ただいま買い付け中、ロワール.3
2011.05.26 [Thu] 07:21

皆様こんにちは、阿保です。


本日のロワール中流域は、パリの雨模様とは打って変わって晴天で今日も始まっています。この暑さがいつまで続くのか、ちょっとドキドキしてきます。適当に雨が降ってくれるとよいのですが・・・


早速シノンを訪問します。宿泊地もシノンだったので、生産者訪問が容易にできるのがありがたい!


最初は、99年から実家の醸造を任されているローラ女史のワインです。
ラベルのモダンな感じ同様に、非常に果実味のある華やかなスタイルに仕上がっていました。ヴィエンヌ河とロワール河の中州の丘の南向き斜面が主のこのエリアでも非常に良い出来栄えでした。


ここでは、1時間以上早く到着したのに、畑仕事を切り上げて、息子のブリスがいろいろ答えてくれました。クラシックな良酒から、モダンなもの、そしてちょっとお遊びなものまでいろいろ揃っています。

午後からは、更に東に進んで、トゥーレーヌのエリアへ、しかしこのトゥーレーヌ地区と言うのは、とても広いエリアをカヴァーしており、実際にはシノンやブルグイユなんかも含んでしまうような広域です。

なので、今回は東側のヴァランセに近いエリアを訪問しました。


訪問したら小さな村で目立つ直売所をやっていたので、ちょっと興ざめしたけど、畑を見てビックリ、そして味わってみてビックリ、結構掘り出し物だったようです!ヴァンサン・ロズリーのワインを早く紹介したいですね。


そして、このご婦人が持っているのは、カール・ド・ショームやコトー・デュ・レイヨンの素晴らしいデザートワインを味わってきた自分が、これはかなり旨い!!と思わず言ってしまったもの。でもこれだけではなく、どれも威力的なワインでしたので、ドミニクさんには必ず注文するから取っておくようにお願いしました。

今日も濃厚な一日、普段の生活以上に、一日一日が重いフランス買い付けの日々、皆さんに満足してもらえるワインを探して、明日も頑張りたいと思います。明日は更に東へ進みます!

続きは明後日くらいに更新出来ればと思っています。

阿保