【 更新情報 】

スポンサード リンク

ランドクルーザー100の維持費を安くしたい

ランドクルーザー100の維持費は燃費等を考慮すると、かなり高く付く事が予想される。
新車でランドクルーザー100をこれから購入しようと考えるならば尚のことだ。

以前にランドクルーザー100の中古は新車よりも値段が高いという話をしたと思うが、
この理由はそのランクルの中古車がディーゼルエンジン型だからだと考えられる。

ディーゼル車はガソリン車よりも燃費が良く、大型の四駆車を駆る愛好者には有難いのだが
近年のディーゼル規制などで新モデルのランドクルーザー200系などに
ディーゼルエンジン搭載型が発表されないことから見ても、現状では結構なレア物なのだ。
当然、ランクル100系やシグナスともなれば、その価値はおのずと高くなるわけである。

ランドクルーザー100は下取りにこれから出すならオイシイのだろうが、
新車購入となれば燃費が不安なガソリン車でということになりそうだ。

その場合のランドクルーザー100の維持費は当然、より高価なものになるだろう。
加えて、高額な車両保険加入の上乗せも必須だ。

そんなランドクルーザー100の維持費を安くする方法の中には、聞くところによると
新車の3ナンバー(ガソリン車)に構造変更を施して、1ナンバー(ディーゼル)として登録すれば
車検は毎年になるものの、自動車税は大幅に安上がりになり、
ディーゼル車として運用できるようになるから、燃費効率と軽油代でコストが削減できて
ガソリン車に乗るよりは最終的に安い維持費に収まるという話もある。

だが、今の日本のディーゼル車に対する風当たりを考えると、やはりツライ。
ランドクルーザー100は維持費も含めて、結局の所はかなりの贅沢車。

そして、その維持費削減には並々ならぬ工夫が必要という結論に行き着いてしまうので
人目もお国の目も気にしないのなら、中古でパーッと購入したほうがお得そうではある。

ともあれ、初期費用をなるべく抑え、燃費を少しでもよくすること。
維持費節約も含め、まずはそこから注視する必要があるだろう。

【〜参考〜】
⇒ランドクルーザー100の中古価格をチェック>>

⇒ランクル100用の燃費向上グッズ一覧をチェック>>


[ランドクルーザー100の維持費を安くするには]のトップページへ戻る

ランドクルーザー100の燃費は良いのか?

ランドクルーザー100の燃費はいかほどのものなのだろうか?
現在ランドクルーザー100を所有している会社の同僚に聞いてみたが
どうにも的を得ない回答ばかりだったので、この燃費面も自分で調べてみる事にした。
下手に車に詳しいお方の話は途中から主題がずれて意味不明になってくるものなのだ。

ランドクルーザー100のようにディーゼル車かガソリン車かの二つの選択肢がある場合では
当然、軽油で走るディーゼル車のほうがコストも燃費もお得なのだろうが、
昨今の日本では地球温暖化などの環境問題とディーゼル規制が立ちはだかってくる現状もあり、
この先の世代の人は大手を振ってディーゼル車を運転できないという可能性も考えられる。

ランクルに限らずディーゼル車の人気はそれだけ下火になってきているらしいのだ。
なので、ランドクルーザー100のガソリン車という想定で燃費の話を進めていく事にする。

概ねのランドクルーザー100の燃費はリッター4qから5q前後程。
単刀直入に言うとこの位らしい。

無論、燃費というのは機体のスペック仕様以外にも
車を運転する当人の走らせ方や道路状況などで多少の違いは出てくる。

だが、ランドクルーザー100のように車体が重い四駆車でこの燃費はなかなかかもしれない。
少なくともランドクルーザー80よりもランクル100のほうが燃費がよいのは事実だ。

いずれにせよ、見る人によってはこれはかなり凶悪な燃費かもしれない。
最新の軽自動車やコンパクトカーなどのCMで見る燃費に比べれば尚の話だ。

維持費を考えたらランドクルーザー100の燃費はさすがにちょっと…と、捉えるか
こりゃあ素晴らしいと捉えるか否かは人次第といったところか。

一応、燃費を向上させるグッズもあるようなので
こちらもチェックしておくに越したことはないのかもしれない。

⇒ランドクルーザー100の燃費向上用パーツを見てみる>>


[ランドクルーザー100の維持費を安くするには]のトップページへ戻る

ランドクルーザー100の中古と新車の価格帯

ランドクルーザー100の仕様とその頑丈さ等から判断して、同車が免許取得からまだ間もない
若者にも安全で良かろうという話を、同世代の息子さんがいる友人にしたのはいいが、
そのランドクルーザー100の価格が中古・新車を問わずに超高価なのは周知の事実である。

ランドクルーザー100は昔から人気の高い四駆車で、よく盗難の憂き目に遭うなどと聞くが、
昨今は対策用の盗難防止システムからカーナビなどの優れたオプションも充実しているので
より一層の価格高騰も予想できる。なんにせよ、車とはなにかとお金がかかる代物なのだが、
安全性を第一に考慮するとやはり、断然軽自動車よりもランクルのような四駆車に限るのだ。
私も資金にさえ余裕があれば、自分用に今スグ欲しいぐらいである。

だが、ランドクルーザー100でなおかつディーゼルエンジン型とまでは言わないとしても
現在のランドクルーザー100の価格帯は前述通りにとても高価なのだ。

改めて調べてみると、新車のランドクルーザー100だと400万円から500万円台で購入できて、
中古車のランクル100なら300万円から700万円もしたりするらしいとのこと。

思わずなんじゃそりゃ?と言いたくなるが、中古だとより高く値が張ることもあるらしいのだ。
それだけ手放す人が少なく貴重なのかはわからないが、これは紛れもない事実。
上手く値引きする交渉術が自分にもあればよいが、もちろんそんなスキルは皆無である。
さて、どうしようか…困ったものだ。

参考までに先日、楽天で何の気なしに検索かけてみたところ、
なんと、中古車のみではあるが数件の売り出しがあるのを確認した。
中古だと現在はこの位の価格帯らしい。

⇒ランドクルーザー100の中古価格と詳細を見る>>


[ランドクルーザー100の維持費を安くするには]のトップページへ戻る

ランドクルーザー100のスペック仕様

トヨタのランドクルーザー100のスペック仕様について簡単に調べてみた。
私がランドクルーザー100の仕様を何故調べているか…その理由はいたって単純なもので
先日、友人宅を所用で訪ねたところ、彼の息子が今年に入って車の免許を取得したらしく、
自分の愛車に渋い感じの四駆車を所望していると聞いたからである。
その話題の中でふと出てきたのが前述のランドクルーザー100だったというワケだ。

私も今まで何台か車を乗り換えてきてはいるが、現在に至るまでまだ四駆購入経験は無い。
ただ、トヨタのランクルやハイラックスサーフのようなガタイのいい四駆車には
何度か乗せてもらったことはあるので、確かにああいった趣の車には憧れるものがある。

その中でもランドクルーザー100はトヨタの最高級車という位置づけで作られた四駆車。
ランドクルーザー100のスペック仕様は当然グレードによって多少は構造等が異なるものの、
豪華な内装と高級感は一貫して損なわれておらず、居住性にはたまらないものを感じる。

本皮のレザーシートに上質なウッドパネル…ゆったりとオーディオを鳴らしているだけでも良い。
ディーゼルターボエンジン仕様だったらもう、渋さ満点である。嗚呼…素晴らしい。

ランクルのような四駆車は、スポーツカーとはまた違う、楽しい走りが味わえるのも魅力。
なにより頑丈なボディとエンジンは免許を取ってまだ間もない初心者にも安全そうだ。

かつてランドクルーザー100はその魅力ゆえか、とても盗難されやすい車だと聞いたこともあるが
現在では盗難防止システムが標準装備のモデルも出ているので、購入に関しては安心できる。

ただ、新車でも中古でも購入費は高く、中古車だとさらに高額という側面がある。
そして維持費もかかりそうだが、この点はどうなのだろうか?

そのため、ひとまずではあるが、燃費向上に役立ちそうな品々をまとめてみた。

⇒ランクル100用の燃費向上グッズを見てみる>>


[ランドクルーザー100の維持費を安くするには]のトップページへ戻る