ぬーん・・ 

May 05 [Sat], 2007, 9:59
なんとなくムカついた・・

また,同じコト起こりそう・・・・

やっぱり,誘われなかったし・・  おそろいのもの・・・

輪の中に入っていくのって 苦手だなあ・・

外れてても・・ 傍にいたかった・・・ 

jewel 

July 09 [Sun], 2006, 16:42
また一つの恋が

目の前で砕け散った。



だけど私は

それをただ見守ることしか出来なかったよ。



その欠片は

キラキラ輝いて

まぶしかった。



あまりにきれいだったから

私はそれを拾い集めて

宝石箱にいれておいたんだ。



ばらばらになっちゃう前は

そんなに輝いて見えなかったのに。


なんでだろ。


ことば 

July 09 [Sun], 2006, 16:33
私の心から出た言葉たちは、

どこまで行って

誰に届くんだろう。



私の心から出ることが出来ない言葉たちは、

どこへも行けず

誰にも気づいてもらえないの?

私の誓い 

November 22 [Tue], 2005, 3:03
人を好きになってはいけない
好きになった分だけ嫌われてしまうから
人を想ってはいけない
想った分だけ憎まれてしまうから

近づいてはいけない
甘えてはいけない
夢を見てはいけない
本当の私を見せてはいけない

突き放されるのが怖いから

二度と、もぅ二度と信じないと誓ったのに・・・

今日
私はまた一人の人を失った

崩壊 

November 22 [Tue], 2005, 2:44
ヒトって1つのことがキッカケで、
今まで何でもなせた仲を、
ぶち壊すことができる。
ちょっとしたコトで、深いつきあいをしたのに、
うわべだけになってしまう。
正直とてもコワイ。
信用ってつくるのは大変だけど、
壊すのは、ガラスのコップ壊すよりも
カンタンだって意味、
 よくわかった。

大切なモノ 

November 22 [Tue], 2005, 2:40
もし、世界が一つの戦場だとするなら
わたしは一つのちっっぽけな駒にしかなりえない

それが分かっているから
それを理解しているからこそ
こんなにも残酷なことが言えるの

右も左も敵だらけの中
何もないただ朽ちていくだけの中の世界で
こんなにも残酷なことが言えるの

ただ一輪切なげに咲く花にも気付かず
ただ一筋流れる清流にも気付かず
ただ殺伐とした日々を生きている

もし、世界が一つの戦場だとしても
わたしはたった一つ
儚げにある大切なモノを見つけていきたい

もし、世界が一つの戦場だとしても
どんなに残酷なことが言えても

夢蝶 

November 22 [Tue], 2005, 2:37
蝶ノヨウニ夜ニ輝ク空ニ愛サレタイ

そう願うのは愚かでしょうか?
この涙さえもニセモノで
作り物なのでしょうか?
たった一つの優しささえも信じることができなくて
たった一つの大切なものさえ見失う

もしあの蝶のように何にも囚われることなく
美しい羽で飛ぶことができたなら
どんなにいいだろう

夢を見るの
大きな空を
ネオンの光が眼下に瞬く上空を
金色の粉を散らしながら飛ぶ姿
初めての開放感に
少しだけ不安で
少しだけくすぐったい

蝶ノヨウニ夜ニ輝ク空ニ愛サレタイ

そう、わたしは夢の中で願い叶え
開放感に身を任せながらゆっくりと舞うの

空の色 

November 22 [Tue], 2005, 1:10
夕暮れに 何気なく空を見上げた

濃い水色から薄いラベンダー
そして紫がかった夜の空色へとグラデーションで
美しく彩っている

なんという自然の美しさだろう
そして
なぜ胸がつまるのだろう

いつのまにかうつむいて歩いてばかりで
空を見上げることなど忘れていた

いつのまにかつまずく小石を気にして
頭上のことなど見もしなかった

いつだって昔と変わらないこの美しい空は
自分の上にあったというのに
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる