今、ラングドックです!(1)
2009.04.17 [Fri] 04:57

こんにちは中尾です。
実は先日から南仏・ラングドック地方に買い付けに行っています。恒例の買い付けの旅ですが、今年は私がトップバッターです。

今日から生産者の訪問をしていますが、初日からかなり良さそうな生産者を見つけました!

MAS DE LA SALLE(マス・ド・ラ・サール)
ラングドックでも北のエリア、ピク・サン・ルーよりもさらに北にあり、セヴェンヌ山脈のふもと、コルヴェ村に唯一あるワイン生産者です。ここは完全にビオロジックでワイン造りを行っていて、さらに周りに生産者がいないという最高の条件なのです。しかも造っているクロード・アリオーヌさんもかなりナチュラルな風貌。

ひげぼーぼーでセーターは破けているし、いつも笑顔でかなり面白い人でした。

このエリアはかなり冷涼な気候で、昼夜の温度差がかなりあり、風の強いことから、ワインに酸味とミネラルがしっかりと表現されます。特に白ワインが素晴らしく、絶対仕入れようと決めました!

ブドウもシュナン・ブランやピノ・ノワールなど南仏ではほとんど使わないものを植えていたり、輸出は全くしていなかったりと、かなり興味深い生産者です。

詳しいことは帰ってから。