コート・ドーヴェルニュ南部 (3日目)
2012.05.20 [Sun] 06:54


こんにちは、阿保です。

相変わらずフランス中央高地は寒いです。
今朝も明け方このエリアは0℃を記録したそうです。

さて、本日はコート・ドーヴェルニュの中心であるクレルモン・フェランの街を南に下り、最も南部のエリアを巡ります。


この造り手は南部Boudes地区の生産者どれもリッチな果実味と凝縮した緻密さが魅力でした。



この蔵元は飛び込み訪問で大当たり!なんかブルゴーニュみたいな美味しさだと思ったら、ブルゴーニュで長く働いていた人でした。
それに、樽はスガン・モローだし、これはやっぱりそういうことですよね。


おまけにとんでもなく面白いワインも造っていましたので、期待していてください!



そしてモンペイルーで見つけた生産者、噂に違わぬ素晴らしさ、ヴォルカニックのテロワールで生み出されるワインはどれも素晴らしく、早く皆さんに紹介したいものばかりでした。

ちなみに、オーヴェルニュ地方のモンペイルーを今回訪問しましたが、数年前にはラングドックのモンペイルー村を訪問してますし、ご縁がある村です。

今日は、キリストに関した昇天祭という国民の休日だということで、会社組織的な生産者はもちろん訪問できなく、また小さな生産者も多くどこかに出かけていたため、3件のみの訪問。相変わらずフランスの休日なんかは、外国から訪問する我々にはわからないことも多く、未だに当日結果があって学ばされることも多いです・・・。

まあ、それでも訪問したくて調べていた生産者は大体行けたのでラッキーでしたが!

今日はそのまま、真東にぐぐっと進み、リヨンです。
明日はリヨンからブルゴーニュに向かいますので、美味しいワインとよい生産者にであえることを期待しつつ。