山本 梓 

February 17 [Sun], 2008, 21:12
魅力的な 山本 梓

ナイトメア♪ 

February 14 [Thu], 2008, 4:39
ナイトメアの画像だよぉ☆

貰うとき、転載するときは、コメよろしく♪

最後の二人 

February 04 [Mon], 2008, 18:58
いずみんマリウスと駒田テナ。
これでプリンシパル全員制覇。

テスト生リーグ 8-15 

January 19 [Sat], 2008, 0:01
先発は石川。

3試合連続の零封。
流し打ちも少しは上達した気がする。

勝 石川 2勝1敗

本 ズレータ(5)

第23回テスト生リーグ 10勝5敗

朝ジョギング始めました。 

January 11 [Fri], 2008, 17:07
今まで昼ジョギングしていましたが、
昨日から朝ジョギングに切り替えました。

涼しい風が気持ちいい!!
けど、まだまだこの季節、汗を結構かきます。

7時〜7時半まで30分4kmゆっくり走行です。

いいえ(1) 

December 22 [Sat], 2007, 15:07
空気読めてませんね…。

がんばれ!HH 

December 13 [Thu], 2007, 10:37
今日は大好きな友人の話し。
その友人は私の小学校からの幼なじみ。訳あって高校は同じ学年になれなかったが、
通う高校は同じ学校であった。その友人の名前は、やはり訳あって出せない。
しかし、イニシャルはHH。これだけでHHが誰なのか分る同級生は沢山いる。
それだけ、同級生においてリーダシップを発揮してきた友人だ。

今、彼はちょっと精神を患って、自分の殻の中に引きこもってしまった。

大好きな、そして尊敬する彼の武勇伝を少しだけ紹介する。

彼は、小学校の時からとても優秀で、そして運動もそこそこで大好きな野球に
打ち込んできた。中学の野球部では見事にレギュラーを勝ち取り、みんなの前で
その根性と精神力を遺憾なく発揮したものだ。

高校は地元の進学校に進む。県下でも有数の進学校に、とても優秀な成績で入学する。
元来やんちゃな彼は、もともと勉学には秀でていたのだがパチンコと麻雀の道を志す。
ギャンブラーであり、勝負師の感は持って生まれたものなのか、それとも中学の
野球部で培われたものなのか、やはり優秀な成績を収める。

見事なものだ。何をやらせても、そつなくこなす。オレみたいな凡人から見ると
とても羨ましいヤツだ。

そして東京の専門学校にすすむ。そこでも彼の魅力は遺憾なく発揮される。
生徒会長のような要職に尽き、裁縫技術とか、洋服のセンスとかとは別に
人の輪を形成し、吸引力を発揮する。
東京から、7人乗りのレンタカーを借り、花巻に着くや否やあのソフトクリームで有名な
「マルカンデパート」に友人6人を連れていった。夜通し車に揺られ、花巻に着いて
すぐのマルカンの食堂。HHはニコニコのハイテンション。一方、友人6人は、
オールナイトドライブの疲れか、今起きました〜って顔でマルカンに来ていた。

六本木の外苑東通りを、車の屋根に乗って、サーフィンの物まねごとをしたり、
道端の消火栓を明け、シャワーごっこをしたりと最高の青春時代を送った。

専門学校を卒業し、彼は単身ニューヨークへ飛んだ。そこでも、彼の武勇伝は終わらない。
コンビニでバイトしていたときに、ピストルを突きつけられレジのお金を盗もうとした
黒人がいた。・…映画でよく見る光景である。しかし、彼は違った。どこまでも
その黒人を追いかけた。追いかけて、追いかけて、最後は地の利がある黒人が逃げ果せた。
足では負けたが、根性では決して負けてはいなかった。それがあるから、彼は
あのニューヨークでも生きて行けたに違いない。

あるとき、魚河岸の仕事に就く。観光地とは違って、5番街とは違って、そこはアメリカ
そのものだ。いまだ排他的な流れもある。人種差別だって残る。やっぱり彼は負けない。

毎日、彼を日本人だと知るヤツらは、わざと腐った魚を売りつける。わざと高い値で
魚を売りつけようとする。精神的なつながりを持たない彼は、そこでは「JAP」
そのもの。日本人が味わったことのない人種差別の辛酸を彼は味わう。そして、
なんとかして友人を作ることを考える。そこで思いついたのが、髪をモヒカンにする
ことだった。すると、不思議なことにモヒカンを冷やかしながらも、バカにしながらも
彼とアメリカ人の距離は確実に近くなる。でも、まだ、彼を「JAP」と罵るやつは
減らない。そこで、更に彼は眉毛を剃った。妙な出で立ちの彼は、アメリカ人にとても
面白く映ったはずだ。それでも彼はまだ手を抜かない。

何事も徹底的にやるのは、親から貰った素晴らしい教育の一つなのだろう。

そのモヒカンをピンクに染めたのだった。そのときには、もはや彼を「JAP」と
罵るやつはいなくなっていた。友だちがひとりもいない世界で、周り全てを友だちに
してしまったのだった。
出来るヤツ、成し遂げるヤツは場所を選ばない。世界どこでも「志」はぶれないのだ。
時期悪く、その時期にビザが切れると言うことで、その姿で日本に帰ってきた。
その、ピンクモヒカン、眉毛なしを見て、親が言った言葉は…それは皆さんの想像に
お任せする。親は常に親である。子を持つ親であれば、わかるだろう。

その容姿を見てよほど親がうるさく言ったのだろう、HHが言った言葉は「どこか静かな
場所で飲みたいな」であった。ピンクモヒカンが静かな…といっても、不釣合いってものだ。

どの直後、HHはニューヨークで起業した。アメリカの洋服の古着のバイヤーを始めた。
そこからの武勇伝は数知れない。私が知る由もないくらいの成功と失敗とがあったはずだ。
ボロボロの左ハンドルのカローラで日本を何周も出来るほどアメリカ中を走りまわった。
沢山の苦労、困難を彼は軽くジャンプで乗り越えてきた。バブルがはじけようが、時代が
変わろうが、彼はとにかく走りつづけてきた。

あの9・11の翌日にHHはニューヨークへ飛んだ。とにかく行かなきゃと思ったらしい。
セキュリティゲートは待ち時間ナシ。ニューヨーク行きの飛行機は貸切状態。あれほど
安く、そしてあれほどガラガラの飛行機には乗ったことがないと言っていた。

彼はよく言う。『竹は中に節目が沢山あるから、どこまでも高くピンと伸びるんだ。
人生にはいくつもの節目がある。ほとんどの人は人生の節目を気付かずに生きている。
人生の節目にいる時は、ちょっとだけムリしてでも生きなきゃならない』と。
彼には9・11が節目であったようだ。

10数年が経ち、会社も多少の苦労はあるだろうが、順調に行っていた。

しかし、その「順調」に落とし穴が合ったかもしれない。慢心があったのだろうか。
ちょっとした人とのトラブル、人間関係でのトラブル。階段を踏み外したのか
いつからか、人との交流を一切遮断した。ここ2ヶ月、従業員でさえHHを見ることはない。

私は、彼から何度も何度も・・…何度も励まされて生きてきた。時には叱られ、時には
助けられ、彼が帰省するといの一番に私に電話がかかってくる。それが何よりも楽しみであった。
彼に会い、いろいろな話を聞く、私も話をする。同級生ながらに褒められたりすれば
照れくさいながらに心から嬉しかった。

お互い、40歳を過ぎ忙しくなり、盆と正月くらいしか会えなくなったが、逆にいえば
それ以外の時期は、大変でも助けてやれない。遠く離れていて、相手の苦労がさほど
伝わってこない。人との交流を断ち、家に引きこもっている彼を見に行ける時間もない。
非常に残念だ。
会長がニューヨークに行っている。それを伝えようと電話したけど、電話にも出ない。
何とかHHを助けてやりたい。昨日はその思いが頭から離れなかった。
いつか時間が出来たら東京に行ってこよう。会えないかもしれないが、出来ることを
今しないといつか後悔する。彼の行動力を少しでも見習えたら、ここは行動するしかない。

写真は、そのHHが立ち上げた日本の会社が販売する洋服である。

とにかくHHにはがんばって欲しい。来年は彼とニューヨークに行くぞ!

なんでやねん!!! 

December 06 [Thu], 2007, 5:19
なんでやねん!!

の今日の出来事でした。

今日はVIPのお客様がイタリアからきたんだけど、
それを知らされてなかった私。(受付私のみだった)

予約が明日に入ってた事により、
今日のアライバルに入ってなかった。

VIPが英語へたすぎて何を言ってるか理解できなかった。

なのに!!!

スムーズにチェックインできなかった事で
VIPが会社に電話。
電話を渡されその会社の人に変わると、
電話の向こうで嵐のように怒り狂った秘書。

直後フロントオフィスマネージャーと、
デューティーマネージャーが現れ、VIPのフォロー。

電話の向こうの秘書に日にちが違ってただけだから、
それをシステム上で変えればいいだけの事だから大丈夫ですと私。
(まだVIPだと知らない。)

VIP達はご機嫌斜めな訳でもなんでもないけど、
秘書が!!怒りまくり。

「ジェネラルマネージャーに言って、彼女の秘書が予約したはずよ!!!」

でやっと超越VIPだと気づく私。

でも、これ、私のせいでない!!

後で勢揃いで色んな部署からマネージャーが現れ、
うちのトップが激怒!!!

チェックインしたのは誰かと聞かれ、
「。。。私ですけど」

うちひしがれたような態度をとられ、
すっごい納得いかない気持ち。

上司がリザベーションの手違いだとフォローしてたけど、
耳に入ってない感じ。

先に言えよ!VIPの事!
後、リザベーションの手違い、あり得ない。
それが原因だろーが!!

最近、忙しくて、
切れやすいはんちゃんでした。。

人が本当に望んでいるものは 

December 03 [Mon], 2007, 1:51
成功って何?

今日は、そもそも成功って何?

という事について一緒に考えて見ましょう。

多くの人が『成功』という日本語から連想するものは、おそらく
金銭的な成功やビジネスの成功ではないかと思います。

確かに金銭的な成功やビジネスの成功は派手だし、多くの人が
こころのどこかで望んでいるものでは無いかとも思います。


でも、人間が本当に望んでいるもの、本当の意味での成功って
何でしょう?


幸せになる事?
歴史に名を残す事?
何かを成し遂げる事?

正解は一つじゃ無いかもしれません。
正解って無いかもしれませんし、人によって違って良いのだとも
思います。

ただ、最近、ジェームスを見たり、メガイベントのゲスト講師や
周りの人達を見ていて感じる事があります。

成功って実は目標を達成したり、ゴールにたどり着いた瞬間が
成功なのではなくて、そこにたどり着くまでの過程、全てが成功
なんじゃないかという事です。

人生で目標や夢などのゴールを設定して、そこにたどり着くまでには
精神的、物理的、時間的、金銭的、いろんなチャレンジや困難があり
ます。

そして、その一つ一つを乗り越え、知識、経験、スキル、人間関係を
手に入れ成長していく事、最後にゴールにたどり着くにふさわしい
自分に成長する事、それこそが成功なんじゃないか

という事です。

多くのチャレンジを引き受け、多くの経験と、達成感、喜びを手に入れ
また、多くの人に喜びを与えられる人間へと成長する事

この経験と成長の旅こそが『成功』そのものであり、人生目的や意味に
繋がるものなのではないかと感じます。

お金も名誉もその他もろもろも、その過程で得られる副産物と言うか
副賞みたいな感じなのかなと感じます。

なぜなら、成功していると感じる人、魅力的な人は、自分の人生で
どんなチャレンジがあったのか、そしてそれをどう乗り越えたのかを
話すときが一番きらきらしてるし、楽しそうです。

しかも、自分から次の無茶なチャレンジを設定したりします。

ほんとにチャレンジを楽しんでる感じがします。

そして、彼が『成功の9ステップ』や『メガイベント』で参加者の
みなさんをお誘いしているのは、そういう人生なのです。

ジェームスはそれを『最高限の人生』と読んでいます。

最低限で満足するのではなく、自分の能力、限界にチャレンジし、
最高のものを手に入れようという人生です。

そして、『成功の9ステップ』や『メガイベント』でジェームスが
教えているのは、そういう人生を生きていく上で、ありとあらゆる
チャレンジを乗り越え、より多くのものを人生で得るために非常に
役に立つというか、不可欠な道具、いわばサバイバルグッズみたい
なものです。

『成功の9ステップ』というのは、言わばあなたに与えれれた
人生の選択のようなものです。

今のままの人生を歩み続けるか、それとも、困難やチャレンジを
承知で最高限の人生を歩み始めるか?

自分の制限を解いて新しい人生を歩み始めた人達の顔は皆イキイキ
として、とても輝いています。

『成功の9ステップ』に集まるのは、そういう人生を楽しんでいる
人達です。

でも、これはあくまでも一つの提案にすぎません。
そういう生き方、そういう成功の考え方もあるよということです。

あなたは、こんな生き方どう思いますか?

あなたにとって『成功とは』、『人生の意味』とは何でしょうか?

何事も無く平穏な毎日の繰り返しでしょうか?

それとも、波乱万丈だけど、人生の最後の日に、
『思い残す事は何も無い、最高の人生だった!』
と言えるような人生でしょうか?

〜TEAM JAMES メールマガジン より

ちょwwマジですか? 

November 29 [Thu], 2007, 21:33
今朝G氏から電話がありまして・・・

G氏「300万くらいで中古のボートない??環境対策済みで20f以上のがいいんやけど」

俺「誰か買うんですか??」

G氏「釣りバトル用に俺が買う、青空保管だから中古でいいやー、青空でZ22置いておくのもいやだしなーZ22新艇は自社オフィス建ててから買うし、先にFRA買っておけや〜ww

俺「え?釣りバトルって月一回でしかも冬季お休みですよね?今の15Fは??」

G氏「15Fはガレージ保管で二人で釣り用で置いておくよ、三人で釣りすると狭いので三人で行く時用に買うんや〜」

俺「・・・・・人の為に300万ですかwww」

G氏「こないだFRAの22f乗ったら小さいボートで三人は嫌になったwあれ最高やんか〜w」

俺「三人乗せなきゃいいじゃないですかw」

G氏「釣りは三人が楽しいやんか〜w」




というわけで20fオーバーのボート探すことになりました。

エンジンは後三年は乗れるそうなんで環境対策じゃなくても可。

もちろんニコニコ現金払い。

いろいろ探してみよう〜。





しかし器が大きい人ですわ〜。

人が快適に遊べるためにもう一艇ボート買うなんて・・・・

しかもプライベートで。





釣りバトルいうのはG氏の友人などでチームに分かれて晩飯かけて戦う遊びですw
次回は僕も参加します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lacici1840
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 山本 梓 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 山本 梓 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 山本 梓 (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
» 山本 梓 (2008年10月06日)
アイコン画像RAOSU
» 山本 梓 (2008年10月02日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 山本 梓 (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 山本 梓 (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 山本 梓 (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» 山本 梓 (2008年09月18日)
アイコン画像火星の後継者
» 山本 梓 (2008年09月16日)
Yapme!一覧
読者になる