Vigneronの活動
2012.05.05 [Sat] 14:13



シャンパーニュの買い付けが決まって、事前に何処を訪問するか、
いろいろ調べていく中で、前々から気になっていたヴィニュロンの活動。

Terre et Vin de Champagne
Les Artisan du Champagne
Club Tresor de Champagne (Special Club)

グラン・メゾンのシャンパーニュであれば、新しいヴィンテージがリリースされる際には
大々的な広告活動が行われ、メディアなどにも大きく露出するので、
情報は消費者にもすぐに伝わってきます。

これらの団体はどちらかというと、小さな造り手同志のコミュニケーションの場、
といった感じで、同じ志をもつ仲間が声を掛け合って出来た集まりです。


ラ・ヴィネでも最もお馴染みの顔ぶればかりの活動がこちらでしょうか。

★Terre et Vin de Champagne



ラエルト・フレールのオーレリアンや、ベレッシュのラファエルなどが中心となり、
毎年、春に彼らのシャンパーニュとヴァン・クレール(原酒)の試飲会を行っています。

昨年、中尾さんがタイミングよく試飲会に参加していました。
http://yaplog.jp/la-vinee/daily/201104/19/


Terre et Vin de Champagneはこんなメンバーで構成されています。

Bereche
Laerte Freres
Tarlant
Agrapart
Francoise Bedel
Chartogne taillet
Vincent Couche
Pascal Doquet
Jeneaux Robin
Franck Pascal

などなど、ラ・ヴィネでも顔馴染じみばかり。
彼らのシャンパーニュが店頭に今、たくさん届いています。
http://www.lavinee.jp/shop/e/eterre2/

今回、出張に際してブノワ・タルランやオーレリアン、シリル・ジュルノーらとコンタクトを取り、
おなじメンバーで興味深いワインを造っている、Francis Boulardを訪ねてきました。




フランシス・ブラールはレイモン・ブラールから独立し、ランスの西、
マッシフ・ド・サンティエリーでビオディナミによる栽培に取り組んでいます。



ほとんどのキュヴェはBrut NatureとExtra Brut(3g程度)で造られ、
これらをすべて試飲させてくれました。

そしてラ・ヴィネのお客様のために、蔵に残り30本ずつという
90年代も出して貰うことに。やった☆

大きな体のフランシス、とてもいい人でした!


★Les Artisan du Champagne



アルティザン・デュ・シャンパーニュも個性的なメンバー。
こちらもラ・ヴィネで馴染みのある人が参加しています。

Pierre Paillard
Hure
Doyard
Alfred Gratien
Virmart
Lancelot Pienne
Gonet Medeville


今回はエペルネの西、この集団のプレジデントを務める、
Jerome Dehoursを訪ねてきました。



*自慢の愛車、ロータスの前で。




ここのワインもレベルが高い。
ソレラによる原酒をわずかにブレンドするため、シャンパーニュは深みがあります。




その日の夜はグラン・ダルジャンで彼のシャンパーニュを再度、楽しみました。
このTrio Sは先だって間もなく到着する予定です!コレいいですよ〜
(阿保さんが訪問したことがあるようで、オーダーを入れてくれていました)


★Club Tresor de Champagne (Special Club)



スペシャル・クラブの名で日本には古くから紹介されていますが、
正式にはクラブ・トレゾール・ド・シャンパーニュという団体です。

メンバーはこんな感じ。

Paul Bara
Pierre Gimonet
Henri Goutorbe
Jose Michel
Lamiable
J.Lassalle
Launois

など。

今回こちらからはGaston Chiquetを訪ねて来ました。




この太い瓶はピュピトルにささっていても一目でそれと分かります。
リリースまでの熟成期間が長く、泡立ちのなめらかさ、縦と横に広がる
風味の立体感が素晴らしい。




一度会うと、必ずファンになってしまうでしょう、
ジェントルマンのニコラ・シケ氏。

***

という感じで、皆互いに情報交換しながらも自分のワイン造りにこだわりを持っていて、
切磋琢磨しながらより良いものを造ろうとする姿勢が伺えました。


もちろんこれらの団体に所属しない、何で今まで紹介されてこなかったんだろう?
という、素晴らしいシャンパーニュも見つけてきましたので、お楽しみに!