イロクイ。「雨上がり、アルビノと見る夢」@代官山UNIT 

2008年06月21日(土) 1時05分

2008.6.14(土)
イロクイ。DVDシューティング単独公演
「雨上がり、アルビノと見る夢」@代官山UNIT




イッてきました
インディーズV系バンドのライブなんてウン年ぶりだぜ!
バンギャ名乗るには若干年イッちゃってますけど
気にしないぜ!
なんかさぁ、最近mixiのV系バンドのコミュとかで
誕生日となんとかとなんとかとなんとか被ったらマイミクみたいなの
そーいうの見てますとね、
1988年より前の生まれの人あんまいないんですよねorz
いや大半が1990年生まれとかほざいてらっしゃるわけですよ
君はmixiの規約違反だよね?(18歳未満)みたいな若い子ばっかなわけだよ
そうだよねぇ・・・バンギャルって10代のものだよねぇ
まぁ気にしないし!
イエローハウスのおばちゃんをみてごらんなさいよ!


※イエローハウス・・・原宿竹下通りに存在する
パンクやゴシック系かいつまんで言うとV系やバンギャが好むテイストの服を
売っている、その筋のメッカなのですが
この店主のおばちゃんはある意味V系業界のドンでして
推定年齢どんなに少なくとも50歳以上なのですが
ものっそいパワフルでマシンガントークかます
ちょっと東京ではあまり見られない希少な人物であります
(大阪のおばちゃんにはこんな人山ほどいるけど)
ロックをこよなく愛する、男に厳しく女の子に優しいステキなおばちゃんで
店の中は著名なロックバンドのサインやポスターがあふれ
おばちゃんと著名なロックバンドメンバーの2ショット写真とかあふれてる
なんかもうスゴイ人
XもLUNA SEAもGLAYもこの人にかかれば息子同然なのです
私も若いころお世話になりました(笑)
パンクやロックを愛する少年少女は皆このおばちゃんに
育てられたと言っても過言じゃないんだぜ!



で、ライブ会場でもやっぱり
みんな若い子ばっかだなぁみたいな中
はじけてきたもん、負けないもん若い子に。




で、ライブ。
総評としては素晴らしいライブでした。
機材トラブったり等アクシデントもなかったようだし
インディーズのライブで感動したのもずいぶん久々
ライブハウスでのライブというのは、無礼講じゃないですか。
近隣の人にぶつかろうが殴ろうが無礼講じゃないですか(笑)
そりゃマナーは気にするし迷惑にならぬようにとは思うし思うことが正しいのだろうけど
ちょっとやそっとのことは気にしないことがマナーでしょ


ナナメ後ろにいた人が軽くぶつかってたみたいなんだけど
軽くだから気にしてなかったのね
なのにわざわざ声かけてきてくれて
「ぶつかっちゃってすみませんでした」って。
おお(;ω;)ファンのコも素晴らしい
いい気分にさせてくれた素晴らしいライブでした
公演の感想とか、よかったよ、なんて言葉はメンバーに山ほど届けられるのだろうけど
こーいうファンの一人ひとりの素晴らしさって意外にメンバーに届かないかもしれないじゃない
メンバーの一人と親しいおともだちが私の知り合いなので
そのひとにぜひ、イロクイご本人様方に伝えていただくようお願いしといた。
ほんとに伝わったかな
御手紙書こうかしら(^ω^)



ライブのセトリ↓
(ボーカルのゆーり様のブログから拝借してきました)
関係ないけどイロクイメンバーのオフィシャルブログもヤプログです(偶然)



-SE(映像)-
ミセス・アルビノ
M.H.Cu
自己中アリス
-MC-
墨黒い城
アリス・テリアル
季節が笑うミュージカル
-MC-
雨、コンクリート
SilverTraveling
哲学モルド
-MC-
きつかけるトナカイ
-MC-
ファンキーボウイ
メカウサギ(ロミオ)
あいやや
-EN-
Q・ベンシスの靴
Mr.カーボン
空下賛歌
-EN2-
亡命酸欠少女
あいやや




18時開演なんだけど
18時に代官山着いたんだよね(汗)
1曲目「ミセス・アルビノ」の途中から入ったのでした
ごめんなさい


代官山UNITって初めて行ったハコなんですけど
遅れて入っていったら柱がジャマで見えねぇ・・・!
一生懸命隙間をぬって極力前に入ってみたけど
かろうじて上手側の隙間に行けた・・・けど
3曲目くらいまで上手ギターのはっくん一人しか見えてなかった(笑)
その後がんばってみたら
なんとかゆーり(Vo)となっち(Dr)が見えて
もーちょっとがんばったらなんとかりっちゃん(Ba)まで見えて(超ギリ)
・・・でもどーしてもしゅうちゃん(下手Gu)見えず。
どーがんばってもギターヘッドしか見えず。(笑)


アンコール前にドリンク飲みに行って
その後下手側に移動したので
アンコール以降はしゅうちゃんが超よく見えたvv
なんか美人だなぁとは思ってたけど
ほんとにオーラのあるタイプのべっぴんさんなのね。いいなぁ。


イロクイの曲はフリがあるのですけど
なにしろ初参戦なのでまずはお勉強して
アンコールあたりから咲いちゃいましたー(笑)
たのしいなライブ!これぞライブ!


帰り物販でCD購入。
ポスター2枚も貰ったんだけど(笑)同じの。
大事にコレクションしとこうかー(^ω^)


興味あったから、いいタイミングで単独公演があったから
行ってみたライブなんだけど
来月から全国回るし
またライブ行ってみたい。

イロクイ。ご紹介 

2008年06月20日(金) 0時07分



先日イロクイというV系インディーズバンドのワンマンライブに参戦しました
ライブの詳細はあとで書くとして
ここらで「イロクイ。」のご紹介でも。
イロクイ。メンバー↓




この「イロクイ。」というバンドですが
私が半年くらい前から薄々気になっていて
私の好きな音楽やってるひとたちだなぁとは思っていたけど
この度ワンマンでライブやるっていうからぜひ生で聴いてみたいと思い
行ってみました
ボーカルのゆーりがすごい独特の世界観持ってるっていうか
ほんと確立した唯一無二の「イロクイ。」って世界を創る人なのね
だから今までのバンドでこれっぽいっていうのが思い当たらないっていうか
すごい新しいと思った、このひとたち。
文学的な詞を書くという点でプラトゥリの竜太郎とか近いかもしれないけど
ゆーりの詞は竜太郎の文学的とはまた違う独創性あるしなぁ
竜太郎を古典的正統派と捉えるとしたらゆーりは近代文学異端系なんだよなぁ。
サウンドの方も何っぽいってたとえるのよくわかんない
コテコテのドス黒V系バンドではないし
例えばサイコルシェイム的エンターテイメント派手明るい系でもない
その真ん中と言い切るにはまたちょっと違うし
「イロクイ。」っていう新ジャンルだよもうコレ。
あ、ヴィジュアルの方もね。



メンバーは

唄:ゆーり
上手ギター:はづき
下手ギター:しゅうた
ベース:リツ
ドラム:なつき

の5人から成ります。
詞は主にゆーりが書いていて
曲はそのほかのメンバー全員書くってカンジなんですかね
(ゆーり作曲の曲もあるようですが)

イロクイのファンのことをイロコといいます
私イロコ歴浅いですしイロクイの音源まだ一部しか持ってないから
なんとも語れない部分が多いけど(特にサウンド面で)
とりあえずボーカルのゆーりの唄は
ただ巧いだけの声ではなくて、ボーカリストにもっと必要な
いろんな歌い回しが出来るっつーか、唄遊びできるってカンジ。
声の伸びやファルセットの利かせかたとか上手なんだけど
上手いだけじゃないから聴いててつまんなくない。


ツインギターのバンドは個人的に結構すきなので
ギターの2人もそれぞれの持ち味上手く駆け引きしてて良いと思いました。



ベース・ドラムのリズム隊2人も
アプローチの上手いひと。
リズムのセンスよいよね。すき、そういうのvv



みんなそれぞれ良い曲書くんだけど
特にはっくん(はづき)が書く曲はバンドサウンド色が強いというか
私が好きなロックサウンドってコレだよ!という曲を書くタイプなので
なんか私の好み知ってるみたいでスッキリする(笑)
聴くたびいつも「あっそーそー、コレコレ!」みたいなカンジ



私がおよそ半年前に初めてイロクイを聴いたときの曲↓

メカウサギ(ロミオ)PV
http://jp.youtube.com/watch?v=BezuYKyvG1Y&feature=related


アリス・テリアル PV
http://jp.youtube.com/watch?v=WTp9k7vbtow

M.H.cu(マッド・ハッター・クラッシュ) PV
http://jp.youtube.com/watch?v=rp5vxrp0Geo&feature=related


きっかけは
当時音楽の趣味の一致で仲良くなった人が偶然にも
イロクイメンバーの一人と昔からの友達だったから(笑)
それでそのひとんちにイロクイのシングルが2枚ありました
その2枚に収録されてたうちの3曲が↑です



いちばん新しいシングルはこちら↓

ミセス・アルビノ PV

http://jp.youtube.com/watch?v=j914RB9HyME&feature=related


個人的には
「銀星フレアの戯言」

というアルバムがオススメで
特に1曲目の「宝石魚とオオアメフラシ」という曲については
イロクイのサイトで試聴して衝撃をくらいました。
ライブ会場の物販で購入してやっと1曲フルコーラス聴けたのですが
すっごい好き。
ぜひイロクイのサイトで試聴してみてください
http://irokui.net/pc/index.html

私もイロクイ全制覇したわけでないのでアレですけど
とりあえずこのアルバムはすごく出来の良いアルバムかと思います
V系興味なくても入りやすい、そんなアルバム。



まだまだ私も聴き込んでる途中ですけど
このアルバムの収録曲は
サウンドの懲り方がすごいなぁと感心しきりです
てーか私がV系ハマりだした10年前と比べて
インディーズのレベルがただもんじゃなくなってるなぁと
最近のインディーズバンドを見てつくづく思う。
サウンドや衣装のみならず、PVのクオリティとかもさ・・・すげぇなー

TOUR 2008 L'7 〜Trans ASIA via PARIS〜 

2008年06月10日(火) 9時54分



2008.06.03(火) @東京ドーム
L'Arc~en~Ciel
TOUR 2008 L'7 〜Trans ASIA via PARIS〜


ラルクを好きになって11年
ようやくライブに初参戦いたしました!
もうライブ前はドッキドキでそれはもう大変でした!(笑)
無駄に長くてただの自己満なレポをお送り致します!



2011年までライブをしないと発表したラルクですから
だいぶ意気込んで行ったので
天気は生憎の大雨だったんだけど
グッズ販売開始1時間半前から並んでみたりとかしました!(やる気満々)
超寒かった。
販売開始時間が30〜40分前倒しになって、2時すぎくらいから販売始めたのかな、確か。
それでも欲しかったグッズのシュシュは買えなかった。。。
数が少ないのにお一人様○個までという制限がなかったこと
(私の行った東京最終日は制限があったみたいなんだけど、その前の2日間が)
少ないって言ってんのに、一人で大量まとめ買いをする人がいたこと
(きっと参加できない人から頼まれてるんだろうけどね)
ちょっと残念でしたね。
今回のツアーグッズは通販があるんだから
参加できない人は通販を利用するとかしてほしかった。
私が販売開始1時間半前に並んだ時点でだいぶ長蛇の列だったけど
最終的に列の最後尾は見えなくなるところまで続いてた。すご・・・


シュシュは販売開始数分で売り切れって言ってた。
シュシュ以外に売り切れが懸念されてたグッズでは
リストバンドは私が並んでたあたりの人で完売ってカンジで
マフラータオルは私の20分後くらいに完売してたそう。
私がやっとお会計まで到達した時点でリストバンド売り切れ目前だったので
本当に欲しい人のためにリストバンドは遠慮しました。
マフラータオルはゲット。
星ゾライトは言うまでもなく当然ゲット。

(※星ゾライト・・・今回のツアーでラルクオリジナルグッズのペンライト(サイリウム)です)


そのほかにツアーパンフとストラップをゲット。
何気にライブの物販でこんな意気込んだの初めてです実は。
3年もラルクのライブがないのだからこれぐらいやっとかないとと思って(笑)


グッズ並んでる間、リハの音漏れ聴こえたな〜vv


あとはライブ行ったら必ずすること
「お花の写真を撮る」(笑)
美輪明宏からすっげーお花が届いてました↓


相変わらずyasuはジャンヌとABCと2つお花届けてました。ほんと愛してるねhyde様を・・・(笑)



その他もそうそうたる方々からのお花たくさん。
お花の場所がね、ドームの関係者入り口前だから
場所がわかんない人が大勢いたみたいで
そんな人たちに花の場所教えてあげたりとかしてました私
よかった。なんか役に立った。(些細だなー)


4時半開場の6時半開演なのに
グッズ買い終わって花の写真撮った時点でまだ2時半
一度池袋に出て買い物したり食事したり。
5時半くらいにまた後楽園に戻ってきました
そういえばトイレ行かなくちゃと思ってラクーア行ったら
すっげ行列なんですけど
ふだん平日閑散としてるラクーアが・・・(笑)
昔後楽園の某飲食店でちょこっと働いたことがあるんですが
後楽園の店てほんとドームでやってるイベントに左右されるからねぇ。
そうこうしてる間に私が会場入りしたのは6時くらいでした。
席が3塁側1階スタンドの後ろのほうで
メインステージまで遠・・・
そのかわりアリーナ後方のサブステージにはちょっと近いvv
会場全体が見渡せて、どんどん人が集まる会場全体を感無量に眺めてました。
一人参戦の私だけど
私の両隣の女性もどっちも一人参戦みたいで勝手に仲間意識(笑)



約10分押しくらいで始まったvv
席運ない私はドームとかおっきい会場でステージ遠い席なんて慣れてるから
もちろんオペラグラスの準備はしていったんですけども
でも遠いじゃない?
しかもただでさえ音響悪い東京ドームの中でも
場所柄最高に音響の悪い席だと思われるし
(1階スタンド後方て壁と2階席のかぶる部分とで袋小路みたいになってるでしょ)
ステージ上で何が起こってるのか
メンバーの表情とか演奏とか細かいとこ・・・どころか
下手したら大まかなところもわかんない。
まぁしょうがないけどね
で、こんだけ遠い席だと
他のアーティストのライブだとわりと観客もノリ控えめ率が高いかと思うんだけど
(普通にノッてるけど、めちゃくちゃ跳んだりヘドバンしたりする人はアリーナより少ない)

噂には聞いちゃいたが
ラルクのライブのノリのすごさ体感してきたー
すごいね
こんな遠い席なのにノリノリだよみんな
こんな遠い席でめっちゃ跳びはねてて変じゃないってすげー!


ステージ遠くて様子よくわかんなくても
こんだけ楽しめたのは、ラルクのメンバーだけじゃなくて
素敵なラルクファンの皆様のおかげでもあるよね
ありがとう皆さん!!



ラルクメンバー様にもスタッフ様にもファンの皆様にも
失礼極まりないかもしれないけど
でも遠い席だった故に困ったことを書いてもいいかな(笑)


モニターとステージをひたすら比較して見るじゃないですか。
でも見ることばっか集中しちゃうと肝心の曲を聴くことおろそかになるじゃん
で、やっぱちゃんと集中して曲聴きたいじゃん
・・・でも音響酷くて歌詞もよくわかんないし
楽器隊3人の音も綺麗に聴こえないわけで
すっげもどかしい!
もどかしさの分感動が半減したような気がする
もっともっと感動して号泣できたと思うのにそれができなかった
すっげもどかしい
あとでいろいろコンレポ書いてる方のところでコンレポ読んでると
ぜんっぜん知らない(わかんなかった)ことが山盛りだよ
それをこの目で見ていたら(もしくは聴いていたら)
めっちゃくちゃ号泣したのに!



あとねぇ・・・
ファンの皆様怒らないでね

hyde様が
ちっちゃいから
どこにいるのかよくわかんなくなっ(撲殺)


hyde様がいちいち可愛くて仕方ないと思う心の底からhyde狂な私です
hyde様はあのサイズだから可愛い(笑)!大きくなくていい!
・・・だけどあの規模の会場であの距離だと
マジメにステージ上で見失う(笑)
モニターに映るhyde様を見ていると
実際ステージ上で今どこにいんのかマジで見失ってばかりでした(笑)
kenちゃんteっちゃんは見失わないんだけどなぁ・・・(笑)


そっそれでも
大変感動したライブでございました。
セトリetcライブの中身詳細は続きへ

余命1ヶ月の花嫁 

2008年05月31日(土) 0時33分


*TBSのサイト
*アマゾンのリンク


3回読んで
3回とも大号泣した
泣きすぎて頭痛くなった
それよりも痛かったのは心
胸が締め付けられる思いだった



こんな
こんな切ない話があるか
そしてそれは私に無関係ではない
女性であればいつ我が身に起こるかわからない
友達がかかるかもしれない
自分や、もしくは大事な友達を亡くすかもしれない
「乳がん」という大きな病気が起こした物語。



この本を読んだのは昨年12月のことだけど
いまさらブログの記事に起こしてみたのは
私の大切な友達が最近
胸にしこりを発見して精密検査を受けたことがきっかけ
私と同い年の彼女
もうすぐ23歳
この本に描かれた「余命1ヶ月の花嫁」である長島千恵さんが
最初にしこりを発見したのとほぼ同じ年齢
がんなんて自分には関係ないと思って暮らしている私
だけど私と同年代でがんになる人もいる
いえ、私の友達はまだがんと確定したわけじゃないんですけど
検査結果があまりよくなかったので更なる精密検査を受けるとのこと。
何事もなければいいのだけど



このブログ私の不健康記事が多いですけど
命を脅かす病気など今のところ1つもない私
ホルモンバランス崩れまくりで無排卵が続いてるけど
そんなの
新しい命を生み出すことはできなくても
自分の命を失うことはないんだからいいじゃないかと思えた
うん、よくないんだけどさ



ぜひ、読んでみてほしい1冊なので
中身にはあまり触れないようにしようと思うのですけど
24歳という若さで末期がんに侵された女性の
病気に負けない明るさや、時には病気に負けそうになる辛さだとか
そんな彼女を支える優しい恋人と
たった一人の家族であるお父さんと
毎日病院にお見舞いに来る友達とか
「人」のあたたかさをよく描いたドキュメンタリーです
乳がんていう重い病気とか
恋人をがんで亡くす悲しさとか
そういうのさておいて
これは長島千恵さんという24歳の女性が
いかに溌剌と前向きに生きる人だったか
そういう真っ直ぐな人の周りには温かい人が自然とついてくるもんだという
アンチテーゼのようなもんだと私は感じました
恋人や家族はそれは毎日病院に来るだろうよ
でも、毎日必ずお見舞いに来てくれる友達とか
病室が友達でいっぱいになるとか
そういうのは真っ直ぐに生きてる人でないと
ありそうで実はなかなかありえないのではないかなと。




23、4なんて、私と年が近いこともあるので
自分と重ね合わせてしまったりもしました
千恵さんもいいひとだけど
彼もすんげぇいいひとだよね
私がもし同じようにがんに侵されたら
彼氏とはやっぱり別れようとするだろうな
病気のことを隠していきなり別れを告げるかもしれない
素直に病気のことを話して、だから貴方ともう付き合えないと言うかもしれない
病気と闘うのに大事な支えを1つ失うことになるけど
私はきっと別れることを選ぶ気がする。



なんにせよ
私も不健康だけども
極力大きな病気をせずに生きていけたら幸せですね。
健康は当たり前だと勘違いをしがちだけど
突然何の病気になるかわかんないもの。健康て素晴らしいこと。
望んでも健康に恵まれない方も世の中大勢いるわけだし
私の知り合いにだって
健康だったのに突然万人に一人という原因不明の難病にかかった人もいる
過去には私、大事な人を
100万人に一人という難病で、昨日まで健康だったくせに
発病から2週間で亡くしたこともある
昔付き合ってた彼氏は駅でぶっ倒れて救急車で運ばれたしさ



私の周りの大切な人々が健康に生きていてくれる
それってとても素晴らしいことだとつくづく思っています。
その素晴らしさに改めて気づくために
この本をおすすめしています。

日中の蛍光灯 

2008年05月30日(金) 13時58分

我が家において
日中、室内の灯りを点けるという習慣がないために
私は長年、日中も部屋ん中電気ついてんのは
学校と会社とその他商業施設等公共の場くらいのもんだと信じて生きてきたのですが
一般家庭でも日中電気つけてるおうちあるんだ、というのを
去年ぐらいに知りました。(カルチャーショック)
晴れてる日なんて蛍光灯いらないでしょ
お天道様の明るさで暮らしなさいよ!セレブめ!


今日は天気が悪く日中でもどんより暗いですが
昼間から電力を浪費するなんて贅沢な生活とは縁のない
貧乏庶民のわたくしはもちろん
まだ真っ昼間なのに部屋の蛍光灯を点けようなどという発想がなく、
「なんか暗いなぁ」とは薄々感じながら
それでもいつものように蛍光灯など点けずに
本を読んだりニコニコ動画を見たりしてたわけです。
部屋よりオマエが暗いわ!


でも

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3325617
コレ↑を見ながら
動画を見て本気に吐きそうになるというレアな経験をしながら
気づいてしまいました。もしかして部屋暗いというところに。
(自分の休日の過ごし方の暗さはスルーらしい)



それで真っ昼間だというのに電気つけてみたんですけどね、
そっか、たとえ晴れていても家の造り上、あまり採光できないおうちは
電気つけて暮らすのが当たり前になるのかな、と。
うち郊外の一戸建てで周りに太陽遮る高い建物もないし
南向きの窓多い天井の高いお宅なんでね
いままで友達の家とかいろいろ遊びにいったけど
考えてみたらうち明るい方だわ。
よかった。我が家で日中蛍光灯点ける習慣がないのは
貧乏のせいじゃないんだ。うん。
(貧しいのは事実だと思いまーす)

iPod再生回数 

2008年05月20日(火) 23時52分



私、音楽聴くとき特にお気に入りの曲だけを
一日延々エンドレスリピートして聴いてしまうという
病的な聴き方するから、
アルバム1枚の中でお気に入り以外の曲あんま聞いたことないという
現象が巻き起こるのですよ。
持ってるアルバムなのに知らない曲ありますけどみたいな(アホだ)
特に大好きな数曲を数ヶ月に渡って延々聴き続けますからね。
そのかわり死ぬほど好きな曲はバンドスコア書けんじゃないのってぐらい聴きますけど。


どーでもいい話ですけど、音楽聴くとき
昔吹奏楽やってたせいで、ついつい
脳内吹奏楽バンドスコア変換とかして聴いてしまうんですよ
しかも自分木管楽器だったから木管に華持たせるような編曲でね(笑)


さて、お気に入りを
どんだけアホほど聴きまくっているのか
iPodの再生回数を見てみました。
iPodの使用歴が1年半あるかないか程度なのと
iPod・iTunesを使わないで音楽を聴いていたりするのとで
思ったほどオバケ数値はありません。
まだまだパソコンに入れてないお気に入りCDも山ほどあるし
だいぶ偏ってるんだけども
「延々リピートかけて聴いた覚えがある」
「iPodでこの程度でももっとキチガイなほど聴きこんでいる」
「この曲への愛はハンパではない」
と以上の3点を基準に、だいたい再生回数が30回を越してるものを
ピックアップしてみました。
ランキングにするのめんどくさいからAtoZで順番にね。
そんなわたしの趣味丸出しリストは続きをどうぞ(笑)

ラルク@東京ドーム 

2008年05月20日(火) 19時32分



世界7大都市10公演
L'Arc-en-Ciel 『TOUR 2008 L'7〜Trans ASIA via PARIS〜』


イッてきます!東京ドーム!いぇー!
シフト調整が先行き見えず参加できるかできないか
よくわかんなくてあんまり行ける気してなかったけど
なんか行けるっぽいからチケット取れちゃったしイッてみようかと。
どうせなら上海か台北かパリかソウルか香港行きたかった。贅沢ですねそうですね。
私、生hyde様拝むの初めてなんですけど何気に。
どうしようとろけちゃったら
まぁ腰砕けになること間違いなしですね。やっべぇ!

食欲減退 

2008年05月16日(金) 1時50分



さて、恒例の不健康レポート
(このブログのメインテーマは私の不健康なんですかね)



何か特別病気ではないけれども
胃が弱っているらしい
社会人3回目の春だというのに今さら五月病はないだろうが
やっぱ一年で五月て病む季節だよね(笑)



いつもならば
腸の機能が完全ストップすることによる消化不良を
半年に一回くらいやらかすのですけども
今は単に胃が弱ってるだけっぽくて
消化はフツウに機能しているのでマシ。
大食いの私がビックリするくらい何も食べたくない!
あまり食べなくなってもうすぐ2週間経とうとするけど
痩せねぇなぁ・・・(不思議)←冬に太りすぎたんだよ



いつもならば昼食ガッツリ派なんですが
昼に1食ガッツリ食おうもんなら胃がねじ切れそうになるので
食べない。
原動力はオレンジジュース
オレンジジュースが一番受け付けるらしい。お茶とかあんまり飲みたくない。



食べたくないからと言って食べないと
仕事に支障が出ますからね、きっと
多少は食べる
今夜のごはん:トマト1/2コ ←それごはん?



ほとんど食べてないわけだから
栄養の偏りが心配されるので
少しでも口に入れる食べ物は野菜とかにしてる
うん、友達と遊びにいったとき軟骨の唐揚げとか
鳥の唐揚げとか頼んだりしたのは気のせいだよ。気のせい。
あとはヨーグルトで生きてる。でもカルシウム足りないな・・・



痩せるためには好都合ですが
小食な自分が許せない(笑)





ありませんできませんわかりません 

2008年05月12日(月) 3時08分


たまには仕事の話とか。



アパレルの販売員です。
百貨店にて働いてます。
今どこも同じだけども百貨店厳しいですからね
うちも例外ではない。もちろん。
ショッピングモールやアウトレット等で
低価格である程度のものが手に入る昨今
百貨店でおカネ出してお買い物する奴はセレブなんだ!
それは過言かもしれないけどある意味真理だ!



では百貨店で買い物をする客層が何を求めて百貨店に来るか、
ショッピングモールやアウトレットでは得られない
「サービス」接客ですね。
「信頼」とくに年配であればあるほど百貨店に絶対を求めている傾向
品揃えであったり気配りであったりの質の高さや
何かを「期待」されてるからわざわざ高い金出して百貨店で買い物をするのだ
それはアパレルに留まらない百貨店の全て。



さて、そこで私が日々やってるお仕事といえば
その「期待」を裏切らないことにより
絶対の「信頼」を築くこと。
べつに難しくはないです。だけど簡単でもないです。
真っ当に働いていれば信頼など自然に出来上がるもので
その信頼を維持するためには一切手を抜けない、そんな感じ?



心からの誠意を尽くして
お客様一人ひとりに満足していただけるよう努める
これは時に難しいのです
いつも贔屓にしてくださるお得意様には当然それなりの
おもてなしをするし
どんなお客様にも満足していただきたい、けど
ある程度ガイドラインつーか、ルールが存在して
決して「えこひいき」になってはいけない
それを正確にジャッジできるスタッフ100%でお店を形成できれば良いけど
うちはそうではないので(苦笑)
公平に、中立的に、冷静な判断を下さないといけないのが私の仕事。
なんだこれ、裁判官か。



百貨店の、というよりも
うちのブランドとしてのルールが時にこの判断を難しくさせるのですが
基本のルールは遵守して。
できないことはできない、
できることはできる、と明確にします。
そうすると、できないことが多かったりするんですけど。
たとえば、うちは1週間以上のお取り置きはできない。
1週間以内にお客さんが来れなくても原則1週間以上はできない。
だれか一人にでもそれを許したら、そのとたんにルールは崩壊するから。
だから、1週間以上取り置きしたいって人がいても
お断りします。原則ね。



で、よく百貨店のルールとして
お客様に
「ありません」
「できません」
「わかりません」を言ってはいけないというのがあります。
で、
私のモットーでも
「ありません」
「できません」
「わかりません」はありえないのです。



たとえば、1週間以上の取り置きは不可能。「できません」
だけど、要するに、お客様が1週間以上後に来店したとき
その商品がお客様の手に入ることが最重要なのであって
肝心なのは「取り置きすること」じゃないですよね。
取り置きは、単なる手段の一つにすぎない。
その手段の一つが使えないなら他に使える手がないか
知恵を働かそう。手段をいくつか見つけよう
1つの手段に頼るから「できない」などと消極的な返事しか出てこないのだ、と。



「ありません」
今無いかもしれないけど何か方法があるのでは?
「できません」
一つの方法が駄目ならそれに似たこと、結果が100%でなくても
20%でも30%でも理想の結果に近づける方法は本当に無いの?
「わかりません」
自分がわかんなくてもわかる人が必ずいます
正しい情報を、正しい知識を持った人に確認し、
無知でも正しいことを人に伝える努力はできるよ?



返事だけ良い口先だけの奴も嫌いだけど
こういったことを簡単に諦めて消極的なことしか口にしない人間が
私はニガテなのです。
考えもしないのに諦めるな
大抵の問題は、経験豊富な社会の先輩が解決法を知っているのだから
自分の知識で判断しないで質問したらいいじゃないか



でもね、
いざ問題に直面するとテンパって
ありませんできませんわかりませんを簡単に口にしたり
できないのに出来るとか言っちゃったり
しちゃうんですよね。
しちゃう人がいるんですよね。
判断を焦らなくても、答えを急がなくてもいいから
間違ったこと言う前に確認したらいいのに、ね。
わたし毎日こんな小言を言ってます。つかれたorz


基礎体温 

2008年05月03日(土) 1時45分



基礎体温を測っています ほぼ毎日。
関連記事:  ここ  と  ここ



半年近くに渡ってホルモンのバランスガタ崩れでしたが
最近回復の兆しが見られました。
排卵日らしき日は相変わらず明確でないけども
とりあえず高温期と低温気の差が出た。これだけでも大きな進歩かと。
相変わらず生理痛っぽい痛みを伴わない
生理とも不正出血とも取れぬ生理?がきたけど
ここ半年の間で一番生理っぽかった。
てーか毎月毎月どんだけ赤裸々に生理について語るんですか私は。
ここまで自白するんだったらなんか世の女性の役に立ってほしいね(笑)



基礎体温を、いつもきちんと測ってる女性など
そう多くないだろうと思うのですけども
毎朝測るのなんて面倒だと思うのかもしれないですけど
習慣になると面倒ではないです。
毎日決まった時間に測らなくちゃ!と思うと続かない、という意見も聞きますが
べつに時間決まってなくたって1日2日測ってない日あったって
大丈夫ですから。
うん、私テキトーだし。テキトーでも続くんだよ。というかテキトーだから続く?
1ヶ月にだいたい4〜5日は測らない日ありますからね



確かに測る時間は決まっていたほうが正確性がある気がするけど、
バースコントロールとか危険日知りたいとかだったら正確性は必要かもしれないけど
自分の体のメカニズムを知る程度だったらテキトーでOK。
おもしろいです。本当に生理の前は体温高くて
生理が始まると下がって、生理と生理の間に極端に体温低い日(排卵日)がある。
排卵日の翌日から高温期が始まる、そして生理が来て体温下がる・・・エンドレス。
私テキトーだからグラフつけんのは面倒であんまり記入しないんですけど
グラフ付けなくても毎日体温測ってりゃわかりますから。
私は携帯のカレンダーに毎日記録してます。
スケジュール登録として入力すると、入力した(測った)時間もわかるし便利。
だから記録は残ってるけどグラフにすんのがさ・・・
誰かグラフつけてくんないかなぁ
毎朝私が計った体温をグラフに記録してくれる旦那様と結婚したいなぁ
(そこまで自分で記録したくないのか)



べつに人に押し付けたくはないんだけど
おもしろいし、ぜひ基礎体温の記録はオススメしたい。
私自身、基礎体温つけようなんて気になったのは
高校時代の恩師の影響です。
家庭科の先生でね、
ハタチくらいからずっと基礎体温つけてるんだって授業で言っててね
なんか自立した大人のオンナだなぁって尊敬したんですよね
影響されたっつっても高校時代に基礎体温なんか測ってなかったけどね(笑)



女性には自分の体の健康・不健康を知る
わかりやすく確実な手段であることに違いないので
基礎体温つけたことない女性の方は人生で1度くらい、
閉経までに1ヶ月の自分の体温測ってみてほしい。おもしろいしホント。




2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
☆最新コメント☆
アイコン画像和之進
» NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS (2008年05月01日)
アイコン画像サヲリ
» NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS (2008年05月01日)
アイコン画像ラージャン
» NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS (2008年04月28日)
アイコン画像おきゃ
» NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS (2008年04月28日)
アイコン画像reiji
» NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS (2008年04月28日)
アイコン画像はるな
» コートが売れない (2008年03月28日)
☆メールフォーム☆

TITLE


MESSAGE

☆プロフィール☆
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サヲリ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年7月30日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
サヲリです
見かけと中身がてんで違うらしいです
俗に几帳面だというA型ですが
果てしなく大雑把です。どうしたものか。


このブログのタイトル
「乳酸菌」ていうのは
私が乳酸菌豊富な飲み物・食べ物が好きだから
ごめん、何も深い意味はない


物事をあまり深くは考えず
なんでも都合の良いように解釈し
「どうにかなるさ」の精神で
底抜けにポジティブシンキンです
特技は前向きに物事を考えることって履歴書にも書くからね(笑)


自称:寛大
何事も幅広く受け止めるよ
理に適わないものと
思いやりに欠けること以外は
本当広く受け入れるよ
好みのタイプはルパン体型(笑)の男性だけど
過去にはメタボと付き合ったしね(3年も)
ほーら寛大(^ω^)


小さな頃からの一番の趣味は
どうやら音楽です
聴くのはもちろん自分が演るのもすき
最近は自分が演る活動をしてないけど
誰かやろうよ
音楽は誰かと和音を奏でることが
一番楽しい。
好きなジャンルは結構幅広い
ジャパニーズポップからクラブミュージックまで様々。
でも基本はロック。
中でもV系が好きです
ダッダッ ダッダダッダッて文字を見ただけで
何の曲かわかるマニアさんは
今すぐ私と友達になるがいいよ
神を降臨させようよ

90年代の後半は、サヲリという人間を造る上で欠かせない音楽(V系)との出会いがありました。
X JAPANが最初の出会いかな
そしてLUNA SEA、
ペニシリン、
SHAZNA
マリス・・・
GLAYやラルクもこの頃はまった
私は当時はラルクよりGLAY派

その後ディルだとか
ムックやカリガリといったダークどころを押さえ(笑)
98年〜2000年は何よりもRaphaelリスペクト。
今聴くとけっこう荒いところもあるけど
てーか今のインディーズV系のクオリティが高くなりすぎて余計当時のインディーズの苦労が伺える感じだけど
すごい才能を秘めてたバンドだったよなと。
今も一番好きなのかもしれない
それだけに華月を失ったことは未だにショックです。

華月をなくしたあと
しばらくV系から少し離れた時期が01年〜06年あたり
(でも卒業する気は毛頭なかった)
その頃のバンドは情報を聞きかじった程度の知識で、名前はだいたいわかるけど、音源を聴いたことがないってのばっかり。
なんてもったいない
なので今、YouTubeでいろいろ当時のPV観てます。
最近の休日の過ごし方コレ(暗いわ)

最近のバンドで好きなのは
リンク集を参照ください☆☆
誰か!ライブ行こうよ!
ぜんぜん一人でも行くけど。てーか大抵一人参戦だけど(孤独)


V系アツく語りすぎた(笑)
ほかにもジャニーズ好きだし
女性ボーカルは鬼束ちひろが一番好きで
テクノやユーロビート好きだったり
クラシックなんかもすきだし
あ、アルフィーもすき
もう、いろいろ。


読書もすきです
最近今更ながら東野圭吾にハマりました
仕事中など、はやく本が読みたくて仕方ないという感じで
かなり熱心にハマった作家さんは久しぶり。
東野圭吾全部買ってくれるって人からプロポーズされたら結婚しちゃう(待て)
かなり好きな作家には乙一も。
乙一は今みたいにブレイクするずっと以前から好きだったから
まだ無名の頃は、私が一生懸命布教活動してたもんです(笑)
実際、私の友達で乙一読んだ人は私に勧められてっていう動機の人が多いはずです

小説はやっぱミステリーや時代モノが好きで
ノンフィクションのエッセイやらドキュメンタリーが好きで
漫画好きで
本屋にいると幸せです
欲しい本全部買う金はないけどな


絵・書道など
芸術のジャンルは全て好きなので
だいたいは軽くかじりました
絵は大したものかけません
書道は好きですが字は下手です
(書道は、かなだけ軽くたしなみましたがそれ以外はてんで書けません)
ファッションという分野に昔から興味があったので
(たぶん興味をもった動機にV系は無関係ではない)
高校卒業後は服飾をマニアに学べる学校へ進みました。デザイン画1000枚描いたりマニアックな資格取ったりして
その後アパレル企業に就職して
なぜか販売員をしています。
クリエイターになりたかったのになぁ
でも、販売員のスキルはクリエイターにすごく重要だもの。無意味ではない。


そんなわけで仕事頑張ってる
NY発祥のデザイナーズブランドで服売ってるお姉さんやってるからみんな買いに来て
(こんなところでまで販促活動)

てーか長ぇよ
(2008,03,25)