シャンパーニュ (9日目)
2012.05.25 [Fri] 18:35

こんにちは、阿保です。

すでに今日フランスから帰国しておりますが、最終日のブログアップが出来ていませんでしたので、アップします。



本日、シャンパーニュ地方最後の生産者訪問です。
今日も朝から曇りの天気、結局天気の良い日もありましたが、雨がちで、寒い日の続く5月となりました。今年の作柄はどうなるんでしょうか?

さて、気を取り直して朝の訪問です。


最初に立ち寄ったのは、訪問予定がなかったのですが、昨日Le Mesnil sur Ogerに行った際にちょっと立ち寄ったMichel Turgyで、都合が悪いから明日来てほしいと言われて今日時間を作って訪問です。

相変わらずの酒質、ミネラル先行のタイトさと、リッチで力強い味わいが同居する味わいは、人気あるのがわかるな〜。メニルのテロワールの素晴らしさを実感させられます。樽を使用しない素材感の強い仕上がりがかなり魅力的です。

本当はしっかりと全てを味わって、カーヴも見たかったのですが、テイスティングして早々に退散です。名残惜しい!次回は時間に余裕を持ってアポも取らなくては。

その後、今日はパリに入るということもあり、ヴァレ・ド・ラ・マルヌを西に進みます。

Villers sur Chatillonnの村、ここはラ・ヴィネでも人気の蔵元がいくつもあるのですが、今回は新しい蔵元を訪問。



実は既に父親のシャンパーニュは仕入れているのですが、今回は息子の蔵元へ、これがまた素晴らしい!テイスティングする傍から、今年のクリスマスシャンパーニュのセレクション入りは確実!しかしどのキュヴェにしようかと、贅沢な悩みに耽ってしまいました。
皆さん、お楽しみに!


その後は、更に西に進み、Passy Grigny村の生産者。ここは大手のヴーヴ・クリコやボランジェのこの周辺の畑管理も行い、自身の葡萄もかなりの量を提供しているようで、自前のシャンパーニュは結構数量がありません。


結構出し惜しみされましたが、それに見合うなかなかのシャンパーニュを造っていました!

4軒目は、更に西、Chateau Thierryを越えて更に西の最西端にあるCrouttes sur Marne村の生産者です。ここは3年程前に訪問したことのある村で、ラ・ヴィネでもベデルやブルジョワ・ディアズなど人気の造り手が住んでいる村です。



今回は新規開拓ということで、別な生産者を訪問、とっても田舎っぽいラベルや酒質ですが、ここは逆にそれが魅力的な生産者でした。

おまけに思わず味わってみたくなるような珍しいものもあり、皆さんに早く紹介したいですね。



イレギュラーも多かった今回の生産者訪問、なんとか最後の生産者を訪問して、パリまでたどり着きました。今回も多くの出会いと発見があり、フランス地方巡りの醍醐味を存分に味わったと思います。

今年買い付けた最新の入荷は9月ごろからとなると思いますが、情熱ある生産者のワインをどんどんご紹介していきたいと思いますので、是非とも期待していてください!