熱によって失われやすい葉酸は食材を調理して摂

February 01 [Wed], 2017, 19:21
熱によって失われやすい葉酸は、食材を調理して摂取しようと考える場合にはちょっとしたコツがあります。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱調理が避けられない場合にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱をとおすくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。もし面倒だな、と感じる方は葉酸のサプリメントを活用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
妊娠に大切な葉酸は厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

葉酸は水溶性ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)の一種ですから、尿、汗といっしょに体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにして下さい。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段のご飯以外に、サプリによって摂取するのがお奨めです。



効率的な摂取のタイミングは、食後30分以内の摂取が理想的です。
なぜならご飯で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時での摂取はおススメしません。

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。

妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。葉酸がもつ効果としては、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。


それに、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。それと、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって大切なサプリであると言えますね。ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Bの一種である葉酸は、多様な食べ物に含有しています。

例えば、フルーツでは、イチゴ、ライチに多いことが紹介されています。または、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だと言えますね。不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いみたいです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る例が多いのが実情です。

40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断ではないでしょうか。かくいう自分もアラフォーですし、常に急かされているような気がして、ストレスも限界です。皆さんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、わすれてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。ママの体も赤ちゃんも、いっしょに元気であるように、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸不足に陥らないようにして下さい。厚生労働省の推奨では一日当たり0.4mgと発表されています。



これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると葉酸不足の心配もあります。ですので足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは大変密接に関わりあっています。

なぜなら、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意して下さい。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。



自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ちゃんを授かるためには良いことではないでしょうか。妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。


中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。

ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果があるでしょうし、自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)のバランスが良くなりますから、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

わざわざ教室やカルチャー真ん中に通う必要が無く、自宅で思い立った時からはじめることが出来ます。
軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことにつながります。

こうした運動は崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ぜひ実践してみて下さい。流産を経験しています。ずっと欲しかったおこちゃまでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、「おこちゃまがほしい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠に向けて、準備をはじめるようになりました。
今度の妊活では体づくりにも注意しました。



冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。



その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。

妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。
ピジョンの葉酸サプリはいくつかの種類があるでしょうし、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やカルシウム、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)といった、妊婦にとって不足しがちな全ての栄養素がまとめられています。
複数のサプリを飲む必要が無いので、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお奨めします。


ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んで下さい。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意して下さい。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。



また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにして下さい。



亜鉛は卵巣に働聴かけるだけでなく、健康的な精子の増加を助けてくれるのです。
妊娠はどちらかひとりではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を実践してみましょう。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを食べるようになったという妊婦さんも大勢居ます。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。
そのため調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意して下さい。

いまの不妊状態から脱出するのに、食生活から改めるのも有効だと考えられます。

両親の体の中で精子と卵子ができる訳ですし、不健全な食習慣の下では卵子や精子の活発さは、望めません。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮したご飯を大事にしていくといいでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる