シノリガモの高塚

August 20 [Sat], 2016, 21:21
勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事を選んで働ける、等などが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。

その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。
なので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて求職してみても良いのではないでしょうか。
介護士が働ける場所というのは介護施設に限りません。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも介護士の活躍が期待されています。
このグループホームにいるのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、特別な配慮が必要となってきます。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという介護士は一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。

少々昔の話ですが、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るといった事実について、急激に周知されてきているようです。何しろ介護士の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。つまり介護士というのは給料の高い専門職だということです。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。
ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、専門学校に入学するための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。

正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校が行っている通信教育課程があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。全国的に介護士が不足している現状は大きな問題です。その原因として代表的なものは、仕事に追われる介護士の厳しい労働環境があります。近年、介護士の介護行為が解禁されたことで介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間が長くなり、休みも簡単には取れません。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。介護の現場に携わる仕事とあって、介護士は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。

そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知り、実行しているかということも、介護士であり続けるためには大事な点になるでしょう。仕事を続けながら、妊娠を継続させている介護士は大勢いますが、気を付けてほしいことはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、うっかりミスなどが無いようにしましょう。
同様に、薬にも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。


立ち仕事や夜勤シフトなど、介護士の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。


必ず適度な休憩を取るようにします。



二年ほど前から、介護施設事務として勤務しております。
普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、どの方もいつもせわしなく働かれています。
家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。

だけど私の想像以上に柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。


介護士さんの中で、子連れで来ている方が相当いるんですよ。先生方も笑顔で、穏やかな雰囲気でよかったです。



みなさんご存知のように、介護士の休日についてはクリニックや介護施設の勤務形態によって違うのです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。


むしろ、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。
介護士の仕事といっても、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術やケアのやり方も違ってきます。

介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。今後の進路を考える事もできますから、やる気も湧いてきます。皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。内実は夜勤の分の手当てによって給与が高くなるといえるでしょう。

たとえば良い給料で介護士をしたいというのなら職場選びの際、日勤だけではなくハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。

この夜勤があるかどうかによって給料の額は違ってきます。

介護士になろうと思っていました。

でも、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。
ですが、OLをしている間も介護士になりたいという思いが消える事がありませんでした。


無資格でも看護関係の仕事に就くということも考えましたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。

諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。


数年ほど、介護士として働いているのですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。



禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、ヘビースモーカーの介護士も減ってはいますが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、大病を患ってしまって退職したそうです。

でも、体調が良くなったら、すぐに現場に戻り、今も介護士の職についています。



空白期間が出来ても、資格を持っていたら復帰も早いと思います。
私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、職場における対人関係や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。介護士の中には女性が多く、人間関係のもめごとが多い職場も多いのです。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。

あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのも間違いではありません。


新卒で勤め始めた新人介護士や、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、介護施設によりますが、残業代がきちんともらえないケースがあります。

残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、労働者が新人かどうかは別の話で法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、当然、働いた分のお金は、対価をもらう権利があります。転職活動の場面においては、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をどのように記入するかです。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。給料についてですが、介護士の場合は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。

退職時につく手当、退職金はどうかというと、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。

ところが、個人介護施設の方では、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。
介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。



勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると多くの患者で待合室がいっぱいになり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。

外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう介護施設かによって大きく違ってくるはずです。皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。

料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが介護士の帽子といえるでしょう。そうはいっても、近頃では徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。

現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。


とは言っても、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。介護施設などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、あわせて、国家試験対策をしなければならず、大変シビアであるようです。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。



職場が外来の介護士であれば、日勤になることもありますが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。

私の話になりますが、妻が子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。


多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも配慮しなくてはなりません。介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大切です。
勤務先によって、髪形への規則の厳しさが変わるということを理解しておきましょう。



介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。


その時、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。



でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職という選択をすることにしたのでした。
それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。

検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は夜勤が必須の職業です。具体的な時間帯ですが、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。



普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。


対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。


就職しようとしている介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、前もって知っておいた方が良いでしょう。


免許が必要な専門職である介護士は介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、丁寧に探してみれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。
近年においては、ウェブ上のサービスとして求人サイト、それも介護士専門のものがたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。

他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。


とはいえ、どんな介護施設なのか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。

仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。


けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。

そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。
交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。
予定にない急な出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。


あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。なので、辛いと感じることも多いでしょう。
二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどんどん疲れていって、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翼
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lanttlseniecps/index1_0.rdf