逆張りは難しいのです!! 

August 07 [Sat], 2010, 12:46
今話題の、FXでの順張りと逆張りとはトレンド(相場の流れ)をチャートを見ながら比較して取引する方法のことです。
順張りとは、相場が上向きのときに買い、下向きのときに売るといった素直な方法です。


つまり、1ドル100円が110円に円安に動いたのを見て円安はこの先も続くと予測、購入する方法です。
一般的には初心者向きといわれています。


それに対し、逆張りとは順張りとは逆の方法で、相場が上向きのときに売り、下向きのとき買うという方法です。
つまり、1ドル100円が円高で90円になったときに円安方向に向かうだろうと予測、
円安が進んで1ドル100円以上になるだろうと1ドル90円で購入する方法です。
あくまで予測なのでこのまま円高がすすんで大損する可能性もあります。


逆張りは長期的な運用に向いているとされています。
下がっていく状態で買い進めるということは、購入する費用がどんどん安くなるということで、
上がったときに早い段階で利益を得ることができます。
しかし、ギャンブル的な用素が多いため玄人向けといわれており、おすすめできない方法のようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lala009lala
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる