2010年アルザス・シャンパーニュツアー<1日目>
2010.10.30 [Sat] 17:44


今年もラ・ヴィネが主催する生産者巡りツアーを行ないました。

今回はアルザス地方とシャンパーニュ地方をまわり、いいワインを飲み、
美味しいフレンチを食べ、フランスを満喫!!

何回かに分けてその様子をお知らせしていこうと思います。


<ツアー1日目>

今回はルフトハンザ航空にてフランクフルトに向かい、そこからシャトルバスで
アルザスの中心、ストラスブールへ。

ラッキーにもルフトハンザの飛行機はエアバスの最新型!

エコノミーでも恐らくエールフランスの座席よりも20%くらいは広く、ゆったりと
空の旅を楽しめました。

ストラスブールに行くには普通パリに出て、国内線かTGVなのですが、それだと
現地到着が夜の11時くらいになってしまうので、あえてフランクフルト経由に。
ちょっと朝は早いですが、8時くらいにはホテルに着くので、夜ご飯もちゃんと食べられました。


今回のホテルはストラスブールの中心地にある

「クール・デュ・コルボー」





カラスの中庭、という意味らしく、ホテル自体も中庭にあります。
外からだとちょっと分かりにくいですが、それがなんともいえないロマンティックな雰囲気。

四つ星だけあり、部屋もロビーも綺麗!

しかもノートルダム大聖堂まで徒歩5分の好立地です!

ストラスブールで色々見たいときはここはいいですね〜。


到着後、散歩しながら夜ご飯を食べに行きました。



これが噂に聞くストラスブールのノートルダム大聖堂!
凄いスケール感です。ランスの大聖堂は繊細で細やかな装飾が魅力でしたが、
ここは高さもかなりあり、遠くからでもしっかり分かります。

上に登ることもできましが、往復で660段!

足に自信が無い方はおやめになった方が・・・。


ストラスブールの町並みはやっぱり他のフランスの地域とは一味違い、
中世の面影?(ドイツ的な感じ?)が色濃く残り、心も浮き立ちます!

夜は暗いので写真は明日以降のブログで。


お腹が減ってきたので、近くのビストロでアルザス名物を!



これはタルトフランベ。
薄いピザ生地の上にベーコンや玉葱などをのせて焼いてきます。
ヴォリュームがありそうですが、薄いので以外に食べられます!

キノコやマンステールなどのチーズを乗せることも多く、
ヴァリエーションも豊富。

なかなか東京では食べられないので、いらした時は是非食べてみて下さい。

右の料理は野菜と豚肉のポトフを細かく刻んでジャガイモを添えています。

ベッケオフとかシュークルートとかこういう感じの料理がやっぱり多いですね。

ジャガイモもハードに食べるみたいです。

やっぱりドイツ的。


明日は日曜日なので、生産者訪問はなしで、アルザスの町を観光です!