長く座ると致命になり、鍛えでも無益?

April 06 [Wed], 2016, 16:17
長い時間で机に向かって働くとか、あるいはソファーに座ってテレビを見るとかあなたの寿命を大きく割引をして、たとえあなたは毎日運動を続けても無駄です。研究により、各種の静態、特に座り込み不動の場合は、人の健康が非常に大きな被害があることが分りました。これを聞くと、またありふれた話ですが、肝心な所は静態による健康被害について、たとえあなたは運動を堅持しても削除できないです。ジム室にいつも行くことにしていても貴方が一日中にじっと座って動かないことが可能とはいえない


おすすめダイエットサプリの韓国痩身1号 「下半身太り対応タイプ」


長座して寿命を減らす
2010年、アメリカ癌学会のチームは、中年者123000名の14年間の健康データを分析した。彼らは毎日座り込みの時間は6時間以上と、毎日座り込み時間3時間以上の死亡率を比較し、それにそれらの人の飲食などの要素を考慮し、最後に人を驚かせる結論を出しました:ソファに割の人の死亡率を総合的に考慮した食事などの要素の影響で、最後に出た驚くべき結論:ソファーに長座する女性の死亡率は37%高いです、長座の男性の死亡率が17%高いです。こんな巨大な差別にはどう形成したのか、今でもよく分からない(『アメリカ疫学雑誌』、第172巻、419ページに参考)。

Super-P57効くダイエットサプリ



別の研究では、オーストラリアクイーンズランド大学の研究チームがテレビを見る8800名オーストラリアの習慣を分析した。彼らの計算によると、25歳以上の大人はテレビを1時間長く見ると、彼らの平均寿命は22分間減らされます。言い換えると、毎日テレビを6時間見る人は平均に言うと、テレビを見ない者より、5年早く死亡すること分りました。
また多くの研究も似た結論を得ました。研究チームは長座は「体活性と健康の一つ独立な要因と考えなければならない」と主張します。
結論は充分に明瞭しました:数時間長座し、動かないと、健康にリスクを持たしてきます、それはその以外の時間に補っても。まるで貴方は週末1万メートルを走っても、それで毎日吸った20本の煙の損害を補う事ができないと同じようで、強烈な運動で何時間テレビを見る損害を相殺させることができない。研究により、毎日数時間座る人はたとえ毎日運動45から 60分まで運動しても、その死亡率がやはり別の人より高いと分りました。
しかし、研究者達を心配させるのはソファーだけではない。もし被害に至るのは静態自身であれば(睡眠はカウントしない、睡眠は体に有利です)、研究者がそのほかの静態形式はテレビを見ると同じ損害をするかもしれません、例えば長編小説を閲読とか、机の前に座るとか。

ダイエットに効くサプリ紐斯堡OB蛋白カプセル バージョン2
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lanjeri/index1_0.rdf