ホワイトニングはいくら掛かるんだろうが許されるのは

June 12 [Sun], 2016, 20:45
とっくに「芸能人は・・・歯が命!」というCMが流行りましたが、芸能人のみならず、シロウトのヒトにも歯は大事なようで、歯を白くやるというホワイトニングは人気があります。その方法は主に3つあり、正に歯科医院に足を運んでメンテナンスをしてもらう方法を「オフィスホワイトニング」と言い、歯科医院で処方してもらった薬剤やマウスピースを使用し、自分が我が家などで行なう方法を「ホームホワイトニング」と言い、その相互を用法を「デュアルホワイトニング」と言います。こういうホワイトニング、歯科医院以外で出来ないのか?というと・・・、受け答えは「できません」。正確に言うと、「漂白剤を使って歯を白く講じる」という方法は歯科医院でしか認められていないのです。そしてこういうホワイトニングの金額ですが、至極高いです。病気等の診療とはみなされない為に保険適用外となっているので、保険は効きません。「オフィスホワイトニング」を例に出すと、一般的な歯科医院での金額は1回のメンテナンスで3万円から5万円くらいとかなりの高額です。専門の歯科や病棟では一層高いのかというと逆で、10000円から3万円くらいと全体歯科よりも安い価格であると言われています。つまり上記のようなマーケットであるのなら、一番安くて10000円であり、高くて5万円という何やらふり幅のある値段となっているのです。ただし、基本的にはどの歯科医院で立ち向かう「オフィスホワイトニング」も、きちんとした漂白剤を使用しているので10000円であっても、5万円であっても大きな差はないと言えます。それからエクストラチャージが加わる場合があります。虫歯や手強い歯周病などは受診、もしくは診療が必要となりますし、歯のクリーニングが必要な場合もあります。そして白く講じる歯の件数によっても上下があります。普通は笑った時に感じる歯を白く行なうが、当然それには個人差があります。かりに標的からはなんだか見えにくい歯であったとしても、メンテナンス出来ある全ての歯を白くしたいと考える人間もいるでしょう。チェックされているヒトは、自分が思い付く仕上がりと予算、病院のメンテナンスに対する見識などを熟考した上で、ご決断することをオススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナタ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる