一人で帰ってきて

June 17 [Fri], 2016, 17:20
一人で帰ってきて
あの日私は一人で帰ってきて、風のようにこの土地をそるて。年前私はこの土地に私は風に吹かれて、私は走って走って。結局私は外にぼうっとして、また吹いて帰って来て。
この土地を踏んで、ついにまた一回呼吸してあなたの乾燥した清新な空気。足元がようやく着実に踏んだと感じました。外で私がいつも感じない実を、外の風が吹いて慣れない私を受けて、彼はいつも私を一人に吹き透、私をさせて足はいつも地動、走り続けて、走って走って、飛ぶ、あなたはどのようにを踏むことができますか?今回私は一人で帰って、長い間平穏の心はついにかつての一灘の落ち着いている死水が瀋していくことができました。それは暗の部屋にある夜もすがら労作、私の着実なその刻、いつまでもやまない仕事が止められた。ブランドバッグの複製品
あの家の道はすでにコンクリートの通りになっている。道は変わって、私は二度と帰って来ない道を探します。たぶんずっと前のある夜、あの子と月明かりで長くなって、時間を家に忘れましたが、見つからない帰り道、違う道を踏んで、どのみちその熟知した感覚が突き刺さる猛君脳遠く限り、道は不変の袋の中に。この道はあなたの家に帰る、あなたの心は遠い、道は不変で、いつ帰っても帰ってくる。
塀の隅にあの一群は居眠りの老人に座っていますか?今度私は帰ってくるのはどうして彼らを見ていません。数年前にある1つまたは無数の午後、私は彼らと一緒に隅に座って太陽を干しています。彼らは多くの人が死んで、彼らの生活の日はすでにすでにすでに頭打ちしていることになるかも知れなくて。壁に座って、まぶたが止まらなくて、頭は時々2下。私はそれを見ていて、彼らはまたいつも目が覚めても覚めないことを心配しています。あの時の私は早くすでに知って、彼らはまた、ただ手のたばこと毎日毎日干して彼らの体の上の夕陽に晒していることかも知れない。ある人は往復していないで、そのたばこは壁に向かって叩いています――大概はタバコの柱で寝て、彼は彼は目を覚めて、彼は寝て、彼も寝てしまいました。また、夕日に沿って道を歩いていると、目がまどろん、道の果てに、何の到来を待っているかのように、人としては。私はあの時あのようにあのような道が果てのない道がどんな美しいことがあることを知っていて、真っ赤な夕日には何がありますか。ブランドバッグの複製品
今度私は一人で帰ってきて。私のこの人は、変化が大きすぎる、変化が大きくなってここには、ここには、千年の老樹の老樹は私のことを知らないと思う人がいる。ここでは無数の日々の数日の太陽の月がまだ覚えているかもしれない。早く年しか知らない私が散々蹴りでのあの川の黄色の犬はここの野良犬になって、この地でひっきりなしにを歩き回り、目にいっぱいは人々の古い旧影。私はまだ私のあのころ芝生に横たわって、じっと眺めていたあの雲、まだ覚えていません覚えていません。
今度私は一人で帰ってきて。覚えているものはあるかどうか知らないが。故郷の道が変わって、多くの人の家も、たくさんの人がたくさんなっていると発見しました。少し熟知している味が少なくなった。多分、私は私の思い出を引き出して、これらの家、この1つの帰り道。眠りの中で私は呼び覚まし、彼らは突然自分の土地に降臨する本当の目的――それは本当に宿命の人や事だと思います。一人の夜、帰り道に迷っている道の人が呼び覚まして、着実に地道な道を踏んで、月光の照らす方向に伝って帰ってくる。人を見失う者は恐れている心を呼び戻す、それぞれの見失う者はそれを忘れてしまった。ブランドバッグの複製品
そして私はこの道を見失う者の心は、どの道を持って私を呼び戻す。毎朝鳴く深紅鶏はすでにもう一方、道には西から逃げる犬の目はもう私には見えない古いものを見ていた。ある夜、月と月あかりのゲームから帰り道に迷っているのかな?ここの木、ここの動物は、私は早く年に本当に手にして、ここの動物?どうして私はそれらの中からほんの少しの思い出の跡の痕跡も探し出せませんか?
私は本当にこのように意識して、私は家に帰る道はすでに虚無になっていると知っていた。もう一つの土地は私の日々の思い出の一つになっています。私は今回一人帰り、得たのは私の目にはこの空いっぱい故郷の古い旧影、これは何ですか?http://spar.ni-moe.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:laohu01
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/laohu01/index1_0.rdf