借金の任意整理は弁護士に依頼しましょう 

2013年05月22日(水) 10時25分
ある借金の返済をするために、別の消費者金融から借金する、という自転車操業の状態になるともう危険です。


一刻も早く借金を整理する手続きを行う必要があります。


借金の整理には任意整理という方法があります。


任意整理とは、借金をした債務者が、お金を貸した債権者と話し合って、出来る範囲の額で返済額を減額してもらい、3年程度の分割払いで返済することを決めて借金整理をする方法です。


債権者である貸金業者との交渉は本人が行なっても構いませんが専門知識のない素人が行ってもなかなかまとまらないため、代理の弁護士などにお願いするのが一般的です。



弁護士に手続きを依頼した場合には、まず貸金業者である債権者に対して「債務整理の手続き開始」の通知をします。


この通知を受け取った債権者は、借金をしている債権者に対して、直接の取り立てや交渉が一切出来なくなる法的な効力があります。


したがって、度重なる催促で精神的負担や身の危険までを感じることからは、とりあえず債務者は解放されることが出来て、冷静に今後のことを相談していく状況になります。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lahhe
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる