はじめに。そして終わりに。 

2016年09月10日(土) 21時00分

2016/9/10

少しずつ、少しずつ、
改稿しております。
本当は大々的に出来たらいいのですが
如何せんパソコンがない環境なので
携帯からだと難しい……

そうして僕らは、また恋をする 

2012年12月24日(月) 9時59分

お互いに、後ろは振り返らない。

  さよなら、僕らの世界。
  2009/7/31

SPACE LION 

2012年12月24日(月) 9時52分


『流れ星を見つけたら、大切なヒトを想いなさい。それが、残されたあたし達に出来る唯一つのことだから』

頭上を走る命の数
  2009/4/4

空色のさかな  Ambiguous our world.  

2012年01月14日(土) 20時09分


*お互いの視る世界について。
   四百本。全年齢向け。


「紅く咲く華」おまけ 

2012年01月14日(土) 20時04分

2007/11/11 イベントで配布したペーパーのおまけ
この日はポッキーの日でしたね

「墨色の空に輝く星」おまけ 

2012年01月14日(土) 19時59分

2007/11/11のイベントにて配布したペーパーに
おまけ小説を掲載しておりました。

Someday meet again until the day 

2012年01月14日(土) 19時49分

「俺がしたいからするんだ」
「……相変わらずだなあ、おまえ」

  四百前提、百九。孫語り。
  実は、別れの先。に続く。
  2008/12/29

哀華抄 

2012年01月14日(土) 19時36分

彼は逝ってしまった。
あっけなく。伸ばせたはずの手を拒んで。

  7万回転御礼小説。四死にネタ
  百目鬼視点となっております。
  2008/12/03


空を見上げる 

2011年05月15日(日) 15時22分

「まるで、恋をしているようね」と。

  四→百→祖父みたいな構図。
  四視線のみ短〜いお話。
  2008/06/28

優しい嘘を、ひとつだけ 

2011年05月15日(日) 15時15分

「おまえのそういうとこ、大嫌いだ」
時を忘れるほどのこの想いに終わりはないとつきつけられたようで、嘘で固めたお互いの言葉に、少しだけ泣きたくなった。

  さよならじゃないための
  嘘をつく二人の話。
  2007/11/11

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:祐樹 静眞
読者になる
百目鬼君への愛を叫ぶため、2006年7月「labotaroy」を開設。
3年間の活動中たくさんの方々に勇気づけられるも、2009年7月31日力尽きるように倉庫化となる。
09年末、プロバイダの解約に伴い緊急移転。
現在の形へと腰を落ち着かせる。
ネット環境が無い(!!)ため、いつか開通したらpixivにでも纏めたい……