Too Beautiful To Lie 

2006年04月02日(日) 0時00分
気が付けば
最近 またまた ネガティブモード

やばい
いかん いかん

そもそも ネガティブ志向な人間だから
ツイてないことが続くと、そりゃ、もー大変
もーどーなってんのよーってくらいに どうしようもないほど暗くなる

ダメダメ

せっかく冬も終わったんだから
気分上げて行かないと

-------------------------------------------

また韓流ドラマ 観始めた

『威風堂々な彼女』(2003)を鑑賞中

若かりしき頃の 美しいカン・ドンウォンくんが出ております

まだ3話までしか観ていないけど、これもまた日本の昼ドラ、あるいは
昔の大映テレビドラマ並みの波乱万丈さが炸裂
さすが韓流
これぞ韓流

---------------------

カン・ドンウォンくんが 美しい

『彼女を信じないで下さい(Too Beatiful To Lie)』(2004)っていう映画を観て以来
カン・ドンウォンくんに ぞっこん

美形
美しい
瞳がいい
スタイルも良い 

映画の中で、ギターで弾き語りするシーンがあるんだけど それが超かっこいい
(実際に本人が歌っているらしい)



とくに横顔のアップは絶賛もの

---------------

映画の内容は、いわゆるラブ・コメディ
私のとっても好きなジャンル(笑)

『猟奇的な彼女』系の作品に通じるような
浮世離れしたコミカルな展開もあり
おそらく、同じ系列の映画のカテゴリーに入るんだろうけど
この作品にしか表わせない独特の魅力がある
(家族愛や人間愛を、温かく描いている)

----------------

また泣いた

主演のキム・ハヌルの終盤でのシーンで
ジーンとなった

カン・ドンウォンくんとのツーショットもとてもキレイ


ドンウォンくん かっこいい
動いているお姿 美しい
見惚れるばかり

目の保養になるー

カン・ドンウォンくんは、今、アジア圏で、最も美しく、最も輝いている俳優さんだと思う

----------------------------

4/22(土)から公開の『デュエリスト』も楽しみ



―“悲しい瞳の美しい刺客”―

グッとくる 響き


<今日のBGM 『Aubrey』 Bread>

ヘトヘト 

2006年03月31日(金) 0時00分
疲れ過ぎて
疲れてる感覚さえ
なくなってきている感じ

逃げたい とか 
変えたい とか
見直したい とか

前向きさと 後ろ向きさとが 入り混じる心の状態
とにかく とりあえず 現状を維持しつつ 
通過して
それなりに 
切り抜けてはいる

SOS

きっと くるしい
心の奥の奥

悲鳴を上げている

学生時代のように 時間がおそろしく有り余っていた頃なら
何も考えず 即 切り捨てられたこと

でも
今は出来ない

余計に彷徨うこと 見え見え

時間が流れて 
年を重ねて
世間一般で言う 大人

子供の頃には手に入らないもの 手にしている

なのに 何故 
こんなにも 不自由なんだろう

子供の頃なら簡単に手に入ったもの
大人になると 手にするの むずかしい

たとえば

会いたい人に会いたい時 
何かしら会うための理由 要ってくる

子供の頃なら 会いたくなったら 
「遊びに来たよー。」って すぐ訪ねて行ける

大人になると
いろいろ まわりくどくなる

だけど

自由さと 無秩序さ とを 
はきちがえてしまっては いけない

---------------------

理性を持って 無邪気を コントロール


そんなふうに 
出来たら いいな


<今日のBGM なし>

ほんとに春? 

2006年03月20日(月) 0時00分
もう3月も終盤にさしかかっているけど 
この寒さはいったい、、、?

一時 暖かくなってきた感じだったから
気分はすっかり 春モード気味だったのに 

まったく おいおいだよ

いっそのこと 冬なら冬のままほうが
いいんじゃないかってさえ 思う

謎の体調不良は続いている
意地悪な人たちは相変わらず

ひょっとして
また迷路?
またへんなポケットにはいったの?

あー やだやだ
また何かの代償なのかな?

いろいろと 憶測すればするほど 
疑惑めいたもの 出てくるかもしれない

でも
フツーにしていることしか 今は出来ない
なんだか余計に こじれてしまいそう

結局のところ
基本姿勢に帰るしかない 

平常心を保って
素直にしているしかない

純粋に そう思っている

私は何も 多くは望んでない
ただ フツーにしていたいだけ

だから むやみに 
邪推したり 裏をかいたり ミョーな憶測は しないで

思っている以上に 
実は 素朴で 純粋

-------------------------------------

直球

変化球は 投げない
投げれない

「無邪気」って、痛いこと?
「ありのまま」って、いけない?

余計なかけひきが もしも 
真実を歪めてしまったら 

どうしよう

そういうの ありえない
そういうの いらない

心の純度
高くしていたい


<今日のBGM なし>

きっと また 廻る 

2006年03月19日(日) 0時00分
こーいう感覚 たしか 前にもあった

懐かしいような 
新しいような

不思議
だけど
心地よくて

そして
心温まるような

おそらく
頭の中が busyで noisyな状態が 積み重なると
きっと 忘れてしまうのかな

本来在るべき心
気持ち
考え

感謝の気持ちとか
優しさとか

やはり 
時々思う

どこかで間違ってしまったのかなって

だけど
信じたい 信じていたい

結局
「正解」なんて ない

「正解」だと思っていたことが
違っていたりする

----------------------------

同じ地に生きて
同じ時間を過ごして
泣いたり 笑ったり 怒ったり

ありきたりで
単純で
単調で

でも
しあわせで

シンプルに捉えてみたら もっと見えること
まだまだいっぱい ある

見落としちゃいけない

会えるしあわせ
声が届くしあわせ

キレイなさよなら とか

目にするものすべて 
感謝して
大切に思っていたい


忘れちゃいけない

忘れてはならない


<今日のBGM 『会いにいく』 GRAPEVINE>

続・ワールドワイドウェブ 

2006年03月14日(火) 0時00分
ちょうど 半年が過ぎようとしている

ホームページを作ったり 
ブログを書いたり することを 始めてから

流行りと言えば 流行りなのかもしれない
そーいう波みたいなもの
たしかに ある

でも どう
ワールドワイドウェブって

-------------------------------

何か 広がったのかな
何かが 広がってゆくのかな

逆に 
狭くなってしまっていないかな

内に内に と

思い込み
錯覚

そして たぶん
自己満足のセカイ

でも
ワールドワイドウェブって
こんなもんでしょ

けっして
わるくない

むしろ
好きに 近い

内に内に 広げて
そして 
やがては
外に外に

けれども まだ

見えない 
見えてこない
大きい謎

でも
未知数の可能性に 
期待 している

-------------------------

まだまだ 続く 続ける
ワールドワイドウェブ


<今日のBGM なし>

キュートなチェ・ジウ 

2006年03月11日(土) 0時00分
最近 ほんと 韓流ものばかり観ている

もちろん 邦画も好きだし
アメリカやヨーロッパの映画も すごく好き

でも
私の中での韓流ブームの勢いは、失速するどころか
まだまだ加速してゆく

----------------------------------------------------------

『誰にでも秘密がある』(2004)を観た


チェ・ジウのキュートさに びっくり
かわいい
魅力的



これまで
「冬ソナ」等のメロドラマ系で
泣いてばかりのチェ・ジウしか知らなかったから
とても新鮮

イ・ビョンホンとの絡みも すごく絵になってる

女性のかわいらしさ 巧く描けている


恋をして
一気に 大胆で 情熱的に豹変してゆくところとか
すごくキュート

赤いワンピースがかわいい



観終わったあと すごく元気な気持ちになれた


<今日のBGM 『Can't take my eyes off of you』 Tommy february6>

美しいジヒョン 

2006年03月04日(土) 0時00分
また泣いた

いい話

『Happy together』(1999)という 韓国のドラマ

言ってみれば、韓国版『ひとつ屋根の下』

両親の死によって、離れ離れに暮らすことになった兄弟姉妹たちの再会にまつわる
兄弟愛、家族愛や恋愛がテーマの

人物相関図とか、ひとつ屋根の下に酷似してるから、リメイク?!って感じだけど
ちゃんとオリジナル性もあって、すごくおもしろい

それに、なんてったって豪華キャスト

イ・ビョンホン、ソン・スンホン、キム・ハヌル
そして
大好きなチョン・ジヒョンちゃんとチャ・テヒョン君が出演している

映画『猟奇的な彼女』(2001)のごとく
ジヒョンちゃんとテヒョン君のツーショットが観れることは非常にうれしい

----------------------------------------------------------------------

『猟奇的な彼女』 という映画は

私が韓流に出会うきっかけとなった
とても思い出深い映画

もー、この映画を観てから、急速に韓流にはまっていったんだものーーー
(そうそう、つまり、冬ソナやヨン様ブームよりも、一足お先だったのよ)

観たとき 映画館で 号泣した

コメディ系のラヴストーリー
だけど
すごく 心に響くもの あって

------------------

ジヒョンちゃん かわいい

綺麗




韓国のOLYMPUSのCMでのジヒョンちゃん  


「どうしてあなたは、そんなに綺麗なのー!!」って、いつも思う


最新作の映画『Daisy』、早く観たいな(日本公開は5月末頃らしい)


<今日のBGM 『もう一年』 Brown eyes>

最近のヨン様のお姿 

2006年03月01日(水) 0時00分
セコムの新しいCMで、最近のヨン様のお姿が見れる

もうすぐクランクイン予定のヨン様主演の新ドラマ、『太王四神記』で
高句麗時代の広開土王の役を演じるヨン様

その役作りで、体をさらに鍛え、ウエイトを増やし、髪も長くしているご様子とか

↑セコムCMのヨン様 

たしかに、体格が少しガッチリ(?)した感じ
(太ったと言えば太った…?かな?)

黒い長髪
すてき
黒髪のヨン様、いい



以前のCM(ロッテとか、ピザとか。)の時より
日本語がかなり上手くなっている気がいたします
(しょっちゅうお忍びで日本に来ているらしいし、きっと、上達されたのね)

新ドラマは、日本はもちろん、世界中で放送される予定とかなんとか
済州島に、すっごい大規模なセットを建設して
撮影も『ロード・オブ・ザ・リング』の特撮チームだったりで
すっごく気合入ってるらしい

ストーリー的には、ファンタジックなラヴ・ストーリーだとか


とにかく 楽しみ

早くドラマでヨン様が観たい


<今日のBGM 『君に春を思う』 メレンゲ>

春めいてきた 

2006年02月24日(金) 0時00分
最近、めきめきと、気温が高くなりつつある
ようやく、冬も終わりかぁ

あーやっと、終わってくれる
やっと、やっと…
うれしい
素直にうれしい

もー、ほんと、冬はこりごり

春になったらなったで
花粉とか、ミョーな眠気とか、着ていく服の選び方とか
いろいろとあるけど

ともかく
冬が去ってくれるってことで
テンションは上がる

かなりのインドア体質なほうだけど
外に出かけようかなぁーって気にもなってきて
気持ちが軽くなってくる

あー、ほんと、長かったなー冬 

でも、あっという間だったようにも感じる

春の柔らかな日差しを浴びたい
春の空気に期待

冬の冷たい空気と 度重なる陰鬱な出来事が
まるでリンクしたかのようで
つらかった

冬の終わりとともに
それらも 終わり


<今日のBGM 『きらめく世界』 メレンゲ>

降り積もるだけ 

2006年02月15日(水) 0時00分
最近 なんだか
「負の因子」みたいなものに出くわすことが多い

それも
理由なく
唐突に 突然に

完全に無防備でいられない
でも
完全に武装してもいられない

ほどほどに それなりに 
周囲との呼吸を
あえて 意識して
合わしてはいる

だからこそ 思う

吐きたいだけ毒を吐いてしまえば
気が済むのかな

吐いてしまった毒によって
拡がってしまうであろう波紋のこと
考えないのかな

カナシイ
ヤルセナイ 

すべて感情まかせで
何もかもが 望みどおりに動くなら

心をこんなにも 軋ませたりしない

情熱
本気
正論

答えはない
答えは見つからない

複雑なのかな
ほんとにそうかな

もっと単純なことなんじゃないかな
余計に難しくしてしまっただけじゃないかな

やはり
迷宮入り かな

このままだと
きっと

降り積もる 



<今日のBGMなし>
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:la_voix_claire
読者になる
Yapme!一覧
読者になる