神楽坂ピル・ウ・ファスでのワイン会
2010.02.20 [Sat] 03:19

こんばんは、久保です。

先ほど、今年最初のワイン会を終え、帰宅しました。
ビオワイン同様、鮮度が命かな、と早速ではありますが、本日のワイン会の模様をお伝えいたします!


場所は神楽坂。フレンチ・レストランが多く、坂道沿いの右左に名店が立ち並ぶ激戦区に今回の舞台ピル・ウ・ファスはあります。向いには同じく名店ラ・トゥーエルが建ち、絨毯の敷かれた内階段はさながらパリのホテルのようでもあります。



準備の為に1時間ほど先に到着した私の目に入ってきた店内には、いかにも美味しい料理が造られている雰囲気がプンプン。やや明るめの照明で、まさにフランスの料理教室のようです。

そしてまずは今回のワインを用意します。レオン・バラルの白、レゼルヴ・ドーの赤、そしてペイル・ローズの赤白です。おそらくこんなワイン会が行われているのは日本でここだけでしょう!




そして19:00開演。

料理とワインは以下の通りです。


オレンジのジュレと人参のクープ仕立て
×
Vin de Pays L’herault Blanc 2006 Domaine Leon Barral


グリーンペッパー入りリエット・グリーンサラダと共に
×
Coteaux du Languedoc St Saturnin Cuvee Sans ajout Sulfites 2008 Reserve D’o


魚介のムース・野菜のタリアテッレ添え、軽やかなアメリケーヌソースで
×
Coteaux du Languedoc Oro 1996 Domaine Peyre Rose



蝦夷鹿のロースト・赤ワインソース、トリュフオイル風味のジャガイモのムースリーヌ添え
×
Coteaux du Languedoc Clos de Cistes 2002 Domaine Peyre Rose


アシェット・ド・ショコラ・エピスを効かせて、ショコラソルベ添え
×
Vin de Liqueur Carthagene Mas de la Salle


いつものような乾杯の泡ものはなく、いきなり個性のある白からのスタートです。1杯目ということで、やや冷やして熟した甘さがありながら柑橘の清涼感も感じさせる温度帯からのサービス。皆様、お?いつもと違うな!という感じで早速、南仏ビオワインの世界に惹き込まれていたようでした。

前菜のオレンジと人参のほのかな甘さとは同じ方向性の好相性です。


続くは少し冷やし気味の赤。昨年、中尾さん自身の買付けで、人気完売が続くレゼルヴ・ドーの赤ワインです。この元パリのカヴィストで、ついには己のワイン造りを始めてしまった若者の姿は、どこか中尾さんの未来を示唆するような、中尾さんにとって憧れのような存在の作り手なのかも知れません。

ちゃっかり動画を撮りましたので、どうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=6RX6hn9reGI

こちらはほとんど脂分のないリエット(これが素晴らしく美味しかった!)に合わせました。




そしてメインとなるペイル・ローズのワイン。ワインを飲むときの定石は白ワインから赤ワインという順番ですが、今回は、冷やした濃いめの白→冷やした軽めの赤→常温・濃厚な白→常温・濃厚な赤という流れでしたので、これがまた皆様、新鮮だったようです。

かなり柔らかいアメリケーヌソースで味付けした魚介のムースと96年のoro、冬らしい蝦夷鹿は最高の火の通り具合で、シラーの美酒とのマリアージュを堪能していただけました。

デザートにはエピスを効かせたガトーショコラと、これも好評であった甘口の赤のVDLを合わせ、甘美な締めくくり。

あっというまに過ぎてしまった3時間、皆様にとてもお喜びいただくことができました。



とくに、今回のピル・ウ・ファスの料理の味に関しては、文句のつけどころがなく、素材のやさしい旨み、とにかく重さが一切なく、口のなかでふわっととけるようなやわらかさ。

実際、皆様次から次へとシェフに挨拶に行き、料理の内容を聞いたり、また来る約束をされたりと、熱心に聞き入っていたのがとても印象的でした。

最後は記念撮影をさせていただき、ミニコースのまかない(これがいつも楽し
み!)をいただき、お店を後にしました。



実際に買付けに行った時の話は、僕らは聞きたい時に聞くことができますが、お客様はなかなか聞くことのできないところ。
ワインを飲むときに、ラベルの言葉とか、意味とか、格付けとかではなく、景色が浮かぶということが、もっともワインを美味しくするのかもしれません。

それは作り手の顔かもしれないし、厳しい気候、環境かもしれないですが、そうした中で造られてきたワインは、遠く海を越えても何か訴えかけるものがあるんですね。


自分も、自分の見つけてきたワインをお伝えする日のために、また頑張ろうという気持になりました!

※今回ワイン会に用いたワインは数が少ないのですが、店頭にご用意しています。
 ご参加いただきました方々、またご興味のある方は是非、お問い合わせください。
次回は阿保さん主催の焼肉とのワイン会。こちらも楽しみですね〜

それでは。