ブルゴーニュ最終日
2009.04.24 [Fri] 01:39

こんにちは、中尾です。

今回の買い付けも最終日になりました。2〜3日ニュイを回りましたが、なかなか良い生産者(コストパフォーマンスですが・・)が見つからず、あせっていました。しかし、一番最後にびびっ!とくる生産者を見つけました。

マルサネのS・Pさんです。

 これまた入荷するまでお楽しみですが、結構有名ですね。
すべてのワインがビオディナミのブドウから作られ、かなりの頑固さを匂わせていました。今日もテイスティングの前は新しい苗木を植えに畑にずっと出ていて、ちょっと早く着いた私はかなり待たせれました。これもワインへの情熱の表れです。(電車の時間がかなりやばくなりましたが・・・)

早速畑を見せてもらいました。



 ブドウ畑とは思えないほど花が咲き乱れていて、ハーブや草もいろいろな種類が自生していました。これくらい極端な畑はなかなかお目にかかれません。しかも土はふかふかで、土の香りもぜんぜんいやな香りがせず、むしろいい香りなのには驚きました。ビオディナミ行うには多くの人を雇う必要があり、天候にかなり左右されるリスキーな方法ですが、すべてうまくいった時の味わいは何物にも変えがたいパワーを持っている、と彼は言っていました。

 

 34歳と若い彼ですが、そのワインはかなりの完成度を持ち、それぞれのキュヴェでしっかりとワインを造り分けています。テロワールに流されすぎていないそのワイン造りのイメージの明確さを感じさせれます。ちょっと値段は高いですが、トップキュヴェはマルサネの概念を超えた味わい。というよりもブルゴーニュ的味わいとは別の、彼のワイン、という感じです。また自分のストックしたいワインが増えてしまいました。