グルコサミンは骨と骨の間でクッションの役目を果たす軟骨の形成を促す働きがあります。グルコサミンによって軟骨の新陳代謝および形成が促進されると、関節の動きがなめらかになり、曲げたり伸ばしたりしやすくなります。グルコサミンは加齢にともなって減少するので、年とともに関節が痛むようになつたという方にはグルコサミンの補給は必須です。

血流促進効果
グルコサミンには、血小板の凝集作用を抑制し、血流を促進する作用があります。血行悪化による冷えに悩む方にはもちろん、ドロドロ血液によって引き起こされる動脈硬化を予防し、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐ効果も期待できます。グルコサミンは健康に良いことが明らかになっていますが、実は女性に嬉しい美肌効果も期待できます。グルコサミンは肌にみずみずしいうるおいを与えるヒアルロン酸の原材料となっており、肌に保水力を与えてくれます。たっぷりのうるおいは肌の乾燥を防ぐほか、弾力のある美肌を作り出します。

グルコサミンの上手な摂り方
グルコサミンの推奨摂取目安旦里は、1日1000mgi1500mgが適当だといわれています。一般的な成人であれば上限を1500mgで十分です。グルコサミンは、エビやカニのような甲殻類の殻のキチン質と呼ばれる部分に多く含まれている成分です。しかし、カニやエビの殻はそのまま食べられるものではありません。その他、鶏の軟骨や皮、牛スジ、山芋などのネバネバ系の食材などにも多く含まれます。ただ、必要量のグルコサミンをすべて食べ物から摂取することは困難ですので、サプリメントを利用してグルコサミンを摂取することをおすすめします。


骨や関節などの働きが衰えて自立した生活が送りづらくなり、「要介護になる」リスクの高い状態になることを口コモティブ・シンドローム(略して口コモ)といいます。日本語では「運動器症候群」と呼ばれています。ロコモは、「メタボ」や「認知症」と並んで「健康寿命の短縮」、「寝たきりや要介護状態」の3大要因のひとつになっています。介護が必要になった人のうち、5人に1人は、口コモが引き金になっているといわれています。東京大学の研究チームが、3000人を対象に実態調査を行い、口コモの原因とされる主な疾患の患者数を推定したところ、自覚症状がない人を含めて変形性膝関節症が2530万人、変形性腰つい症が3790万人、骨粗しょう症が1070万人となりました。日本における口コモの推計患者数は4700万人以上といわれています。関節痛に有効な働きをするグルコサミンは、口コモの救世主といえるかもしれません。




グルコサミは、関節痛を抑え、活動的な毎日を応援する大切な成分です。
ところが加齢とともに体内から減少してしまい、
若ぃ頃には感じなかった関節のきしみを引き起こします。
「グルコサミンSi」は、軟骨を形成するグルコサミンに、
さらに骨らかさをサポートする成分を加えました。

いきいき発酵クラレコサミ斗Siは8っの成分

発酵グル]サミン
1500mg純度98%以上
骨と骨の間でクッションの役目を果たす軟骨の形成を促す働きがあります。グルコサミンは加齢にともなって減少するので、年とともに関節が痛むようになったという方は補給必須の成分です。

アガロオリゴ糖
l00mg海藻由来純度85%以上
海藻(寒天)を原料としたアガロオリゴ糖です。研究の結果、「炎症成分の産生」や「軟骨成分の分解酵素の産生」を抑えることで軟骨の破壊を食ぃ止めることが分かっています。

ンドロイチン
150mgサメ軟骨抽出物
関節を形成するブロテオグリカン(ムコ多糖類)を構成する成分のひとつです。関節軟骨を形成するコラーゲンの隙間に入り込み、弾力性のあるクッションを作る働きをしています。

U型コラーゲン
50mg鶏軟骨抽出物  
軟骨に含くまれている成分です。U型コラーゲンを摂取し、補うことによって軟骨細胞をつなぎとめます。関節軟骨
の構成でもっとも大切な基礎(土台)の役割をしています。


ヒアルロン酸
15mg純度95%以十
ヒァルロン酸は、膝軟骨の構成成分で関節液の柔度を保っています・衝撃に対するクッションや膝のスムーズな動きを助ける潤滑材として働き、軟骨の摩耗を防ぎます。

水溶性ケイ素
l5mg天然水晶由来
骨、腱、皮膚、血管、歯、爪などのコラーゲンを束ねて結合組織を増強します。最新の研究で、ケイ素はカルシウム以上に骨を強くする可能性が商いことが分かっています。

クルクミン
15n1gウコン由来
肝臓の機能を高める働きがあります。さらに骨などの老化防止やDNA保持などにも関係があるといわれています。

ビタミンB6
2mg天然成分由来
たんぱく質や脂質の分解に必要なアミノ酸の生成を助け、エネルギーを産生す刷量か、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。また、神経機能を正常に保ちます。

「Sオールができるまで」

October 29 [Fri], 2010, 11:21

Sオールは、大豆やゴマ、小麦胚芽などの原料を焙煎、蒸煮、発酵、造粒し、スティックに充填して、お客さまに届けられます。

Sオールが本来の抗酸化力を発揮するには、製造から出荷までの時間を、いかに短縮するかが大切になります。
Sオール製造工場では、発酵からスティック充填まで全工程に一貫した生産ラインを採用し、スティックの封を切れば、いつも作りたての風味が味わえます。

またSオールは、酸化を防ぐため製品の中袋に窒素を充てんし、酸素を追い出しています。賞味期限に記された最後の日まで、おいしくS0Dパワーあふれる食べ物として召し上がっていただけるよう、できる限りの酸素を排除しているのです。


Sオール製造工場は、健康食品規格協会より、平成17年9月にGMP認定されました。
これは健康食品では、日本で5番目の認定となります。
GMPとは、健康食品を製造する際に、すべての過程で「安全」と「品質」が保たれるように定めた規則とシステムのことです。

厚生労働省は、平成17年2月1日付で健康食品の品質と安全性の確保のための考え方として健康食品GMPガイドラインを発表しました。
それを受け、健康食品を製造する際、原材料の入庫から製造、出荷にいたるすべての過程で製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムについての規範が設けられました。

GMPの認定においては、工場の構造や設備がどのように作られ運用されているか、工場の保守、点検、管理、製品の品質管理、衛生管理、製造管理など、細部にわたって規則や規格、作業手順書が設けられ、すべての工程でそれらの記録を残すことが求められています。
また、実際に決められた規則や基準が守られているか、製品は規格どおりに製造されているかを査察されます。
Sオールは、このように厳格な基準をクリアした工場で製造されているのです。


Sオールの主原料のひとつである大豆は、滋賀県栗東市の伊勢落地区と林地区にあるSオール特定契約農場で生産されています。
伊勢落地区だけでも1689アールの畑がSオールのために大豆を生産しているのです。
原材料を特定契約農場で生産することへのこだわりは、「Sオールを安心して食べてほしい」という思いからです。
作った人の顔が見え、信頼できるから、作物に込めた愛情のバトンを次の人へ手渡すことができるのです。Sオールには、たくさんの人のそんな思いが込められています。


「Sオールの特殊製法」

Sオールの優れた吸収力の秘密は、独自の焙煎技術と発酵にあります。
それにより、栄養素や有効成分を壊すことなく低分子化することができたのです。
とくに発酵技術では、800種類を超す麹菌の中から、それぞれの原材料の抗酸化能力が―番高くなるものを選別して使用しています。
原材料の持つ抗酸化力を最大限発揮できるようにするためです。
穀類は発酵させることでフラボノイド類やイソフラボン化合物など、抗酸化力の強い物質が新たに生成され、悪玉活性酸素を消去するカがより高まります。
Sオールは、この焙煎と発酵の技術力で、活性酸素抑制組成物の物質特許を取得しているのです。

 オールはこんな原料でつくられています

October 27 [Wed], 2010, 19:15

 オールはこんな原料でつくられています
 ・大豆
 ・小麦胚芽
 ・ゴマ
 ・ハトムギ
 ・玄米
 ・アセロラ
 ・柚子
 ・にんじん
 ・緑茶
 ・ローズマリー
 ・大麦若葉
 ・ギムネマ
 ・かぼちゃ
 ・イチョウ葉


 大豆  
 大豆には、たんぱく質、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれます。

 大豆の約30%はたんぱく質です。この大豆たんぱく質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれており、血中コレステロールの低下作用があります。また大豆はコレステロールを含んでいません。

 大豆にはその他にも、レシチン、オリゴ糖、サポニン、イソフラボンといった多くの物質が含まれています。



 小麦胚芽
 小麦胚芽は、小麦の発芽の際に幼根 や子葉となるいわば生命力の中心となる重要な部分であり、貴重な栄 養成分が集中しています。

 小麦のわずか2%しかない小麦胚芽は、小麦が発芽するときに芽が出てくる部分。ビタミンEやビタミンB1、 ビタミンB2、ビタミンB6 、脂質、食物繊維、たんぱく質のほか、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラル類が含まれてるなど非常に栄用豊富な部分です。


 ゴマ
 ゴマには、さまざまな有効成分たっぷりと含まれています。主な成分として、リノレン酸やリノール酸などの不和脂肪酸、ビタミンE、セサミノールに代表されるゴマリグナン、その他鉄成分、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、トリプトファンやメチオニンといった必須アミノ酸などが含まれており、栄養のかたまりだといえます。


 ハトムギ
 滋養に優れるハトムギは、中国古代では宮廷膳に用いられる食材でした。たんぱく質、脂肪、カルシウム、ビタミンB群、鉄、カリウムを豊富に含む、栄養価の高い食材です。


 
 玄米
 玄米とは米の外側のモミ殻を取り除いたものです。「完全食」といわれるように、さまざまな栄養の宝庫です。主な成分は、たんぱく質、カルシウム、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンE、ミネラル、フィチン酸、食物繊維などです。


 アセロラ
 アセロラに含まれるビタミンC の量は100gあたり1000mgを超え、含有量はレモンの10倍以上にものぼります。


 柚子
 ゆず(柚子)にはビタミンCやクエン酸などが豊富に含まれており、他にもビタミンP、フラボノイド、リンゴ酸などが含まれています。


 にんじん
 にんじんのおもな栄養成分としてはカロチン、ビタミンA、カリウム、食物繊維などが挙げられます。このほかカルシウムや鉄分、リンなども豊富に含まれています。


 緑茶
 渋み、苦み、旨みなどの独特な味わいをもつ緑茶には、人間の健康によい影響を与えるとされる成分が多く含まれています。緑茶には、カテキン、カフェイン、テアニン、ビタミンC、ビタミンB2 、葉酸、β-カロテン 、ビタミンE 、サポニン、フッ素、ミネラル、クロロフィルなど沢山の成分が入っています。


 ローズマリー
 調理用スパイスとして有名なローズマリーには、 ジテルペノイド、精油成分、ロズマリン酸、フラボノイドなどの有効成分が含まれています。


 大麦若葉
 大麦若葉の主な成分は、葉緑素のほか、食物繊維や各種ビタミン、亜鉛や銅、カリウムやマグネシウムなどのミネラル類や、タンパク質、酵素が豊富に含まれます。大麦若葉のアミノ酸は、ポリペプチドで、細胞の代謝を促進し、血液に直接吸収されることができる、より小さなタンパク質です。


 ギムネマ
 ギムネマに含まれるギムネマ酸は、小腸からの糖分の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑えます。


 かぼちゃ
 かぼちゃのおもな栄養成分は、β(ベータ)カロチン、食物繊維、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムなどです。


 イチョウ葉  
 イチョウ葉の主成分は多種類の「フラボノイド」と、「ギンコライド」という物質です。このフラボノイドの中にはイチョウ葉にしか含まれない特殊な「二重フラボン」も含まれています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミニトマト
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1980年4月3日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:家事手伝い
  • アイコン画像 趣味:
    ・ビューティ-化粧品
    ・ショッピング-スカーフ集め
    ・コスメ-抗酸化作用を持っ植物発酵食品であるSオール
読者になる
ラヴェリオ A・SOD ウォッシングクリーム

ASOD
ウォッシングクリーム

アミノ酸の働きで 洗顔後もしっとり、
つるつる!
アミノ酸の働きでお肌の潤いをそこなわず、やさしく洗い上げる洗顔クリームです。
4,000円(税込 4,200円)
内容量/100g
最新コメント
アイコン画像諸岡愛美
» 運動不足とストレスに注意 (2012年07月02日)
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる