10月15日(月) アネ 

March 27 [Thu], 2008, 17:10
2年前、ルカが10ヶ月で公園で遊び始めた頃、同じ年くらいの友達もいなかったので、
他の子供を捜しに近所の色んな公園に行った。
1つの公園で10人くらいのグループが楽しそうに遊んでいたので、
1人のお母さんに聞いてみると教会でやっている親子教室(シュピールグルッペ)の最後日で
天気がいいから外でお別れ会をしているという。

そのお母さんがまた親切で申し込みに行くのならと事務所まで案内してくれた。
キリスト教信者でもなく、この教会に税金も払っていなくても参加できると言うので、
その場で申込用紙に記入した。

そして、その年の9月から2年間同じ年の子供と親のシュピールグルッペに参加する事ができ、
その指導者のアネが違う曜日にやっている音楽教室にも1年間通った。
音楽教室は月曜日の午後で現在も通っている。

アネには3人の子供がいて子育て新米の私は、アネには色々とお世話になり感謝している。

そのアネが交通事故にあった。

今日教会から電話でそのことを知らされた。
足を怪我したらしい。

ルカと夕方にお見舞い用のカードを買いに行った。
これに2人でお手紙を書いて切手を貼り、教会から出してもらおう。

それにしてもアネはいつも自転車に乗っている
自転車のベテランさんなのに事故にあうとは・・・
「自分が気を付けていても事故にあう場合もあるから、
 何回も確認してから車道を渡らないとダメやね。」
とルカに話したら、ちょっとビビッたのかカードを買いに行く途中
ずっと私と手をつないでた。

私も気を付けなくては。

必死な彼の気持ち・・・ 

February 17 [Sun], 2008, 17:36
真っ直ぐに気持ちを

ぶつけてくる彼・・・



素直になれない自分・・・



大人になりきれてない私は

彼に対して

どう接したらいいのか

まだ分からなかった・・・



前回の 『彼との修羅場』 の続きデス。





親友と遊ぶ約束をして

家を出た私は

なぜか

彼に捕まってた・・・



はぁ・・・

まじでウザイ・・・



彼の手を振り払い

駅へと走ろうとした・・・


タタタタタ!!!



「おい!待てって!」



彼はしつこく

私を追ってくる・・・



泣きそうになりながら

逃げる私・・・



次の瞬間

彼に腕をひっぱられ

気付いたら

彼の胸の中に私はいた・・・



その腕を

むりやり振り払おうとしたケド



力には勝てない・・・



「頼むよ・・・」

「お願いだから理由を言って!!」



彼はギューと腕に力を入れながら

私を抱く腕は

小刻みに震えていました・・・



え・・・?

泣いてる・・・?



そんな彼の様子に

なんだか自分が悪い事してるような

気持ちに私はなってきました・・・



「どうして急にあんな手紙

置いていくんだよ!」

「俺・・・何かしたか?」



私に顔を見せず

私を抱きしめたまま

そう話す彼・・・



(何かしたか?って・・・

してるじゃん・・・)

(><。)




気づかない彼に

更に更に腹が立ち・・・



「してないと思ってるんだったら

それでいいんじゃない?」



そう言い放ちました・・・



「は〜〜〜?」

「よくねぇ〜よ!!!」



「お前は自分の事しか考えてない!」



「俺はお前がなんで怒ってるのか

なんで、あんな手紙を置いたのか

理由が分かんねぇんだよ!!!」



「俺と別れたいんだったら

ちゃんと俺が納得できる理由を

今ここで言ってくれ!!」



「そしたら何も言わないからさ・・・」



彼がイライラしてるのが

伝わりました・・・



(言わなきゃいけないのかな・・・)



(でも言えるわけないじゃん・・・)



(私は勝手に彼の手紙を

読んでしまったわけだし・・・)



(その事を彼に言ったら

それこそ嫌われてしまう・・・)



(でも言わなければ

彼を怒らせるし・・・)



(あぁ・・・

どうしたらいいんだろう・・・)



(こんなことなら

あんな手紙置いてくるんじゃ

なかった・・・)



(でも・・・

あの手紙の内容は

ひどすぎるよ・・・)



しばらく

そんな事が

頭の中でグルグル

まわっていました・・・



そして

彼が私の答えを待っている

沈黙に耐えられなくなり




「この間、地元帰ってたじゃん?」


そう切り出しました




彼「うん・・・それが?」


私「その時、誰に会ったの?」


彼「え・・・」




彼はどうやら

気付いたようでした・・・



少し間があってから



彼「もしかして

手紙読んだの?」



私「そんなこと、どうでもいいじゃん」

 「ど〜ゆ〜こと???」



彼「べつに・・・何もないよ・・・」

 「ただ・・・




この続きは、また次回・・・☆

ぷうぷ。 

February 13 [Wed], 2008, 12:41
こんな薄い薄い紙切れなんですね。
婚姻届(・o・)ノ

今日は付き合って8年目の記念日であり、
入籍した特別な日になりました。

8年前の10月16日のような新鮮な気持はないけど(笑)

昨日婚姻届の承認になってくれた友や、お互いの両親、支えてくれた人に感謝しながら
頑張っていこうと思います(^∀^)ノ

人妻1号の投稿でした(笑)

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

見守るプリン 

February 01 [Fri], 2008, 13:55
睡眠時間が長くなってきた みんちゃです。


寝る 食う 毛づくろいして また寝る おしっこして寝る ウンチして寝る 食う 寝る。。。


羨ましいかぎりでございます。



※ やっと トイレから出てきてくれました。

女は皆、こうしたもの(Cosi fan tutte)。 

January 19 [Sat], 2008, 0:48
台風の中、芸大の奏楽堂へ行ってきた。帰りはウソのような穏やかな夜。でも一時はご自慢の奏楽堂が浸水、トイレも使用禁止になった。チケットは「完売」というのに客席は空席が目立つ。6部の入り。台風のせいだ。でも素晴らしく楽しい。さすがモーツアルト。こういうオペラは人生を幸せにしてくれる。

3週間前にも「みなとみらい」でウィーン近郊のバーデン市立劇場チームの公演で「女は皆、こうしたもの」を観たばかり。ストーリが奇抜・痛快。

―――親友の男二人が、美しい姉妹に恋をする。彼女ら二人の<貞節>を讃美していると、人生の機微に通じた老齢の哲学者が笑う。怒った男二人。「我々の恋人に限っては違う」と息巻く。
哲学者が言った。では試してご覧。異国の貴族に化けた二人、相手を代えて姉妹に言い寄る。最初は<貞節>に見えた。だが…。ここからが「女とは皆、こうしたもの」…だ。

このオペラ。火山、驚嘆した。モーツアルトは思っていた以上にロマンチック。恋の機微を見事に描く。音楽も完璧だ。凄い。

この日の6チャン「時事放談」。アメリカ大統領選挙が話題だった。宮沢元総理と国連で活躍した緒方貞子さんが出演。二人とも民主党の大統領候補ケリーをよく知っていた。二人ともケリーを買っていた。だが結果は分らないと宮沢。不幸にもこの予測は当たった。

ギリシャやローマの<市民社会>で育った<民主主義>。素晴らしい文明・文化の遺産を現代に残してくれた。ギリシャ市民自身、自分たちの精神の若々しさを自覚していたという。女子美の公開講座で聞いた。素晴らしい。

45年ぶりに会ったゼミのマドンナ。テキサス在住。大統領選のディベートを聞いているかと火山に質問。火山が読んだボブ・ウッドワード「攻撃計画」では見方が甘いとも指摘。女性が男社会の腐った政治を変革してくれたらと思うことが多い昨今、「女は皆、こうしたもの」と笑っていたくない。

「オーソレミオ」。ソーレとは「太陽」。フランス語のソレーユと語源は同じ。ミオとは私。英語のマイ、ドイツ語のマインと語源が同じ。このオーソレミオの歌い出しに「ケベラコーサ」とあるが、ケは「何と」、ベラは「美しい」、コーサは「このように」。
「コシファントゥオッテ」の<コシ>とは<コーサ>。トゥオッテは「皆」、たぶんトータル(オール)と関係がある。ファンはフランス語のファム(女性)。手元のイタリア語の辞書には2冊とも収録されていない。ナポリ地方の方言か…。このオペラの舞台はナポリだ。

ナポリ民謡のイタリア語も方言が多いのか、良く分らない言葉が多い。学生時代、大好きなジュゼッペ・ディ・ステファーノのカタリカタリ(不実の心)=コーレ・ウングラートのコーレは「心」。ウンとは英語にもある否定表現、アン・ウン・インなどと一緒だろう。信頼できないのがウングラート。(ブッシュはウングラート)。
ヨーロッパは昔からお互いの交流が多い。女子美の公開講座。キャンパスの本屋で1割引の特権を利用。「英国史」を買った。凄く面白い。外語短大で聞いている「女王陛下の大英帝国」が一段と興味深くなった。

ここでも民主主義の歴史を学んでいる。火山、この時、アメリカの民主主義が健全かどうか必死に見守っていた。今も必死。人類の運命を握っているから。ブッシュさん。テキサスの牧場でバーボンをがぶ飲みしている場合じゃない。離婚などしないでください。ファーストレディは賢夫人の誉れが高い。「女は皆、こうしたもの」でしょうか。

胸の高鳴りを抑えて 

January 11 [Fri], 2008, 0:43
今週はカウントダウン状態
別にトップランナーじゃなくてもレースは戦いや
胸の奥に燃え滾る気合いを抑えるのが精一杯
あまり考え過ぎると目頭が熱くなる
ええ感じや・・・
ここまで気合いが入ってるのも珍しい
今回の目標 『己に勝ちに行く!』ってするとカッコ良すぎやなぁ・・
とにかく総合30位以内に入りたい
沸沸とした思いを胸に仕事の空き時間に一時帰宅
子供達はテスト期間で昼間から勉強中やった・・・



ところでピッチュン専務、家庭教師もやってたんですね!ご苦労様でごんス
    



それでは私、お勉強はお任せして次の現場に行って参ります。



沸沸っと・・・

ブログ展 ひらがな 

December 30 [Sun], 2007, 3:25
ブログ展 ひらがなをUPします。

時間ないため,簡単に書いてしまった。
次回からは時間取れそうなので,しっかり書いて出品いたします。

我が家のホトトギス 

December 19 [Wed], 2007, 5:34
我が家のホトトギス

山田君画像〜 

December 12 [Wed], 2007, 0:54
山田くん〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:laergu975
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 10月15日(月) アネ (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 10月15日(月) アネ (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 10月15日(月) アネ (2008年10月07日)
アイコン画像チャーリー
» 10月15日(月) アネ (2008年10月01日)
アイコン画像きりひと
» 10月15日(月) アネ (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 10月15日(月) アネ (2008年09月25日)
アイコン画像えびふりゃー
» 10月15日(月) アネ (2008年09月17日)
アイコン画像よしや
» 見守るプリン (2008年02月02日)
アイコン画像たむら
» 女は皆、こうしたもの(Cosi fan tutte)。 (2008年01月26日)
アイコン画像ネオニート
» 胸の高鳴りを抑えて (2008年01月19日)
Yapme!一覧
読者になる