ワイン会メニュー。1
2009.02.25 [Wed] 12:41

それではこの日のメニューを見てみましょう。


最初のメニューは「小松菜と鶏のささみのお浸し」
これにはユベール・ジャコブ・モークレールのクレマン・ド・ブルゴーニュを合わせました。
シャルドネが主体で少しアリゴテを加えてあるフレッシュなスパークリングですが、若干熟成感があり温度が上がると樽のニュアンスも出てくるタイプ。
上に乗せてある油揚げとも相性が抜群です!


2品目の先付けは「ホタルイカと菜の花のからし酢味噌和え」
これにも同じスパークリング。
からしとお酢に西京味噌、最後に柚子のピールをふってあります。
お味噌と酢の甘酸っぱさが心地良く柚子の風味もきいているので、スパークリングのフレッシュ感が際立ちました。


3品目は「蓮餅と京芋のニョッキ 蟹あんかけ」
蓮根と片栗粉を用いたお餅、それに少し焼き色を付けた京芋のニョッキです。
オリーブオイルで乳化させている繊細な味わいのあんが野菜の自然な甘みを引き立てていました。
ここに合わせたのは当店スタッフが昨年訪問したルマン・プイヨという造り手のサンセール・ブラン‘07。
サンセールらしいみずみずしさとハーブのような爽快なミネラル感、そしてコクのある高いエキス分が魅力的です。
ほんのりすこ〜しだけ樽っぽさがあるので、焼いた京芋とも◎でした。


今日のお造りはイナダ、メバル、ホウボウの3種類。
塩気の少ない濃口醤油と山葵で味わっていただきました。
ここでは三度スパークリング、そして先程出したサンセールの2種類で楽しむ事に。
試食に行く前はお刺身と白ワインで合わせようかと考えていたのですが、スパークリングでやってみるとこれがまた美味しい!
山葵の辛さがとても華やかに!!


という訳で前半はこのような感じ。
次回はメインディッシュやデザートの報告にいたしましょう。