もうすぐアルフ&みーちゃんの誕生日! 

April 09 [Mon], 2007, 23:15
4月12日はアルフとみやの誕生日です。

彼らは夫婦です。みーちゃんは姉さん女房なんですよー
そしてなんとも縁があるというか、偶然にも誕生日が同じだったんです。

でも、夫婦だからといって仲が良いわけではなく、まったく別生活です。仲良くしているところをほとんど見たこと無いです

これからも長生きしてね〜

麗ちゃんハッピーバースデー♪ 

January 31 [Wed], 2007, 23:57
今日は麗ちゃんの誕生日です。

とはいっても、プレゼントは「骨付き生肉」です。。。。
麗は、とにかく食べ物がだーーーいすきなので、プレゼントはやっぱり食べ物ですかね。

平日だと時間がうまく取れないので、お休みになったらたっぷりお散歩に連れて行ってやろうと思っています。

今夜もまた一緒に寝ようね〜

怒らすとこわ〜いアニエス。。。 

January 25 [Thu], 2007, 23:16
我が家のにゃんず達の中でも、一番神経質な「アニエス」

猫嫌いなんです・・・。そして、執拗なかまわれ方を嫌うんです。

まぁ、にゃんだからしつこい可愛がりって嫌がる子って多いとはおもいますが、アニーはほんとに徹底してます。
お客さんが来るときは営業担当なんですけどね〜


最近は娘もにゃんたちの名前もしっかり分かっていて、名前を呼びながらイイコイイコと触りたがります。
アニー以外の子は、これ以上はもう止めて!ってなると手の届かないところへ避難して逃げて対処するんですが、アニーだけは違う

「あんた!いい加減にしなさいよ」ってんで、猫パンチをお見舞いするんですね。
調子こいてた娘はびっくりして、たいてい泣いてます・・・。

しかも、一度じゃないので、たまににらまれたりすると「こわい・・・」なんて(そう言ってる様に思えます)いって、娘の方が敬遠しています。
こうやって、「嫌がることはやっちゃいけないんだ」と学習してくれるといいのですが。

いわゆる、しつけ担当でもあったわけですな

寒くてたまらん! 

January 23 [Tue], 2007, 23:40
今月になってから、朝晩ググッと冷え込むようになりましたよね

達も丸くなって寝ていることが多いです。
ただ、夜は暖房を切ってしまうのでみんなであったかいところを探して寝てます。

そして、麗ちゃんは達とは別に私の部屋へ移動して寝るのですが、敷物をかぶって丸くなってねるのですが、それでも絶えられない!という事態になると、ベッドで寝ている私の枕元へやってきてガリガリと起こして「入れて〜」とせがみに来るんです。。。

ベッドの中の暖かさをよぉーーく知っている麗は、粘って粘ってガリガリ、クゥーンってせがみます。

まぁ、結局根負けして入れてあげるのですが、以前は毎晩一緒に寝ていたのですが、子供がまだ小さくて何が起こるか?分からないので、麗には我慢してもらっていました。

子供も朝起きると麗がもこもこと一緒に寝ているところから出てくるので、大喜びで「わんわーーーん!」などと申しております

さて、今夜もやってくるんだろうか・・・。

2007年もどうぞよろしくお願いします 

January 05 [Fri], 2007, 0:28
新年あけましておめでとうございます。

昨年はレオンやハートの病気やらいろいろ大変なこともありましたが、今年はみんなが元気に1年過ごせることを祈りつつ、がんばって行きたいと思っております。

さらに望みを言えば、もうひとにゃん迎えたいなーなんて(爆)だんなにはかなり抵抗されてますが・・・。ま、なんとかなるでしょう。


ぜひとも年末ジャンボが当たって、一戸建てが買えるといいなーなんてはかない夢をみてます。(まだ年末ジャンボ見てません・・・)

検査に行ってきました。 

December 25 [Mon], 2006, 22:56
先週のお休みを利用して、一気に検査をお願いしてきました。

まず、

レオン尿検査
ハート尿検査は採尿に失敗したので、レントゲンと腹部エコー
アルフ定期の心臓検査フルコース(レントゲン、エコー、心電図、血液検査)

そして結果は

みんな進行無しでとりあえず結果良好といったところです。
しかし、アルフについては完治できない病気なので、回復というわけではなく現状維持。
引き続き薬を服用することになります。。。

レオンは今回一番結果が良かったです。ただし、処方食は続けましょうということに。
ハートも同じく、前回の検査よりも良くなっているようですが、油断はできない状況なので、レオンと同様に処方食で様子をみることに。

今の状況なら半年後の再検査で大丈夫でしょうということでしたので、来年6月頃を予定しています。

ただし、アルフの場合、、、、心臓に負担になる肥満に注意と言われて帰ってきました。
さほど体重増加ではないですが、コレステロールの値が高めなんですよねこれは毎回言われてしまうのですが、なかなか改善されにくく今後も課題です。

今回はちょっとお堅い話題で終わってしまいました・・・。

花音誕生日迎えました。 

November 12 [Sun], 2006, 17:20
11月8日は、花音の4歳の誕生日でした〜。

すっかり大人びたノンちゃん。我が家のいたずら娘の対応にも動じず、なんとも貫禄ありなノンちゃんです。

ついこの間、花音の姉妹の最近画像を親元さんのHPで拝見したら、体のスリム感があまりにも違うので、ちょっとびっくり。。。

やっぱりこれは花音の太りすぎのせいかしら・・・?

うーーーん、こ・これはまずいかも。とは思ってはいるもの、今の花音もなんとなく可愛く思えております。スレンダーな花音なんて!と勝手に良い様に考えすぎているのはいかんですね

検査行ってきました。 

October 05 [Thu], 2006, 23:20
今日は、ハートの検査の日でした。

何を検査したかというと、X線・腹部エコー・尿検査です。
これらの検査で尿石がどの位置にどれくらい入っているのか?などが判断できます。

一緒にレオンも尿検査とアレルギーの再診でした。
レオンについては、尿検査もなかなか良い結果で、アレルギーも落ち着いてきてるので、残り1週間投薬したら終了し、その後は処方食のみで様子をみて、1ヵ月後の再度尿検査ということになりました。

そして、ハートの検査。
X線には石は写りませんでした。そこまで大きくなってないからだそうです。ここに写ってくるようだとかなり大きい状態になっているのだそうです。
エコーでは・・・・見つかりました   場所は、膀胱でした。
腎臓や、尿管などには見つからなかったそうです。ただ、膀胱には間違いなく存在していました。

ただ、状態も良いので一時的に休薬することが出来ましたよ。良かった
レオン同様に処方食が続きますが、1ヵ月後の再度エコー検査をしてみるということになりました。

自分としても、なんとか処方食だけに頼らずに、食事にサプリメントを取りいえれてみることにしました。
現在利用しているのは、数滴ご飯に垂らしてあげるリキッドです。これなら、あまり食事の妨げにもならないので、(我が家は結構匂いは鈍感なので大丈夫なんです)予防にも使えることから、みんなに与えることにしました〜。

以前、アルフも膀胱炎になってるから予防には最適なサプリです!
1ヶ月後の検査が良い結果が出るように、彼らと一緒に頑張って行こうと思っています。

FLUTD 

October 01 [Sun], 2006, 15:06
前々回、前回と投稿した内容ですが、内容整理してもう一度。。。

レオンがまず頻尿になり、おかしいな?と思ってトイレを覗くと血尿になっておしっこの量もほんの少ししかでておりませんでした。

こりゃ、大変だ!とすぐさまかかりつけの動物病院へ。
まずは、膀胱炎をおこしていることには間違いないようなので、抗生剤と漢方薬を処方してもらい様子を見守ることになり、次回に再診には尿検査用のおしっこを採ってくるということになりました。
その後、レオンの再診まであと2日というところで、今度はハートまでもが頻尿・・・。

まさか、同じ時期になるなんて・・・
早速ハートも病院へ。同じように尿が詰まっている様子はないですが、炎症は起きていることは間違いなく、レオン同様の処方をしてもらい、レオンの再診時に一緒にオシッコを持参することに。


そして、、、再診当日。尿検査の結果は。。。

まず院長先生に結果をきくため診察室へ。
やっかいな結果となりました。とまず第一声

いやぁな予感がよぎりました。
レオンはストルバイトが検出されたようです。そして、ハートはシュウ酸カルシウムが。

これらは、まったく逆性のものなので、処方食療法もお互いの食事は食べられません。
食事管理が厳しくなってきました

しかも、さらにレオンは、どうやら処方されていた薬からのアレルギーが発症してしまったらしく、口周り・耳の中・目の周りがピンク色に皮膚が変化してしまいました。見ていると痛々しい感じです。
こちらもあわてて翌日病院で診てもらい、すぐに薬をストップしてみるということに。一緒に抗アレルギー薬を飲み、様子を見守ることに。その後、悪化してきたら処方食もストップし、いままでの食事に戻してみるという順序を踏むことになりました。
尿石症の薬をやめてから、幾分アレルギー症状は落ち着いてきているような感じです。

ハートは頻尿がおさまり、処方食も薬もきちんと受け入れてくれているので、治療は順調です。
今週、再診&尿検査があるのでその結果に期待が出来そうです。

とにかく、猫のFLUTD(Feline Lower Urinary Tract Disease 猫下部尿路疾患)は大変やっかいで完治が難しいといわれています。一度なってしまうと、食事も制限されますし、にゃんも人間もちょっと辛い・・・。今は、本人()達も元気に食欲もあるので、長い付き合いとなる病気に向き合って一緒に頑張ってもらおうと思っています。

ハートまで膀胱炎??? 

September 21 [Thu], 2006, 23:41
レオンが膀胱炎で治療中だというのに、なんとハートまでもが同じ症状に罹ってしまいました

同じように頻尿&血尿です。レオン同様、食欲や元気はあるので、とりあえず様子を見ながら抗生剤を服用しながら今度の土曜には一緒に尿検査を行うことになりました。

問題は・・・・どうやってふたりのオシッコをとるか?です

我が家のトイレは、ペットシーツなので(猫砂使ってません)シーツを裏返しにセットして、おしっこを採ってみようかと考えていますが、そう簡単に2人分なんて取れるのかなぁ・・・心配です。

それにしても、こんなにタイミング良く一緒に膀胱炎なんて。食事は同じものですが、こんなに同時期になるなんてことあるんですかねぇ。

とりあえず、今は治療に専念です
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■プロフィール■
■代替テキスト■








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lamlamseikatsu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる