南西地方訪問2日目〜珍しいワインがたくさんありました!〜
2012.04.21 [Sat] 01:00

こんにちは。中尾です。

今日は南西地方2日目。ガイヤック〜ビュゼという超マイナールートを制覇します。

ガイヤックは泡から赤、白、甘口までたくさんの種類のワインが造られ、
ビュゼはほとんどが赤ワインのエリア。

そんな中で、これまで知らなかった珍しいワインが今回はたくさん見つかりました!!



まずはガイヤックで見つけた、ジュラ地方のヴァン・ジョヌと同じ製法で作られた辛口の白。
色も琥珀色で、香りも非常に特徴的。
まさかガイヤックでこのタイプのワインに出会えるとは・・・・




同じくガイヤックで見つけたのは、ランシオタイプの辛口白。
2年くらい樽に入れて外にさらしておく作り方をしています。
普通は酸化熟成のニュアンスが強くなるはずなのにこれはかなりフレッシュでした。
どうやったらこんな味わいになるのか・・・・




この樽に入っているそうです。(なんかかっこいい!!)



これはビュゼで造られた、ソーヴィニヨン・ブランのランシオ。
クリーム系の料理が合いそうな濃厚なワインでした。
ラベルも可愛い。

今日は本当に珍しいワインにたくさん出会えて、テンションがあがってしまいました!!



ビュゼの生産者のかわいい3人の娘さんにお土産の金平糖をあげたらとても喜んでくれました。
もって行ってよかった!!