ヒコ&悪の集団 

February 27 [Wed], 2008, 22:06
{{{ヒコ}}}



いきなり現れた記憶喪失の少女。


関西弁で喋り、自己中心的なところも。


凪達よりは少し年上で力も結構強い。





{{{悪の集団}}}



おじさん3人組のチーム。


悪と名乗っているが、ちょっとかっこよくしたかっただけで


実際悪ではないと言っている。


なにかとヒコを追い回すところから、何か関係があるみたいだ。

せっかくお会いするのにと・・・。 

February 16 [Sat], 2008, 23:40
今度の土曜日・・・、






皆さん、特に魚眼さんとお会いできると思い・・・、










こんなものを着ていこうと注文しました。(笑)














ところが・・・、


































ですと!(爆)







残念!!






55歳のオーサンの冗談話で終わってしまいました。

 

February 12 [Tue], 2008, 12:43
リビングの窓からみえる



ハナミズキの木で



1羽の鳥がひとやすみ





しばらくみていたけれど



じっとしたまま動かない



どうしたのかな?





鳥の正体は、葉っぱでした^^
 
 

第485回目〜本日のロゴ・西武〜 

February 01 [Fri], 2008, 8:55
毎度の常套手段で本日は西武なわけですが、京王や小田急は新車両のたびに絵柄も新車両でしたが、西武や東武ってのは新車両投入後もこのままなんですよね。なんぜでしょうか。

遊歩道 

January 18 [Fri], 2008, 2:44
うちの前の遊歩道、落ち葉の絨毯になってます。
車で走ると、木の実がプチプチ鳴ったり、葉っぱをパリパリ踏む音が面白い。

    エゾリスが木の実を蓄えに頑張ってます。

コック&剣豪その10・NEW♪ 

January 12 [Sat], 2008, 16:04
コック&剣豪その10








サンジはゾロのことは別に嫌いではなかった。でもいつも口を開けばケンカばかりで、ましてや男同士でそんなことをするだなんて考えもしなかった。でも実際キスされたことでゾロを否定できない自分がいた。



相変わらず、寝室はルフィとエースの声が小さく響いている。




(ちくしょう・・・ねむれねぇじゃねぇかよ・・・。ルフィもこういうことしてるだなんて・・。ちょ・・音がいやらしいんだよ!!)
あいつ、いつの間にそんなことおぼえたんだ・・。ほんとお兄さん勘弁してくださいよ・・・。



この部屋で寝るのは耐えられない・・・サンジはルフィたちにきづかれないように、そっと寝室をでてキッチンへ移動した。




「はぁ・・・・っ・・ちきしょう・・あいつら何考えてんだ・・・。」



ソファにどかっと座ると、サンジはごろっと横になる・・・。ため息しかでない・・。なんなんだ・・この痛いような重いような気持ちは・・。



ふと、ソファの下に違和感を感じたサンジはそこに視線をやる。



「げ・・・!クソ剣士!!」足元にはよっぱらってそのまま眠り込んだゾロがいた。



(ちょ、なんでコイツこんなとこで寝てやがるんだぁぁ?そもそも、おれはお前のこともう、考えたくないんだよ・・・・・
よし・・移動しよ・・気づかれないように・・・・)



サンジはゾロの前から姿を消そうとする・・。しかしそれはかなわぬことだった。



剣士がコックの足をぐっとつかんだからだ。



その力は異常なまで強く、振り払うことが不可能だった。






「ちょ・・、おま・・・起きてたのかよ・・・はなせよ、ばかやろうっ・・・」



ゾロはむくっと起き上がると、サンジの横にドカっとすわった





「ふわぁぁ・・・よくねたぜぇ・・・・。んだよ。お前が電気つけたから起きたんだろが。ったく。なにびびってやがんだよ」



そういうとゾロはサンジの腰をつよく自分に引き付けた。





「わっ・・・・!!お、おま・・え、なにす・・っ・・・・むぅ・・・っぅ・・・・っ」



サンジが言うまもなく、ゾロがサンジの口を塞ぐ。かなり乱暴だったが、サンジは抵抗することができない。




(ちょ・・な、なんなんだよ・・コイツはぁ・・・っ・・し、・・・舌・・・いれてきやがる・・こいつっ!!!)



思いっきり抵抗してみるが、ゾロは人並みはずれた馬鹿力でサンジを強く抱きしめているのでびくともしない。



(そんなことより・・・っ・・ちょ・・あれ・・・・・・なんで・・・おれ・・こんなに苦しいんだ・・・ぁ・・?・・・)




サンジが胸の痛みに違和感を感じたとき、ゾロの力がふっとぬけた。




サンジは力が抜けてゾロの胸にドスっとなだれこんだ。




「・・・・おい・・・・グル眉・・・・・・おまえ・・・・顔が・・・真っ赤だぞ」
そう言い放ってゾロはサンジの顔をじーっと覗き込む。
その言葉に、サンジはさらに顔を赤くした。
こんな至近距離で目があって、しかもキスされたあとで、その相手がゾロで・・サンジはひどく混乱していた。




「お・・・おま・・え・・・ふざけんなよ・・・だれにでも・・・こんなことしてんの・・かよ・・っくしょぅ・・・っ



サンジは力が抜けた体で必死にゾロを押しのけようとしたが、逆にゾロにつよく抱き締められて、それすら無駄な抵抗だと
感じた。まだ心臓がドクドクと波うっていてうまくろれつもまわらなかった。



「ばかか、おまえは。誰にでもこんなことできるわけねぇだろうが。お前だからこんな風になるんだよ。それすらわかんねぇのかよ。アホコックが。」



ゾロの視線は真っ直ぐなまでにコックを貫いている。



「な・・・・。じゃぁ、なにかよ・・おまえ・・おれのこと・・そういう風に思ってるとでもいうのかよ・・・・。お、おれはてっきりお前は・・・俺のことを嫌ってると思って・・・」



ゾロの胸に抱かれながら、サンジは震えそうな声でやっとしゃべった。





「おれはお前のことが好きだ。前からな。お前がすきじゃねぇって言っても俺の気持ちはかわらない。」





サンジは戸惑っていた。




男に告られて、しかも相手はマリモじゃねぇか・・・。こんなショッキングなことってあるか・・?キスまでされて・・・・・





だけどよ・・・・なんでおれ・・・こんなにこいつの胸にうずまってるのが・・こんなに心地いいんだ・・・・?
おれぁ・・なにか・・?ホモか・・?いや、違う・・・かつて男なんて好きになったことは一度もねぇ。
さっきのキスが・・・頭からはなれねぇ・・・・。



そんなことを考えているサンジを、ゾロは強く押し倒す。



「ちょ・・・っ・・なに・・・す・・・」
<
ゾロは荒っぽくサンジの唇を吸った。強引に口をこじ開けると同時にその舌に絡みつく。
舌を強く吸ったり下唇を甘噛みする。



もうサンジは頭がスパークして思考が追いつかなくなる。



それどころか、そのゾロの舌に自分の舌を絡ませている自分がいた。<BR>



「や・・あぁぁ・・・ん・・・・・・」息継ぎの間に漏れる息もあらくなって、湿った音が部屋に響く。




ゾロの舌がサンジの耳の穴にもぐりこむ。それと同時にサンジの下半身にゾロの手が下りてきた。<BR>



「ちょ・・っ・・・」<BR>
そこだけは、触れられたくなかった。自分の欲望が高まっているのがばれてしまうから・・。<BR>



ゾロは巧にサンジのズボンを脱がせると、そこを下着の上からツっと撫で上げた。<BR>




「ああぁっ・・・・・」



「こんなになってる・・。下着もしめってる・・。ほら・・・おまえ・・すげ・・やらしい・・・・」



「っくしょう・・誰がこんなにしたんだ・・っ・・・」



抵抗するサンジのそこをゾロが下着の上から吸った。




「あ・!!!・・ぁ・・・・・っ」



そんなことをされるのは初めてで、しかもものすごい快感に襲われて、もう自分がどうにかなってしまいそうだった。



「・・・すげぇ・・濡れてる・・・。・・・どんどん溢れてくる・・・・・ほら・・下着ぐちょぐちょ・・。」<BR>




サンジはあまりのはずかしさのあまり、口に指をいれそれを噛んだ。
唾液が口の端から漏れる。それすらもう気がつかない。




そういうなり、ゾロは下着を力任せに脱がせると、サンジ自身を口で愛撫した。




「ぁぁ・ぁぁ・っ・・・も・・っやめ・・っ・・・」

+11万円 

December 30 [Sun], 2007, 3:59
今月に入って3連勝(^^)v



今日は寄り付きが大人しく始まり、その後全体的に上げ行く展開で取りやすい動きでした。ただその割に取れていませんね。こういう希である動きの日で如何に大きく儲けられるか大事でしょう。正直もっと儲けられた日だったと言えます。



今日は不動産ファンド、海運で結構取れました。損切りは後場銀行や海運で多少利益を減らしましたが、まあトータル10万円超えの勝ちなので良しとします。



明日も新興市場中心ですが、日経平均続伸するようだと一気に17500円程度まで行っちゃいそうな気もします。その場合、やはり海運、鉄鋼、銀行が狙いとなりそうです。





株式情報

鉄道博物館 

December 15 [Sat], 2007, 4:14
10月14日に大宮に鉄道博物館がオープンしました。
オープン初日は大混雑が予想されると思い、敬遠しておりましたが
15日の月曜日、仕事の関係で東京の新宿へ機材持込検査依頼をする予定でしたもので、その待ち時間を利用して行っちゃいました、子供の気分で大宮へ・・・
開館まもなくではありましたが、けっこう来てました。
やはり子供連れの方が多かったようです。
ジオラマや体験コーナーは長蛇の待ち、さすがに今回は入場を諦めました。
時間も限られておりましたので、ほとんど流し見チェックでした。

でも展示車両って、物悲しいものですね
やはり現役で動いてバリバリ仕事をしてる列車が一番です。
煙と汽笛の聞けないSLはどうも血が騒ぎません。

By D80

休みで風邪やばいので 

December 07 [Fri], 2007, 20:35
久々に、にんにくチーズ とパン(^O^)そして痛飲(>_<)

キタテハ、メスグロヒョウモン他・夜久野高原タテハ秋祭り 

December 02 [Sun], 2007, 6:18
晴天の午前11時、夜久野高原の花園にあるブッドレアの花には、秋のタテハ蝶たちが吸蜜に集まり、賑わっていました。その中に、新鮮なキタテハがいました(写真1枚目)。キタテハは、裏翅の色も濃くなり、秋モードになっていました(写真2枚目)。



花園にはいろいろな秋の花が咲いていますが、ほとんどの蝶たちはこのブッドレア周辺に集まってきていました。最も多いのは、ツマグロヒョウモンでした。中には、メスグロヒョウモンと同じ花房でツーショットのツマグロヒョウモンもいました。よく見ると、彼らは決して怪しい関係ではなく、仲良く一生懸命に吸蜜しているだけでした(写真3枚目)。
また、アカタテハにポジションを追われているツマグロヒョウモンもいました(写真4枚目)。その他、昨日アップしたミドリヒョウモンもいました。
不思議なことに、正午を回ると、あれだけ賑わっていた蝶たちは、ブッドレア周辺からきれいにいなくなっていました。



その他、周辺のキャベツ畑ではモンシロチョウが、草むらではヤマトシジミやベニシジミが元気に飛び回るのが見えました。また、食堂前花壇のキバナコスモスの花では、ヒメアカタテハも食事中でした(写真5枚目)。
20日前に来た時より、蝶の種類も数も多くなっていました。



この高原には、まだ現れていない常連蝶もあります。また、お気に入り食堂には、まだ食べていない秋メニューもあります。秋が深まったらもう一度来ることになるでしょう。



■キタテハ(上から1、2枚目):2007年9月27日 京都府福知山市平野
■ツマグロヒョウモン♂(左)とメスグロヒョウモン♂(右)(3枚目):同上
■アカタテハ(右)とツマグロヒョウモン♂(左)(4枚目):同上
■ヒメアカタテハ(5枚目):同上
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:laersc1068
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月19日)
アイコン画像タイラノ清盛
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月06日)
アイコン画像りぃこ
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» ヒコ&悪の集団 (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
» ヒコ&悪の集団 (2008年09月29日)
アイコン画像ハム太郎
» ヒコ&悪の集団 (2008年09月25日)
Yapme!一覧
読者になる