萩原のヒナ

October 05 [Thu], 2017, 17:52
虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、移植にもできると言う事で、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。ブリッジより高額な診療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

どんな治療でもそうですが、移植メディカルケアで重要なことは自分にとって一番良い診療をしてくれる歯科医を見つけることです。移植埋入などの技術に優れているかどうかは持ちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで結構治療実績には差があると考えられます。
インプラント診療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。普通、移植治療の全部が自費メディカルケアなので、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。移植治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを創り、あごの骨に埋め込もうとするとインシュアランス適用が可能な他の手当て方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術と結構の手間がかかるためです。
移植をあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会インシュアランス料の値上げが心配されるので、今後も原則インシュアランス適用にはなりません。人工物である移植が虫歯になることはありませんがメンテナンス(特に機械や乗り物などでは、必要不可欠です。
メンテとも略します)をしなくて良いということにはなりません。特に人工付け根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすをのこしておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目さしてください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンス(特に機械や乗り物などでは、必要不可欠です。メンテとも略します)を受けることが必要です。どうしても避けられない問題ですが、移植治療は診療全体を通して、相当な出費になります。この診療がインシュアランス適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。


ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。費用がかかるだけに、移植の耐久性が気になります。実際のところ現状では確実な説はありません。歯科医の指導に従い、メンテナンス(特に機械や乗り物などでは、必要不可欠です。メンテとも略します)を欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ結構長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こり得ると考えなければなりません。

せっかくインプラント診療を行ったのに、それから以前とくらべて息のニオイが気になるという話もたまにあると言う事です。そうなるりゆうとして、歯肉と移植のパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、移植粘膜周囲炎や、それがさらに悪化した移植周囲炎になっているという可能性もありますね。


ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大事です。
年々進化を続ける移植の技術。

近頃では、移植の専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。人工根元とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。移植手術の経験と実績のある歯科医院を、インターネットの口コミなども利用して選びましょう。

移植治療にかかる費用を合計すると普通の診療で、入れるのが一本なら35万円前後をみるのがオススメです。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判もメディカルケア費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的にメディカルケアを受ける歯科医院を決めることが肝心です。忘れないで欲しいのはその歯科医院で手当てを受けた方の口コミです。


近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなうごく一般的な移植治療でも、院内感染が起きないと言えません。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。


院内感染防止の対策をサイト上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シオリ
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる