乳酸菌は生きて腸まで届きにくいの?

September 15 [Tue], 2015, 14:58
乳酸菌は腸に良いというのはよく聞きますが、
生きて腸まで届きにくいということも、
聞いたことがあるのではないでしょうか?

でもその認識は半分正解で半分間違いなのです。

そもそも乳酸菌には2種類のタイプがあり、
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌は生命力が弱くて、
生きて腸までは届きにくいと言われています。

でも植物性乳酸菌は生命力が強く、
生きて腸まで届きやすくて
乳酸菌の効果を発揮するとされているそうです。

なので胃腸のために乳酸菌を摂ろうと思ったら、
植物性乳酸菌を摂ることをオススメします。

乳酸菌は2種類のタイプがあるの?

September 14 [Mon], 2015, 14:52
乳酸菌が腸に大事なことはあなたもご存じでしょう。

でも乳酸菌には2種類のタイプがあるのを知ってますか?

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があり、
欧米人より腸が長い日本人には、
植物性乳酸菌が良いともいわれているそうです。

漬物や味噌などにも含まれているので、
植物性乳酸菌は日本人になじみ深いのですね。

逆にチーズやヨーグルトに含まれる乳酸菌は
動物性乳酸菌に分類されるのだそうです。

どちらも身体には大事な乳酸菌ですので、
積極的に乳製品を食べるのも良いと思います。