みのもんた次男

September 17 [Tue], 2013, 15:58
姉同様今日から復学しました! 理由も同じく病気です。まだ本調子で動ける感じになっていませんけど全力で頑張ります! 種族はもちろんヒューマン、得意なのは物理戦闘、でも見ての通り小柄なので前衛よりは中衛以降が得意です。武器は槍と弓を状況に応じて変えて使います。魔法は強化を中心に使えますが得意ではないです。よろしくお願いします!」

 ユーノは自らも話しているが小柄だ。百五十あるかどうかだろう。ますます弓や槍が得意とは思えない。この世界は弓も大きな物が主流だからなあ。でも申請用紙だけじゃなく、自己紹介でも言っているから嘘でも無いのか? うーん。nike スニーカー 新作

 状況に応じて、とはパーティに合わせてなんだろうか。両方を持って歩く訳にもいかないからそうだろうな。器用さはある、と。後、元気だな。姉と同じ金髪だけど活動的な性格を表しているかのように肩にかからない程度の長さに切っている。

「はじめまして。フスク王立学園から転入してきましたカレン=フォルスです。転入してまだ間もないので色々と教えてくださると嬉しいです。種族はヒューマンで、得意な事などは特に無く器用貧乏です。魔法では土が一番得意ですが他の属性もそれなりに扱えます。よろしくお願いします」

 ……。

 ヒューマン、ねえ。

 カレンの紹介を聞きながら、他の生徒の反応を観察する。レンブラント姉妹の時と対して反応に違いは無い。むしろレンブラント姉妹の時の方が五人とも緊張していたように見える。性格が悪いという前評判の為だろうな。ジン、気味が悪くなったのかもしれないけど、その表情は姉妹に失礼だろう?

 しかしこの、カレンって娘は……。

 魔法で姿を変えている、と言う事だろう。だから他の生徒には全く違和感無く受け入れられているんだ。僕には彼女がヒューマンとは全く異なる姿に映っているから。

 識を見ると彼は僕の戸惑いがわかるのか頷いてくれる。僕と識はわかる、と言うなら間違いなく幻術による誤認なんだろう。彼女自身が使っているのか何かの道具の作用なのかはわからないが。

 ここでカレンを問い詰めても、講義が一回無駄になるし別に僕が今困っている訳でも無いからな。講義が終った後か、都合が悪いようなら彼女の今日の予定が終った後にでも詳しい話を聞くとしようか。純粋に講義を受けたいだけなら問題は無い。多分何か面倒な事になると思うけど。

[と言う訳で上手くやるように。後、レンブラント姉妹、先に断っておくがお父上と懇意にしているからと言って加点などは一切無いのでその心算でいるように]

 五人にも自己紹介をさせた後、三人を向かいに戻してまとめる。どうせ知り合いだってことはいずれ知れるし、先にしっかり線引きしておかないとね。二人ははっきりと返事を返してくれる。うん、良い娘さんたちだ、と思う。nike ウェア

[さて、今日の講義だが予定通りお楽しみの内容を用意している。が、流石に新しく来た三人には刺激が強い。よって異例ながら二組に分ける。ではシフ、ユーノ、カレンはここで待機。他はこっちへ来い]

 当面の説明などを識に任せて僕は五人を率いて少し離れた場所まで移動する。こっちは識に任せるけど、最初は僕がやらないといけないからだ。

 五人は表情が硬い。緊張と集中、そんな所だろう。

「先生、今日は一体何を?」

 ジンだ。何かにつけて実力が全てだと言いながらも、人を引っ張る性格の彼は生徒のまとめ役にもなっている。口はきついんだが結局面倒見はいいんだよね。年齢も同じだし、出会い方が違ったら良い友人になったかもしれない。

[実戦訓練だ]

「まさか、先生とで

http://www.shoessretain.com
  • URL:http://yaplog.jp/lalaqq/archive/30
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lalaqq/index1_0.rdf