ブルゴーニュ2日目
2009.04.22 [Wed] 08:52

こんにちは、中尾です。

ブルゴーニュ2日目の今日はペルナン・ベルジュレスやモンテリーなどブルゴーニュでもあまり知られていない村を中心に訪問しました。これらの村や他にサン・ロマン、オークレ・デュレスなどは結構地味な村で、どんなワインができるかあまり知らない方も多いと思います。(そういう自分もそれほど知らなかったのですが・・・)

そこで、今回の訪問でその疑問を払拭すべく思い立ったわけです。

まずはモンテリー。この村はけっこう標高が高く、かなりしっかりとしたミネラルがポイントとなります。特に白ワインではそのキャラクターがしっかりと現われ、ブルゴーニュでも面白い個性を持っています。ローラン・ゴワロさんは醸造を任され、ジュヴレの有名ドメーヌでも働いていた実力派。



つぎはペルナン・ベルジュレス。ここはコルトンの丘を登って反対側にあり、やはり高い標高にあります。ワインはフレッシュでフルーティーですが、意識的にボディを厚くして全体のバランスを取ることが重要になります。
ロランはビオロジックでブドウ栽培を行い、しっかりとしたワイン造りをしています。



今日は他にも、手ごろな価格のピュリニーや結構古いヴィンテージも出してくれるムルソーなど収穫の多い一日でした!明日はニュイに突入です!