あいなまと野津

September 14 [Wed], 2016, 17:51
妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。
妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、日々の生活に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが良くあると思います。このような場合、使ってみると良いのがサプリメントなんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、食事での葉酸摂取に不安がある方も安心できますよね。
妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番興味あるみたいです。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思っているんです。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で自律神経を正常に働かせる作用があるので、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるそうです。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取量に気を付けてください。中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含有していますから、既定の容量を厳守するようにしてください。どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性が摂取した場合、質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみるのが良いと思います。
不妊かなと思ったときには、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。基礎体温表をつけていくとその変化で、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊治療の大事なきっかけになるのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、その通りにしていくのが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ai
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/laomraioerwzre/index1_0.rdf