ゆかりでコジュケイ

January 12 [Tue], 2016, 13:56
探偵社の調査員になって5年目ですが、最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も要すると思います。その上、突発的な事態に対し、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのが探偵としての常識なのです。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、格安価格を売り物にしたり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増えてきました。そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあるので、探偵に依頼する際は、契約前に価格や内容をよく確認し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけるようにしましょう。この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例が増加しています。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインなどのSNSやメールに不貞行為の一部始終が残されていると考えるのが妥当でしょう。わざわざロックしてあったりしたら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと考えて間違いないでしょう。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは浮気調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめチェックしておくことはとても大事なことです。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することも、良い成果を得るためには重要です。夫の浮気が心配で探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、結構ありますね。素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、非常に難しいです。相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。全国展開している大手業者であっても、最高だとかは言えませんけれども、規模の大きな興信所を選んだほうがリスクを避けることができるのでオススメです。小規模な調査会社の中には充分な調査をせずに代金の支払いを求めてくる会社や料金が不明確だったりする会社もあります。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。もし配偶者が浮気していた場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。ただ、当人たちだけで話し合うと、感情的な理由が根本にあるためか、なかなか話がつかないことが多いです。裁判で決着をつけなければならない可能性もあるので、そうなれば弁護士に相談し、無難なところでまとめあげてもらうとよいでしょう。素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、いくつかのところを比べてみるのが大事だと思います。調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知っておきたいものです。不当な高値請求の業者から身を守る予防線のようなものです。W不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、仕事を辞めさせることはできないのが現実です。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま済んでしまうことのほうが多いでしょう。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。信頼していた相手に裏切られたことで離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、将来に対して消極的に考えてしまうという例も多いです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。考えられることは、精神的な緊張や負荷でしょう。交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情をかかえこみやすくなり、やがて症状として出てくるのです。それに、取り残された配偶者もウツになりやすいと言えるでしょう。略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。結構言い得ているのではないでしょうか。自分の欲求のためなら、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれるの怖さに嘘をついてずっと暮らしていくのです。一度不倫を経験してしまうと、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。人間はウソをつくときほどやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、男の方を相手どって裁判を起こしたいみたいなんです。わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、相手には慰謝料を要求し、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言ったのです。まずは冷静になることですよね。不倫調査を頼む際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを明確にしておくのは欠かせません。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは、はっきりさせておかなければなりません。依頼の内容次第では探偵の調査内容に違いが出てくる場合が多いからです。不倫の行動追跡調査で、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、業者の違法行為による問題を防止するべく策定され、現在に至ります。興信所や探偵を利用する事由の大半は、身辺調査だと思います。基本は浮気ですね。なんとなく行動が怪しいから、不倫をしているか調べてくれという場合や、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。パートナーはもちろん、浮気相手から慰謝料をもらおうと思ったら、証拠の精確さが大事ですから、やはりプロの探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、両者には大きな隔たりがあるんですよ。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、興信所や探偵社のほうは、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。こうした手続きを踏んで、専門的な仕事をこなすのが探偵社です。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは簡単なことではありません。とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、何かと便利に使えるでしょう。これは浮気しているなと気づいたら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。ある程度、費用は必要ですが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。不貞行為を責められた挙句、離婚されたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてケースもあるでしょう。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る例もないわけではありません。金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫でハッピーエンドになることはあるわけがないのです。探偵調査業を始めようと思うなら、資格や免許はこれといって要求されません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可を受けることが大原則です。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時世に沿った体制づくりを模索しています。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査にあたるスタッフの教育やステップアップにも意欲的で、そうしたところが調査報告書にも表れてくると思います。相手の不貞行為が判明した場合は、落ち着けと言われても無理かもしれません。ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。浮気はどう言い訳しようと、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、精神面ではわだかまりが残るとは思いますが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、請求しましょう。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、非常に重要な問題だと思います。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、見積もりなしに契約することはないので安心です。強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、相手の会社ではなく、人の出入りが多いファミレスやカフェで会ってもらえば話もしやすいでしょう。不当な契約の強要を避けることができます。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。インターネットで検索してみると興信所や探偵社の評判が出てくるはずです。地域性もある仕事ですから、地元近辺で好評価を得ている探偵を見つけて、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくるのは覚悟しておかなければなりません。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、あちらが離婚しないか、したかによって大きな違いがあります。離婚もしていないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するべきです。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜかもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。帰宅時間がルーズになったり、ふとしたLINEやメールの着信により懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。もともと最初の浮気への対応が厳しさに欠けたことも要因なので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応も考えなければなりません。「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった根絶しがたい面を持っています。交際相手とのやりとりが見つかって、たとえその場で平謝りだったとしても、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているかもしれないのです。あやしい素振りを見せたら、探偵業者の力を借りて、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、懲らしめてやるといいでしょう。子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、つい浮気したんです。子供が手を離れるまで、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、挙動があやしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚することになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。興信所を利用するにはお金がなければダメということはないです。いくつかの大手探偵社の場合、クレジットカードでの決済に対応しています。明細書に記載される表示に配慮しているところも多いので、興信所や探偵を利用したことが分かることはありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Himari
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lalevalymnlsat/index1_0.rdf