いつか結ばれるより、今夜1時間会いたい。
2015.04.17 [Fri] 02:32

先日、職場で『色気』の話になりまして。
この会社で色気あるの誰だ〜って。

サンコー(52)とマサヒデ(27)と話してたんですけど。

わたしが

「○○さんみたいな気怠い感じうらやましいわ〜。で、あのムチムチボディ。
 マサヒデぇ〜これやってぇ〜あみ出来なぁい、とか言いたい」

って言ったら、サンコーさん

「いや(苦笑)Aのキャラでそれは無理だろ(笑)」

って言われて。

え、あたしってキャラある?って言ったら

「お前はあるさ〜(笑)」

って。

マサヒデ「あるね。」

って(笑)

え、ナニ、どんなキャラ??って聞いたら

サンコ−「太っい1本の芯が見える(笑)」

それキャラの説明なってなくね?と思ったことはスルーしてくれ。

マサヒデ「なんか…こうと決めたらそれに突き進むとゆーか…周りに影響されないで。でもなんか…ちょっと視野が狭くなってるようにも思うかなぁ」

/(^O^)\wwwwwwwwwwwwwwwww


とゆーわけで、視野の狭いAさんです。どうも。         

まぁ要は『我が強い』ってことですね^^
てか結局どんなキャラなんだよって話ですけど。

まぁO型でテキトーなこの2人がそう感じてるくらいだから
他の人達もきっとそう感じてるんでしょうね…と思ったわ。

それをどう捉えられるかは相手次第。



さて。

最近は仕事のことしか考えていません。
あ…あと、筋肉のこと。←

小林さんに言われたことも頭から離れません。

『この仕事で1番大事なことって何だよ?』
『辞めるなら、自分で決めたことをやり遂げてから辞めなきゃ意味ない』


そんな時、なんだか ふと、前職での出来事を思い出しました。

前職の病院内での仕事。
病棟回りで知り合ったおじいさん。早坂さん。

おじいさんと言っても、68歳だったかな?
自営してるだけあって、普通の68歳にしては若い感じ。色々と。

でもまぁ病人だから、そーゆー意味で老けちゃってた感じだね。

早坂さんは喉の病気で、出会った頃は筆談でした。
その後、喉に機械?を入れて少しずつ話せるようになって。

早坂さんは確か半年くらい入院してたんだけど。
まぁ個室の時もあったし、病気も病気だから、お話したかったんだろうね。

あたしが病室に行った時は、結構お話聞かせてくれてね。
仕事の話とか、人生観とか。

「アンタはなんか、孤高な感じするね」

なんて言われたりね(笑)

「ちょっと近寄りがたい感じするけど、話すと違うね。みんなそれぞれ主観が違うんだから、アンタはアンタのままでいいんだよ。」

って言ってくれたりして。

で。

早坂さんが退院する時、たまたま廊下で会って。
その時言われたんです。

「アンタがいたから、病院生活も楽しかったよ。ありがとう。」

って。


そんなことがあったなぁ…と最近よく思い出します。

小林さんに「無理だ嫌だで逃げて辞めてたら、どこ行っても繰り返すぞ。やり遂げてから辞めないと意味が無い」って言われて
ずっと引っ掛かってるのは、図星だからなんだけど。

でもなんか、上手く言えないんだけど…
やり遂げたとかそんな立派なことじゃないけど、
早坂さんがそう言ってくれたこと、思ってくれたことが
あたしが前職にいた意味の全てだと思うの。

あたしが本当にやりたいことってそーゆーことなの。

だから、何がしたくて、何が目標で、何をもってしてやり遂げたのかとか、
自分にしかわかんないんだよ。

いや、自分でもわかんないのかもしれない。

別に誰にわかってほしいなんて全然思ってないけど、
他人から見たら、ただ嫌になって辞めるんだろくらいにしか思われないよね。

他人から評価される筋合いなんてねーわ。
何がわかるんだよ貴様程度の人間に!!



まぁ未だにガキくさいことを言っております。30手前にして^^


これも何かの縁で、いいキッカケなのかな?とか
無駄にポジテブに考えてみてます今日この頃…


はぁ…石油王と結婚したい(´д`)

石油王と結婚したら、生活費は石油王にお任せで、
あたしは病院内のボランティアとか、デーサービスの送迎とか、
一人暮らしの老人宅を見て回る民生委員的なのやるんだぁ。

あとはパートかバイトみたいなのやって、
その稼ぎは実家に仕送りすんのぉ。

石油王へのプレゼントもその稼ぎから買うのぉ。

日本に石油王いないかなぁ〜。←


人生50年でいいよわ。


じゃ今日はこのへんで

このままじゃまだ終わらせることはできないでしょ。
2015.04.06 [Mon] 02:42

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

気付けば今年1発目の気まぐれ日記でした。どうもAさんです。

気まぐれすぎてごめんちゃい。



さて…
只今、非常にダークネスです。

なんかこう…仕事がね。ええ。

自分の気持ちや情熱的なものと、仕事の出来が比例しません。

それが自分の中でだけの問題で済めばいいんですが
そうはいかないのが人生です…

なんかホント…いい歳こいて糞ガキみたいなこと言いますけど。

この会社でね、この仕事したくて入社した人なんてあたしくらいですよ。
仕事とゆーか、お客様に他人様に誰かに何かしたいって気持ちや情熱的なもの
誰よりもあるって思ってる、思ってやってます。
時々ブレるけど。

わたしはそーゆー気持ちで仕事に臨んでるわけです。
そーゆー気持ちでこの仕事を始めたわけです。

でもどうでしょう、周りにそんなこと考えて働いてる人いますか?
まぁ人の考えてることなんてわかりませんから何とも言えない部分もありますけど。

求人に載ってたから何となく。
無くならない仕事だから。

そんな感じでこの仕事選んだ人が9割でしょう。
むしろあたし以外みんなでしょ。

同世代を見てみると…なんかもう言葉にも表せない、表したくもない。

まぁ…わたしから見ると、周りはそんなんなわけです。
まぁ別に誰が何を考えながら働こうが何しようが勝手ですけど。

じゃあ何が嫌かって、そーゆー人達より仕事ができない自分ですよね。ええ。

別に勝ち負けの話じゃないけどさ…
なんで仕事に対する気持ちでは負けないのに、
小手先の仕事効率で負けてんだ?と。

そんでまぁ会社とゆーか世間とゆーか社会とゆーか他人とゆーか。
それらが必要としてるのは結局目に見えることなんですよ。

必要とされ、評価されるのは、仕事ができる人です。
どんだけ気持ちがあっても、それが仕事に反映されなきゃ評価されんのです。

まぁ別に評価されるためにやってるわけじゃないけど、
個人単位でなら気にならないけど、評価対象が周りにいるとやっぱ気にしちゃうよねぇ…

まぁでも、気持ちでは負けてないとか上手いこと言ってるけど、
気持ちと仕事っぷりが比例しないのは、結局自分の努力不足って話ですけどね。うん。

だから何が一番嫌で腹立つかって、自分ですよ。


そんでまぁわたしには比較対象がいるわけです。
まぁタイプ的には真逆ですね。

明るい。
いつもニコニコ誰にでもニコニコ。
誰にでも合わせられる。
仕事テキパキ。

う〜ん…もっとあるけど思い出せない。

まぁ別にこの人…同期なんですけど、
同期はいいんですよ。別に。

ただ、あたしと同期を比較する人ね。ザキヤマ。

以前、リアタイに書いたけど、この人絶対褒めないのね。
別に褒められたいわけじゃないけど。

あれダメこれダメ、あれはこうしてこれはこうして。
挙げ句の果てには「同期はできてるけどAちゃんはできてない」とか言う(苦笑)

まぁ要は、同期の評価は高くて、
その同期を見る視点であたしを見るとゆー。
そして酷評。

上司としてどうなの?とゆー。苦笑

なんつーか…
そーゆー風な見方しかできない人に、評価なんてされたくないしね。

つーか、あたしの先入観的にも、ザキヤマ同期のこと好きだからさ。
同期みたいなタイプの子好きなのよ。明るくて、誰にでもな人。

あたしそーゆー人じゃないじゃん。
そーゆー面でも比べてくるんだよね。
なんなら「Aちゃんも同期みたいになったら?」的なスメルもするしね。

なんでオメーの好みになんなきゃならねぇだっつーの。

まぁわかるよ、言いたいことは。
ただね、ヘタ。人育てるの。
あたしの立場から悪いけどさ、そんなんじゃ人育たないよ。

ましてや、アクの強いあたしなんて(苦笑)
そんな見方しかできなくて、その程度の表現でしか言えないお前程度の奴に何も言われたくねーわ。


そしてまぁわたしは家族を亡くした人達に何かしたいって思って働いてるわけですが。

お客様のアンケートにね、ザキヤマのこと書いてあったの。
まぁ要約すると「葬儀代ボッタくられた」と。

ザキヤマは打ち合わせやってるんだけど(俗に言う葬祭ディレクター)
打ち合わせの人達は、棺とか花とかをランクアップさせて歩合が変わってくるのね。
それが手当になって給料に反映すんの。

で、そのアンケートには

「請求書を見て驚いた、何も説明がなかったのに特殊処置をされていて高額な料金をとられた」

的なことが書いてあった。

わかるよ。仕事だもん。
わかるんだけど…

あたしの仕事に対する気持ちには反するよね。

そーゆー営業をしてる人に何も言われたくないとゆー。

ヒロシさんみたいにさ、自分の手当てそっちのけで、
お客様になるべく安く・無駄なお金使わせないように営業してる人になら
何言われても誰と比べられても何も言わないよ。

でもザキヤマはどーよ?
営業の仕方、一緒に仕事した時の仕事の仕方、人の見方、普段の言動・なりふり…
なんも尊敬できねーわ。見習う所ねーわ。


まぁザキヤマのそーゆーことも然り。
結局、中身よりガワだよな…然り。
何より自分の出来の悪さにもう意気消沈です。

これをバネにする強さもありません。はい。

自分に負けてる人大嫌いですが、
自分が1番自分に負けてました。

てかなんか…なんなんだろうあたしって。と。
何がしたいんだ?と。

で。

こないだ小林さんと一緒だった時、ちょっと待ち時間あって。

「遅かれ早かれ、来年の3月には辞めるわ」

って話をしたんです。
来年の3月でちょうど3年だから、3区切りでね。
良い事あっても悪い事あっても辞めると。
元々30歳までには辞めるって思って働いてますから。

「ふーん…なんで?」

と小林さん。

「うーん…まぁ3月で3年だし、ずっとここにいるつもりなかったし」

とか何とか言ったら。
まぁちょっとここには書いてないけど、ちょっとした出来事の話を出してきて。

「まぁ今回のことは俺もどうかと思うけどなぁ、こんなんじゃ若い人育たないって。それで今まで何人辞めていったってなぁ…全然わかってないよ、この会社は」

いや、あたしが辞めるのとそれは関係ない。って言ったら

「実はなぁ、ヤマちゃん(ザキヤマ)に相談されてたんだよ。こーゆーことがあったんですけどAちゃんにどう接したらいいですか?って」

なんだそれ(苦笑)
どんだけ女々しいんだよ。

んでまぁ、ザキヤマはこうでこうでこうだから…って話をしたら

「お前と同期を比べることが間違ってる。個々の人間なんだから。お前みたいに個性の強い若い人間と、誰にでも合わせられて10歳も離れて10年多く社会に出てて離婚も経験してる同期と比べるのはどう考えたってオカシイだろ。
 お前と同期を同じ目線で見て、ましてや比べるなんてヤマちゃんもまだまだだな。そんで会社もこの評価、お前が辞めたくなる気持ちもわかるけどな」

「…いや、でもそこじゃない。別にその件で辞めたくなったわけじゃない。自分で言うのはおこがましいけど、あたしはこの仕事したくてここに来たし、仕事に対する気持ちは誰にも負けてないと思ってるけど、自分の気持ちと仕事の出来具合がなんてゆーか…ズレてる。
 実際、悪いけど、何にも考えないで仕事してるような人達に負けてるし…」

って言ったら

「負けるって何?何に負けてるの?」

と言われ

「負けるってゆーか…実際○○君とか評価されるじゃん。何考えて仕事してんのわからないようなさ…」

とガキのようなことを言う。

「評価が何なの?この会社の連中の評価なんて意味ねーだろ。この仕事で1番大事なの何だよ?」

このオッサンは…いつもあたしの心にガツンとしたものを投げてくる。

「だって…いくら気持ちがあっても、別に評価されたいわけじゃないけど、他人なんてガワしか見てないよ…」

「まぁそれはなぁ…お前それでいいの?負けたままでいいの?」

「わかんない」

子供か(苦笑)

「お前って、前何してたの?」

接客業的なのを転々と…って言ったら

「まぁちょっと言い方悪いけど、ちゃんとした仕事しないで転々として、嫌なことから逃げてたら繰り返すだけだぞ。仕事を変えるのが悪い事なんじゃない、自分で何かやり遂げることを決めて、それをやってから辞めるから意味があるんだよ。
 嫌だから辞める無理だから辞める、そんなことやってたらずっとそのままだから。どこ行っても同じことの繰り返し。それじゃお前もチダと同じだぞ。そんなんじゃお前らしくないだろ」

と、千ノ ナイフガ胸ヲ刺スようなことを言われました…


この仕事で1番大事なの何だよ?
負けたままでいいの?
チダと同じだぞ。
そんなんじゃお前らしくないだろ


表情変えず、まばたきひとつせず、女優のように泣いてしまいました…
汁女優です。←


なんか…なんだろ、いろんな可能性?を見すぎて
自分が本当にやりたいことを見失っていたような気もしています。

てゆーか何がしたいんだろう、自分。

もはやそこです。

でも…辞めるのは決めたから、次に進むべく、
自分は何がしたくて何をしなきゃいけないのかを明確にして、もっと明確にして!
周りの評価なんて気にしないで、自分に負けないで、我が道を行くのだ!

ただ、小林さんにだけは評価されたい。
褒められたいし認められたいよ。

なんか浜崎にそんな歌あったな…
♪あなたにだけは褒められたい〜叱られたい〜って。


やっぱ小林さん超好き、小林さんに会えて良かった。って言ったら

「あっそ。」

って言われたwwww


…とまぁ、そんなダメダメAさんの近況でした。
ホントダメ人間だわ。仕事続かない、続けられない人間。

なんで働かなきゃいけないんだろね。
なんでそこまでして生きなきゃいけないんだろ。
何か意味があるもんなのかね?


先日…
昔働いていたパン屋の前を通った。

わたしが働いていた頃いた人が、まだ働いていた。
当時で7年いるとか言ってたから、もう12年くらい働いてるのかな?

パートで実家暮らしで、特に志もない人だったけど。

続けることが大事なのかな?


大事なことって何だろう。


じゃ今日はこのへんで

死ぬ間際に悔いはないと思うように生きてたいだけ。
2014.12.30 [Tue] 01:05

2014年も終わりですね。

歳を重ねるにつれ、1年がしこたま早く感じてきましたが
最近では1週間、1日でさえも早いです。

1日24時間なんて、どこのどいつが決めやがったのでしょう。

足りません^^

明日には秋田へ帰郷しますので
今日のうちに今年の振り返り…
とゆーか今年最後の日記を書いて眠りましょう。


未だにDIR EN GREYの新アルバムを買っていない、エセファンのAさんです。どうも。

マジ金がない(苦笑)
なんでこんなに金ないんだ…



さて、2014年ですが…
まぁ何かあったと言えばあったし、無かったと言えば無い1年でした(笑)

まぁとりあえず、ちょっと痩せたことですかね。ええ。

自分のこと褒めたり、何が好きとか思ったりすんの嫌ですけど(そもそも無いしそーゆー所)
このダイエットとゆーか…減量計画?に関しては
まぁそこそこ頑張ったんじゃね?自分。と思います。

あとは…仕事ですね。ほぼ仕事。
やっぱり仕事。笑

なんだろ、あたし意外と仕事人間なのかなぁ?笑

友人・富樫はめちゃめちゃ仕事人間だなって思うんですけど、
自分には富樫みたいなガッチガチの仕事感は無いと思うんですけど…

ただまぁ、やりたくない事を仕事にはしたくないし。
仕事は金を稼ぐためのツールであり、それ以下でもそれ以上でもない。的なのも嫌だし。
趣味の資金稼ぎのための仕事だ〜的なね。

わたしはいつも目標を持って情熱を持っていたい。
どうせ過ぎ行く時間なら、もっと有効に過ごしたい。


先日も…自分の不甲斐なさ、力不足さにガッカリしました。
お客様をお見送りする時、涙が出そうになったけど
なんとか堪えて、お客様が見えなくなった時に涙がこぼれました。

泣いたんじゃないです、
泣きたくなんてないけど溢れてくるのです。

別に…仕事内容としては、今のままでもそんなに不満はないけど…
正直、物足りなさを感じてるのは事実だし
もっとやりたいことあるし、もっと自分できるだろ?とも思うし。

ただ、その壁がなかなか乗り越えられない。
ガッカリする。自分に。

だからもう、このままでいいじゃん…とか弱音思っちゃう時もある。

でも、そんな時いつも思い出す。
この仕事しようと思った時のこと。

今のあたしがあの時に戻ったとしても、あたしにはまだ何もできない。
あの時に戻れなくても、今目の前にいるお客様にも何もできない。

今のあたしができる事は精一杯やってるつもりだけど、
それじゃ満たされない。お客様も、自分も。

なんか、そんなことを考えていた1年でした。

考えるだけで終わっちゃダメだよね。意味ないよ。
ちょっとは前に進めたのかな…わからないね。

あたし、自分が思ってたより仕事できない人間だからさ(苦笑)
非常にスローペースです。使えないです。

でも、仕事に対する想いは誰にも負けたくない…
負けたくないとゆーか、熱を持っていたよね。
ただ働いてるだけの人間にはなりたくない。ならないけど。

食生活もそう。
周りが何て言おうが、自分で決めたことはやるんです。
ちょっとくらい大丈夫だよ〜って、んなこたぁわかってるけど、ダメなもんはダメなの!


要は『自分』なんですよ。

もうね、少しはブレる余裕欲しいですけど
ブレなすぎて困っちゃいますよ(苦笑)

ですからまぁ、来年も変わらず…もはや未来永劫変わることはないでしょうけど。

自分の道は、自分で決めて行くでしょう。
リスク承知でもね。

まぁ…リスクのない道なんてあるんですかね?
そんな甘くないでしょう、生きるってことは。


年末年始ももちろん、
年越しそばは食べないし、お餅も食べませんよAさんは^^

でもま、栗きんとんくらいは食べようかな…


そんなAさんですが、来年もどうぞご慈愛を…
今年もありがとうございました(^O^)/


Aさん

ただ大声で叫んでそれと同時に僕も自分の言葉で自分を奮い立たせる。
2014.11.22 [Sat] 00:05

FaceBookにアクセスしたら
友人・富樫が、友達にコメントとかイイネしたみたいで
その友達の記事が載ってたので見たんだけど。

富樫の友達だから、多分同い年とか同世代でしょう。

仕事のこと書いてて。

ジャンルが違うから尚更感じたのかもしれないけど、
自分と同じくらいの人がこんなスゲーことやってるんだ…って思って。

自分にガッカリした。

どんな仕事か、とか
どんだけお金もらってるか、とか
そーゆーのはどーでもいい。

あたしは今の仕事を好きでやってるし、
それこそフィールドが違うからね。それぞれ。


今あたしは、次の段階へ行く山場にいる(笑)

今日もそれに向けての仕事具合だったんだけど…
自分の出来の悪さに凹みすぎてハゲそうだ…

まぁ…最初から完璧な人はいないから…
でも、お客様にとってはベテランも新人も関係ないでしょ?

あたしは、お客様には100%で応えたい…
と、常日頃思っています。

いわゆる、完璧主義かもしれません。ある意味。

完璧でなきゃ「いけない」。

完璧にできない自分に心折れそうです。
完璧になんてできるわけないのに。ヒヨッコが。


そんな撃沈しながら、FaceBookで富樫の友達の記事を見ました。

自分の糞さと、同世代なのに働く人間としてのこの格差…
悔しいとゆーかなんか…

クソッ!!!!!!!!!ってゆー(笑)
自分糞すぎ何なの!!!!!!って。

でも、この人達もきっと何度も壁にぶち当たって、乗り越えてきて。
その結果が今なんだきっと…

と思ったら、こんなちっちぇ事でウジウジしてらんねー!!!!!!と思った。

失敗しない人なんているかっ!!!!!
最初から全部できる人なんているわけネーだろっ!!!!!!と。

あたしはどんな人になりたくて、何がしたいんだ!どうなりたいんだ!



あらためて、自分に問いかける…むしろ問いつめる、いいキッカケになりました。笑

こんな、壁にも値しない、石っころにつまずいたくらいで
ピーピー言ってる自分がマジ気持ち悪い。大嫌い!

こんな人間大嫌い!ダッセェ!カッコわる!

クソッ!
あたしをナメんじゃねー!!!!!←


だからまぁ…最初はね、しょーがない。できなくても。
そんな時期のあたしに当たってしまったお客様、本当にごめんなさい。

でも一生懸命やります、今はそれしかできないです。
お金もらってるのに本当にごめんなさい。

上手くできなかった分、倍の倍の倍のお客様に満足してもらえるように努めます。

そーゆー問題じゃないけど…
お客様は1人1人別ものですから…


しかと見届けよ!!!!!!!!!!!!


クソッ!!!!

沢尻エリカや北川景子や石原さとみになんて負けてらんねー!!!!!!!

※同学年なのです…(トップシークレットだぞぇ!)

まずは目先の明日頑張るのだ!!
今日の出来の悪さは明日の出来で挽回じゃーーーーー!!!!


じゃ今日はこのへんで

109に増えてしまった煩悩。
2014.11.03 [Mon] 19:07

情緒不安定なAさんです。どうも。

なんかまぁね、ここ最近は不安定です〜。
MAXイライラしたり、フツーに疲れてたり、嬉し楽しかったり…

もうね、仕事の終わり際はキャラ崩壊してるよね^^
ラリってた頃の のりピー状態。
マジうぜー(´д`)扱いです。


どれ…んじゃあまずイライラエピソードから発表しますか。

はい、今回もAさん愚痴ぶちまけ独演会です。

おめぇの愚痴なんて読みたくねーよ!毎回毎回よぉ!な方や、
こりゃまた長くなりそうだな…今そんな読んでる時間ないわ〜。な方は
ここいらでストップ推奨。



で。

先日ですね、通夜中に電話がかかってきたんですよ。

つーか、あたしの出勤を把握してるかしてないかはしょうがないとしてもね。
同じ仕事してんならさ、通夜の時間帯なんて大体決まってんだから
そーゆーの考慮して電話してこいや。とか思うわけですよ。

しかも電話の相手、杉山。糞ガキ。

はい、Aさんのイライラ倍増。

電話出ました。

「お疲れさまです杉山です今大丈夫ですか」

棒読みキターーーーーーー

大丈夫なわけないよね^^
微妙ですが…どうしたんですか?と言うと

「○○でやったチバ様の返礼品、返品しましたか」

と。

は?????
何なのその自分だけわかった会話?
こっち仕事中なんだけど?

しかも電話の後ろから声するから、会社から電話してんのね。
だったらあたしが今どこにいて通夜やってるとかわかるじゃん。
そーゆー配慮の無さね。

話の意味も全然わかんねーし。
いつのチバさんですか?って聞いたら、2週間前くらいのお客様で。
んなモン今通夜中でわかるわけねーだろ(゜Д゜)って。

どんだけ常識ねーんだよ。
つーかこちが通夜やってるってわかったら「あとで電話します」だろ。

「今わからないならいいんですけど急ぎじゃないんで」

とか、あの言い方で言ってきて。
だったら今言うなや(゜Д゜)だし。

結局、後で折り返しますって電話切って。
堪えきれないイライラを営業スマイルで隠し接客。

一通り仕事を終え、再び杉山へ電話。
何がどうしたんですか?と。

まぁ要はあの〜、お葬式の時に香典を渡すと、何かもらうじゃないですか。
あれを返礼品って言うんですが、返礼品は使わなかった分は返品できるんですよ。

その返品分が某会館に置きっぱなしだったっつー話なんですね。

いや、つーか2週間も前の物が置いてあって
その間誰も気付かないとかありえないでしょ(苦笑)って話なわけですよ。

でもそれが、返品分なのか、お客様が持って帰る分だったのかわからないと。
どっちなのかわかりますか?返品しましたか?って話だったんだですね。

いやいやいやいや。
どっちなのかわかりますか返品しましたか?じゃなくてさ。

司会お前だろ?って話なわけですよ。
何個返品すんのか持ち帰んのか聞いたのお前だろ?って。

「私も何個だったか忘れたので…覚えてますか?」とか言うなら可愛いよ。
そんな言葉なん〜〜〜〜〜〜〜にもないから。そしてあの言い方と声。

自分は悪くないってテイで話してるからね。
救いようねぇ馬鹿だわ。

「わたしもちょっと思い出せないんですけど…お客様に確認したの杉山さんですよね?覚えてないんですか?」

って言ったら

「う〜ん…」

とか言うわけ。

なんなん?苦笑

人にはガッツリ聞いてきて、こっちが聞いたら「う〜ん」て。
何なの?

つーかこっちだって売り言葉買い言葉みたいに、
聞いたのそっちでしょ?みたいなこと言いたくないけどさ。

普段のアイツの言動だの態度みてたらさ、助けたくもなくなるよね。
おめーのために犠牲なんて絶対なんねーし。って。

んでまぁ、あたしの他にもう一人その場にいたから
そっちにも連絡してみたらどうですか?って言って一旦切って。

少し時間おいてから、また電話したわけですよ。

Aさんの本当のイライラはここからなんですよ。笑

で。

さっきの件どーでした?って聞いたら

「犯人はカツヤさんでした」←嬉しそうな声

って。

はい、Aさんプッチーン。

何スか、"犯人"て?????????

その返礼品うんぬんは割愛しますが。

ナニ、犯人て?
おめぇ1人で仕事してんのかよ?

おめぇそのカツヤさんに何回助けてもらってんだよ。

ひとつの葬儀をみんなでやってるのに、
何かミスが起きると、自分は関係ない知らない聞いてない見てないそこに居ないって。
そして犯人探しする。

みんなでやってんだから、みんなのミスでもあるだろ?
それに気付かなかった周りのミスでもあるんじゃないの?

今回は杉山だけど、みんなそうだよ。
自分を正当化して、自分の潔白を証明して。

馬鹿じゃねぇの?

1人で仕事してんのかよ?
1人でお客様の葬儀やってんのかよ?

そうやって自分の保身にばっか精を出す馬鹿もいれば、
業者にデカいツラする馬鹿もいる。

お前ら1人でやってんのかよ?って。
料理作れんのか?便所掃除やれんのか?花の出し入れできんのか?って。

本当にイライラする。


そして杉山の話に戻るけれども。

この仕事はさ…他の仕事知らんけど。
自分の全く知らないことで、いきなりお客様に怒られたり文句言われたり謝ったり…
そーゆーことがい〜〜〜〜っぱいあるんですよ。

当たり前ですよね、お客様にしたらスタッフはみんな同じなんですから。
この会社の人って見てるんだから。

だからさ、自分の知らない所で、自分のやらかしたことを
全く関係ない人が謝ってくれてたり、怒られるかもしれないわけですよ。

でもさ、みんなはどう思って働いてるの知らないけど、
あたしは、この会社にいる以上、ましてやこーゆー仕事柄だし、
全然知らない見当もつかないことでお客様に何か言われても、
自分は知らない関係ないなんて勿論言わないし言えないし、そーゆー風に思ったりもしないよ。

まぁ多少イラっとはするけど、
あたしの知らない所であたしのしたことで何か言われてる人もいるかもしれないじゃん。
そう思ったらお互い様じゃん。

亡くなった個人様を病院に迎えに行く人がいて。
ご遺族と打ち合わせする人がいて。
自宅に飾りに行く人がいて。
看板作ったりする人がいて。
料理だの返礼品だのを発注する事務作業する人がいて。
通夜葬儀って儀式を行う人がいて。
そこにはいろんな業者も入ってて。

ひとつの葬儀やるためにいろんな人が関わってるんだよ。
みんなでやってるんだよ。

どのツラさげてどんな口が『犯人』なんて言うんだね???????

お前が何回も何回も同じことでお客様からクレームつけられて、
その度に何人の人がお前のためにお前の知らない所でお客様に頭下げてると思ってんだよ。

つーかもう…押し付けがましいけど、何がしたくて働いてるの?って感じだよ。

ホントに嫌だ、何も考えてないような人と同じ時間を過ごさなきゃいけないの。
まぁ他人の頭の中なんてわかりっこないから何とも言えないけど…

思いやりとか気遣いとか…無すぎだよね。
杉山だけじゃないけど。

なんかもうわかんないけどさ、1人でやってるんじゃないって思うとさ、
そーゆー言動ってできないと思うんだけどなぁ…

自分という人間がそこに居る前に、まず相手がいるんだよ。

まぁ…杉山さんももう25歳ですから?
25年間そうやって生きてきて、尚かつ家庭内もそのような環境なのでしょうから?

もう無理でしょうね^^

劇的な出会いでもないと変わることなんて無理でしょう。
まぁそもそも本人、そんな自分を微塵も悪いと思っておりませんから?
「私はこーゆー人間なんです」の一点張りですから^^

世間知らずもいいとこデスネ。
親のツラが見てみたいとは正に。

まぁね、そんなクソガキにイライラしてしまうわたしもわたしですけれども。
なんかあの人を見下してるとゆーか馬鹿にしてる感じが許せないんだよねぇ。


みなさんもね、思いやりの心を持って
日々過ごしていただきたいなと思います。

長くなりすぎたので、エピソード2は後日…気が向いたら…
そっちはそっちでもう…嫌になります。マジで。


じゃ今日はこのへんで

過去の自分が今僕の土台となる…
2014.10.02 [Thu] 22:53

コンビニのトイレが使えないAさんです。どうもお久しぶりです。

すみません、ドSすぎる放置プレイをしておりましたorz

ってまぁ、リアタイ見てくださってる方々しか見てくれてないでしょうからアレですけどね(笑)

とゆーことで、コンビニのトイレ無理です。
正確には、男女兼用のトイレが無理です。はい。

潔癖ではないんです、必ず座りトイレ使いますし。
ただ、男女兼用が嫌!

以前、飲み会の帰りに、ど〜してもトイレに行きたくなって。
でも場所は飲屋街、なかなかトイレ見つかりません。
設置してないんです、酔っぱらい来るから。

やっと見つけたのはコンビニ…もちろん男女兼用…
だがしかし、もはや尿タンクは満タン状態。

今回ばかりはしょーがねぇ!!無理!!



背水の陣でオープン・ザ・ドアー!!

…便座が上がっているではなかろうか(´д`)!!

クローズ・ザ・ドアー…

パタン。

だがしかし…!!
もはや歩く振動さえ響くほどの限界状態。

えぇーーーーいっっ!!
おどれ男女兼用ーーーーー!!!!!←?

オープンザドアー・アゲイン!!!!

便座をバーンッ!
意を決して、両手の親指をパンツにかける!!

( ̄皿 ̄)!!!!

((( ̄皿 ̄)))!!!!

(((((;; ̄皿 ̄;;)))))!!!!


………ムリorz


パンツに手をかけ、半腰にまでなったが無理だった…
結局家まで我慢しました…

まぁでも、居酒屋とかでトイレ1個しかない時あるじゃないですか。
そーゆー時は…まぁトイレットペーパーを敷いて使ったりしますけどね…

でもまぁ極力使いたくないです。
なんかこう、気持ち的にオエッ(´д`)てなる(苦笑)

ヤバいな、老後に清掃の仕事できないな…

他にも潔癖なとこあるんですが、またの機会に…
ネタがなくなるので(笑)

てか潔癖ではないんですけどね。家ぐちゃぐちゃだし。
変なこだわりですよね。O型特有の。

血液型のこと言ったらアレですけど、これは結構当たってると思いますよ。
周りのO型の人見てみて下さい、変なとこに異常にこだわってますから!

普段はだらしなくて、好きなようにやっていいよ〜とか言うのに
変なとこに妙なこだわりありますから!



さて。

生まれ変わって、人生やり直したいです。

苦笑。

生まれた場所も、育った環境も、…親も、全部生まれ変わりたい。

今のわたしを作った過程で、生まれ変わっても残したいのは友達だけです。
それ以外はなんか…うーん。やり直したい。

いつからだろう…なんだか家族に対する想いが薄れてきました。
ちょっと前までは、後にも先にも家族!って感じだったんですけどねぇ…

なんか妙に冷めてます。今は。

まぁそこの話は置いといて。

なんでしょうねぇ…

自分にも相手にも嘘はつきたくないって生きてきましたけど。

肝心な時に自分に嘘ついたり、
その頑固さが仇になったりして、そーゆー自分が嫌になってきました(苦笑)


過去は変えられないけど、今や未来は自分次第でどうにでもできる。

と、思ってはいるんですけど。

なんか今、嫌なことばっかり思い出して、考えて、ひどく憂鬱です。苦笑

生まれ変わりたいです(苦笑)


あれもダメこれもダメ…じゃあどーすりゃいいんだよ!

…ってまぁ、全ては自分の力不足が原因なんですけどね。
力不足、努力不足。

自分のケツは自分で拭わにゃならんのです。


じゃ今日はこのへんで

今日も君は信じること忘れずに目覚められていますか?
2014.08.01 [Fri] 03:09

いや〜ワンオクいいっすね。
ヴォーカルがいい。うん。

歌うめ〜。

わたし、『じぶんROCK』と『Nobody's home』って曲が好きなんですけど。
この2曲は日本語なんですけど、他ってほとんど英詩なんですよね。

日本語の曲もっと歌ってほしいですね〜。
日本語の方が絶対ヴォーカルが生きるよ、日本人は。

でもなんか、英語も上手いですよね。
イーオンとか通ってたのかしら?

いやしかし、この2曲はカッケェですな〜。
曲とか歌詞とかじゃなくて…まぁそーゆーのも諸々含めてですが、
ヴォーカルかっけぇ。マジで。

じぶんROCKは歌詞もいいですね。ええ。

なんか、わたしの周りや今まで見てきた若者達は
諦めること、キレイを繕うこと、他人に悪く思われないこと、
やりたいこともなければ目標もない、世間の流れに身を任せましょう…

まぁそんな事などに美徳を感じている人しか見受けられないので
マジ終わってるわ(´_ゝ`)って日々思っているわけですが。

でもワンオク聴いたら、こーゆー若者もいて頑張ってんだな…って思って、
頑張ってんだなってゆーか、そーゆー気持ちを持って生きてんだなって思って。

なんか色々想うことがありました。


そんなわけでまぁ、たまにはこっちにタラタラと語ろうと思います。
皿顔金太郎のAさんです。どうも。

もはやマッチョキャラです。ええ。



さて。

先日はマジギレしてしまいました(^O^)

パン屋時代の石田という女以来じゃないでしょうか、他人にマジギレするなんて。

いやぁねぇ…我慢しようかなぁとも思ったんですけど…
果たして、我慢することがコイツの為に、はたまた周りやお客様のためになるのか?と。

まぁ単に我慢ならなかったってのもありますが(笑)

で。

その怒りの矛先ってのが、杉山(25)とゆークッソガキャア(゜Д゜)です。はい。

以前、こちらに少々書きましたが、
お前なんでサービス業やってるんじゃい。しかも葬儀だぞクラァ。って奴。

無表情、無愛想、コミュ障…なんかそーゆー糞ガキ。
思いやりもねぇ。

はっきり言って、仕事する資格ないです。
しかも葬儀屋ですよ?他人様の最後のお別れに携わる仕事なのに。

そんでまぁ、うちの仕事は
立会(りっかい)→司会→打ち合わせ
って進んで行くんですけど。

あろうことか、杉山が司会者になったわけですよ。

どんな会社だよ(苦笑)
もはや、そこに問題があるわ。杉山に司会をやらせてしまう。

つーかね、あたしの立場から言うのはアレですけど、
司会なんてね、紙見ながら読めばいいんだから誰にでもできるんですよ。

でも司会者の本当の仕事はそれじゃない、
お客様とのコミュニケーション、寺とのやりとり、立会者達をまとめることですよ。

それが杉山にできんのか?っつー話ですよ。

でもまぁ…頭ごなしに否定すんのもね、アレですから…
やらせて成長させるってゆーやり方もありますし…

だからさ、わたしもね、ちょっとだけ期待して現場に行ったんですよ。
杉山が司会になって半月経ってたし、心を入れ替えて変わったのかもしれない!って。

いや〜…
そんなわたしの淡い期待は、ことごとく崩されましたね。ええ。

全然変わってないやん。
お客様にも寺にも、今までのまんまやん。

お前仕事ナメてんの?

と。

そして先日。

また杉山とか…と憂鬱な思いで出勤すると。
何がおもしろくねぇんだか知らねぇけど、愛想のカケラもねぇツラで、
蚊の鳴くような声で「おつかれさまです」って入って来て。

まずそっからイライラスイッチがONになったわけですが。

つーかね、コイツね、喋り方にも問題あるんですよ。
ホントにイラつく。イラつかない人いないから。

そしてそのままでお客様に行くからね。
おめぇ馬鹿か?って。

んで、ボソボソボソボソ誰に喋ってんだかわかんねーし、
わたしがブチギレた一言は、説明がめんどうなので割愛しますが、
とりあえずAさんブッチーーーーーン来まして。

「何考えて仕事してるんですか?」

って、25の糞ガキに真顔で言ってしまった/(^O^)\

「相手のこと考えて話しようとしてます?お客様のこと考えてます?そーゆー自分のことどう思ってるんですか?」

挙げ句

「杉山さんとは働きたくありません」

ってwwwww
朝一でwwwwwww

鬼だな(笑)
何言ってもわかんねぇ糞ガキに。

しかもニヤデレキャラのわたしが。
ゾッとするわ(苦笑)

そして杉山は

「(無愛想なことに対して)そんなつもりはありませんでした…」

って。

「そんなつもりなくても、相手がそう思ったなら意味ないじゃないですか。お客様だったらどーするんですか?」

はい、すぐ否定\(^O^)/




まぁ最高にイライラして1日がスタートしたわけでしたが。

てかね、彼女はね、自覚がないんですよ。
だからムズカシイんです。
こっちも言いづらい。

多分ね…友達いないんですよ。
そしておそらく、親もね、糞なんですよ。つーか親が悪いんですよ。

だからね、人とのアレがね、無かった子なんですよね。多分。
だからわからないんですよ、彼女は。
自分の何が悪いのか、何を言われているのか、自分がそれをできてるかできてないのか。

まぁ憶測でしかないですが…9.5割は当たっているでしょう。

して、変に我強いから、伝わらないし、あっちも聞かないし。

まぁ、みんな口を揃えて「あれでも大分良くなったんだよ」って言うけど、
あたしは彼女より1年後に入ったからわからないけど、
今で大分良くなったなら、昔どんなんだったのよ(゜Д゜)て。

つーかね、良くなったのは評価しますよ。
ただね、うちらの中で良くなったんじゃダメなんですよ。

うちらの相手はお客様なんですから。
お客様にこっちの事情なんて関係あります?
これでも良くなったんです〜なんて通るわけないでしょ。

だから、仕事ナメてんのか?っつー話なわけですよ。


まぁあとは、わたしの個人的なアレも入ってきちゃうんですけど。

あたしはね、お客様のためにと思いながら、日々仕事してるわけですよ。
この仕事を選んだのも、そーゆー想いがあったからだし。

あたしのそーゆー気持ちがですね、杉山と一緒に仕事をすることによって
お客様に否定されるわけですよ。

1人のミスは全員のミスなんですよ。

ましてや、司会とゆー立場にいて、お客様にあんな態度で接客されたら、
他の人間も同じ扱いになるわけですよ。お客様からは。

本当にね…迷惑もいいとこですよ。

まぁ杉山に限った話じゃないですけど
志が違う人間と一緒にいると、こーゆー問題が起きるんですよね。

あんたらが何を思って仕事してんのかなんて知らないし興味もないけど、
あたしの邪魔すんじゃねーよ!ってね(´_ゝ`)

そんなワガママなこと思ったりもします。



なんか…ずっとそう思って生きてきたけど。
最近あらためて思いました、自分は自分でしかないって。

世の中には…とゆーか、人それぞれに価値観があって、
でもなんかそれが一般的なものとして通ってる場合も多々あって。

大部分の人は、それに合わせて生きてるな〜って思うし、
多くの人が共感してるんだから、間違ってることではないとも思います。
むしろ、正しいからみんな従順してるんだと思うし。

でもなんか…
もっとこうしたらいいのに…とか、
あたしだったらこうするのに…とか、
やっぱりあたしの答えは違う…とか。

なんかそーゆー想いを捨てられない。諦められない。

諦めたくない。

まだやりたいこともあるし、このまま終わりたくないし。

周りのせいや時代のせいにして、
自分を守ることがエライんだ、みたいな風潮ありますけど。

ありますけどっつーか、今も今までも、みんなそーゆー風にしか見えませんでした。

周りのそーゆー価値観に惑わされたくない。
惑わされないけど。絶対に。


強くて清い女性になりたいと思う今日この頃であります。


じゃ今日はこのへんで

だけどそれは僕の最大の嘘であり真実だったような気がする。
2014.06.17 [Tue] 23:57

ロッベンのダッシュがハンパない件。

あ、オランダ代表のサッカー選手ね。ハゲてる。

いや〜あのダッシュには…(笑)
すんごいよ(笑)

猛ダッシュからの切り返しね。
どんな下半身よ。
そりゃ髪抜けるわ。(関係ネー)

ハゲてるからさ、結構歳なのかな〜って思ってたら意外と30歳なのね(笑)
ハゲってゆーか…坊主なんだけど、真ん中トゥルトゥルなんだよね。うん。

そしてまぁハゲてるし老けてるんだよね。うん。


そんなわけでまぁ、オッサン好きですがロッベンは好みじゃありません…
どうもAさんです。

オッサン…いいですよねぇ(*´`*)
オッサンにしか心躍らない…

あ、でも、こないだ久しぶりに若い人をカッコイ〜(゜∀゜)と思いました。
若いと言っても多分34,5歳だと思いますが(笑)

某寺の若住職。
目鼻立ちのハッキリしたすげーイケメンでキュンキュンしてしまいましたが、
そんなイケメンに限って背が低い…

嗚呼、なんてドイハー……

坊主であんなにイケメンなんだから
髪があったらヤバいですよ。ええ。



さて。

まぁそんなオッサンフリークなAさんが大好きな、おなじみの小林さん。

〜小林さんスペック〜
53歳
177cm 85kgほどよい恰幅
特段清潔感は感じないが清潔
とりあえずいい匂い。加齢臭、タバコ臭、男臭いニオイが全くない。
メガネをデコで止める(所さんみたいな)

…まぁ見た目をいくら並べても、結局は中身ですけどね。人間。
中身と匂い(笑)
臭い人は嫌だなぁ(´д`)

で。

先日、小林さんにこんなことを言われました。

「お前のその感性とか、こだわりとか…そーゆーのはどうやって形成されたの?親?」

って。

なんでしょう、小林さん曰く、わたしって変に落ち着いてる所があるらしくて。
なんかこう…こだわりがあって、世界観があると(笑)

いやぁ…そんなこと言われてもねぇ(笑)
自分で自分を落ち着いてるなんて思ったことないし…
冷めてるなぁって思うことはあるけど…

まぁでも、小林さんにそーゆー風に言ってもらえるのは嬉しいよね(笑)

で。

そんなわたしが出した答え。

「親はまぁ、お母さんが頑固で、お父さんが穏やかで…こだわりみたいなのは母親から来てるのかもしれませんねぇ。
 あとはまぁ、嫌な人いっぱい見てきたから、そーゆー人間には絶対なりたくないって思いながら生きてきました(笑)」

って答えたわけですけれども。

まぁこうやって文章にしてみると、
果たして小林さんの質問の答えになっているのか?って感じですが(苦笑)

でも、そう答えた後に思ったんですよ。

何回ぶっ○してやろうと思ったかわからないような奴等が
結果として、一番自分を変えてくれてのかもしれない。と。

いや、もちろん、出逢えて良かったと思う人達も
わたしを変えてくれたのも事実です。

ただ、そんな人は本当に数えるくらいしかいない。

あたしはやっぱ、あんな人間になりたくないあんな人間になりたくない…って思いながら生きてきたし、
自分がされたら嬉しいなぁ…って、結局自分基準で生きてきたなぁと思う。

だからまぁ、理想像ってのはないんだよね。
嫌なことは排除していって、結果、出来上がる人間が「わたし」になるんじゃないでしょうか。

と、思います。

今はまだその途中です。

仕事も同じだよね。
○○さんみたいになりたい!ってのはなくて。
それぞれの良い所は真似して、嫌だなって所はやらないようにしよう。ってやってます。


だからまぁ、脱線してしまいましたが、
今回わたしが言いたかったのはですね。

自分にとって嫌な奴ほど、自分を変えてくれると思うんです。

よ。笑

まぁわたしの場合はそうでした。結果的に。
それが良い方向へ行っているのか否かは自分ではわかりませんが…


自分にも相手にも嘘はつきたくない、
傷つけたくないし傷つきたくない、
優しくなりたい、
自分がされて嬉しいことはしよう、
とりあえず笑ってましょう。

今はそーゆー想いでシャバに出てますかねぇ…

まぁいずれにせよ、結局は自分基準なので何とも言えない部分はございますが…


とりあえず、小林さんめっちゃいい人です。
もう聞き飽きたかもしれませんが(笑)

それこそ、数えるくらいしかいない人の1人です。

マジ愛人なりたいッス。
小林さんの嫌な所は知りたくないから、愛人がいいのです/(^O^)\


じゃ今日はこのへんで

意味がなくてもええねん!
2014.05.11 [Sun] 22:42

楽しみがイケメン幕末しかないAさんです。どうも。

でも実は土方より、イケメン清盛の後白河上皇の方がタイプです…

土方はゲームキャラとゆーか、非現実的なアレとしては非常におもしろいですが…
後白河マジタイプです…

現実逃避オワタ\(^O^)/



さて。

なんだかこないだ、ふと思ったんですが。

高校卒業してもう10年経つんですよわ。笑

ハエー
ハエはハエ〜

パプワ君かよっ(゜Д゜)とツッコんでくれた方とは仲良くなれそうです。

まぁ正確には9年ですが…
早いッスね〜(´д`)

10年経って、住む場所も変わり人間性も変わり…
それでも未だに付き合ってくれてる人……

少なっっwwwwwwwwwwwww

てかまぁ言い方を変えれば、あたし自身が付き合いたいと思う人が…ね。うん。

なんて閉鎖的な人間なんでしょう…
そんな自分が嫌になったりもしますが、そんな自分を好きだったりもします…

そんな自分が好きとゆーか、そんな人がいたら好きになるって感じでしょうか。

あの〜…見栄ではないんですが、わりと好かれるタイプではあるんです、わたし。
こんなダークサイドを抱えていますが。

わたしも相手の方を好きになったりもするんですが、
なんつーか、どーもこう、相手にとっての自分の必要性を見出せない…
逆も然り。

別にあたしじゃなくてもよくね?
別にこの人じゃなくてもよくね?

ってゆー(苦笑)
根暗極まりないとゆーね。ええ。

だからなんか、もうそこで一歩引いちゃうんですよね。
一歩引いてる時点で『友達』ではないんです。

わたし基準の『友達』ですよ。笑

わたしは、すごく大切で本当に好きな人しか『友達』って言わないんですけど、
その『友達』には届かないけど、仲良くしてくれる人達もいるわけじゃないですか。

その人達は何て言えばいいのか悩みます(苦笑)

そんなん別にみんな友達でいいじゃん。って思うかもしれないですけど。
なんか嫌なんですよね。
一括りにしたくないです。

やっぱ、そんなクソ難しいあたしが『友達』って思うようになるまでには
いろいろ過程があるわけですよ。

そーゆー人達と、単に気が合うとかご飯食ったとかそーゆー人と一緒にしたくないと言いますか…何とゆーか…

まぁいろいろあるんです(笑)
めんどくせぇ人間なんです。


まぁなんか、それなりにいろんな人と出会いましたが…

なうです。笑

友達少なすぎて休日空しくなること多々ですが、
かと言って誰彼かまわず仲良くもできないし、したくないワタクシ。

きっと今後も変わらないでしょう(苦笑)
変える気もないですから(´_ゝ`)

そんな自分が嫌になったりもしますが、
でも矛盾してるけど、そーゆー自分みたいな人がいたらなんかかっこいいなって思う(笑)

いや、自分のことかっこいいなんて思ってないですよ!

ただなんか、そーゆーカタブツな人が近くにいたら、
そーゆー人に好かれたいし仲良くなりたいなって思う(笑)

上っ面だけの付き合いなんてしたくないし、めんどくさい。意味ない。時間の無駄。


そんなわけで、こんなわたしとお付き合いしてくれてる皆様方、
心の底より感謝いたしております。


じゃ今日はこのへんで

ひとつにならなくていいよ、認め合えばそれでいいよ。
2014.05.04 [Sun] 00:51

『清潔感』について。

先日、会社の某男性(35)と清潔感の話になり。

とゆーのも、今月から新しく女性が入社し。
わたしはまだ拝見していないのですが、どうやらブーデーらしく。

ポッチャリでも太っているでもなく、デブらしい。

まぁそれも男性の見解なので、そんなにデブではないかもしれないが…
でも「○○さん(デブ)くらいかなぁ」って言ってたから、多分デブでしょう。笑

そんでまぁ同じ女子として、そしてポッチャリ身分として、
男子にデブデブ言われるのは可哀想だし、自分だったら嫌だから

「いや、でも…太ってても愛嬌あったり清潔感あったりするじゃないですか〜!」

ってフォローに入ったんだけど

「でもさ、清潔感ある人はデブにはならないよ(笑)例えばうちの会社で太ってる人で清潔感のある人いる?」

て言われて、もうフォローできなかった/(^O^)\正論オワタ

確かに…デブは自己管理のできてない、してない証拠だからな……

まだ見ぬ貴方へ……痩せろ。笑

やっぱ男女共に清潔感って重要ですよね。最重要。

まぁわたしに清潔感あるかどうかはわかりませんが…
女性でもたまにいますよね、清潔感ない人…

なんかまぁ男性なら多少理解できますけど、清潔感がないことに。
でも女性の清潔感がないのは…なんかイヤ(苦笑)

いや、なんか、特別清潔感がなくても、「普通」ってラインもあるわけですよ。
それに達していないとゆーのは…女性としてどうなんでしょう(苦笑)

わたしの個人的な清潔感ポイントは、やっぱ爪ですね。ええ。
爪を整えてる人は大体身なりもちゃんとしてます。

てか逆に、身なりちゃんとしてんのに爪は気にしないって人いないでしょ(笑)
結果、爪の綺麗なのは清潔感あるってことに繋がるわけであります。


とゆーわけで、自他共に爪を相当気にしていますが、足の爪は全然気にしてないAさんです。どうも。



さて。

初めに言っときますが、いつもに増して糞長いです。


昨日の客の糞ババアは強烈でした…
あんなババアが現実界に潜伏しているとはネ…
フィクションの世界の話だと思っていました。

問題のババアは喪主の嫁。

初めに挨拶に行った時から、なんか変なめんどくせぇババアだなぁって思ったんだけど。

「火葬場に持っていくお菓子などはございますか?」

って聞いたら(火葬場では待ち時間が約1時間半あるのでお菓子等を持ち込みます)

あるわよ。っつーから預かろうとしたら

「あっちにはコップとか皿もないんでしょ?私、持ってきたのよ!気が利くでしょ?前に行った時は何もなかったから!」

…メンドクセ(´д`)
何アピールだよ。

つーか事ある毎に「前に行った(やった)時は…!」「私はもう何回も葬儀してるから…!」って経験豊富ですアピール。
しかもその言い方ね。人を見下したような、言い負かすような…なんかそんな感じ。

なんて愚かな小さき生物よ。

そしていざ火葬場へ。

なんでか知らんが、そのババアの華々しい経歴の話になり。火葬場で。

「私はね銀行の窓口の営業(?)やってて凄く成績も良くてね!
 その後には三越でストッキングを売ってたんだけど、私がいるといないじゃ売り上げが15万も違ったのよ!
 ここ(うちの会社)にも私の友達を2人入れたのよ!私の紹介で!」

って、何スかいきなり。
病気か。

へぇ〜凄いですね!誰でもできる事じゃないですよね!とか何かそんなこと言ってやったら

「そうよ!」

って(苦笑)
笑うわ。もはや。

で、なんか親族に呼ばれて

「まだまだあるんだけど…後でね」

とか言って、やっと去った。
「後でね」って…後あるんかい(苦笑)
笑うわ。もはや。

で、収骨。

骨拾ってる所でさ、みんないる所でさ、なんかあたしに耳打ちしてきて。
まぁ耳打ちっつっても丸聞こえなんだけどさ。

「あそこにいるのが私の姉よ。若いでしょ?3姉妹なの。私は1番下。今は東京の八王子にいるのよ」

って。
知らんがな。

めんどくせぇなぁ…と思いながら

「お若いですね!おいくつなんですか?」

って聞いたら

「64よ」

って。
年相応じゃねーか。
笑うわ。もはや。

「私は61よ。若いでしょ?40歳でもいけるって言われるのよ!」

って。
年相応じゃねーか。
40ぅ(゜Д゜)?バーロー!無理無理絶対無理!!

「40歳…う〜ん(苦笑)40代ならいけそうですね!」

って言ってやった(´_ゝ`)b

つーか今骨拾ってるんですけど…

そしてまだ続く。

「あそこにいるのが旦那の弟の嫁よ。私と同い年。私と同い年よ?」

まぁ要は老けてるって言いたいらしい。
へぇ〜。って言う以外何がある?!

[正しいと思う解答を次から1つ選べ]
1.へぇ〜
2.へぇ〜
3.へぇ〜

「あれが…」

まだ続くんかいっ(゜Д゜)!!

「あれが旦那(61)の妹よ。老けてるでしょ〜」

老けてるってゆっちゃったよ。苦笑

つーか自分の旦那の兄妹馬鹿にすんなや…
しかも収骨室で…

「はははは(´∀`;)…そんなこと言ったら自分に返ってきちゃいますよぉ〜(´∀`;)」

って言ってしまったわ。
I couldn't 我慢!!!!!!!

「そして…」

エェェェ(´д`)ェェェェエ!!!!!!!!

「そしてあの子はもらった子なの。兄夫婦は子供がいないのよ。私達夫婦は子供がいないわ」

だろうね…子供がいてその性格だったら…

てーかこの言い方もさ「私は子供がいないけど、誰かの子供をもらったりしないわ!」みたいな感じでさ。
とりあえず全てにおいて見下してんのよ。

知らんがな。
笑うわ。も…

つーかここ収骨室!!!!!!!
テメーの骨拾うぞクラァァァァァア(゜Д゜#)!!!!!!!

なんだろ…あんな糞な性格だから誰も話聞いてくれないから
葬儀屋の、しかもあたしみたいな若造に話してきたのかしら…


そして無事(じゃねーけどな(゜Д゜)!!!!!)に火葬場出発。

会館に戻り法事会食。

会食中はウチらは事務所いたり片付けたりしてるから
お客様の様子はわからないんですが。

どうやら会食中に争いが勃発したらしく。
糞ババア vs 八王子姉

帰る準備始まった頃にお客様の所に行ったら
ンマー糞ババアがブチ切れてて(苦笑)

話しかけた旦那がコテンパンに怒鳴られてた(´д`)
みんな見てるのにさぁ、親族とはいえ…

つーかさ…これはわたしの主観ですけれども。

男性を立てない女って最悪だと思うんですよね。
それも女の仕事。つーかそれ「が」女の仕事。

職場でもさ、今の職場に限らずね、いるけどさそーゆー女。
男を見下して蹴落とそうとするアマがよぉ…(←イライラしてきた)

でもさ、そーゆーことも出来てこそ、ホントの意味で「デキる女」じゃない?

まぁでも、言ってもそれは他人の男性に対しての話だから別にいいですよ。
事、自分の旦那ですからね。こっちは。

あんなさぁ…みんなの前で自分の旦那怒鳴り散らしてさぁ…
マジ○ねって思ったよね。葬儀屋だけど。

しかもテメェが1番ピーチクパーチク糞うるせークセに
自分の姉と、旦那兄の嫁が会話してたら

「ペチャクチャペチャクチャうるさいわね!いつまで話してんのよ!」

って、あたしに言ってくるし。

もう早く帰ってくれ〜〜〜〜〜

して、またさぁ、旦那さんがすげーいい人なのよ(泣)
穏やか〜なさ。
嫁がそんなんでも嫌な顔1つ出さないでさ…
なんであんなクズと結婚したんだよ…
あんなのと2人暮らしなんてぜってー無理!今すぐ離婚しろ!!!!!!

アレちょうだいコレちょうだい、
挙げ句の果てには、受付で使ったペンを何本かもらえないの?!って。

笑うわ。もはや。

あのババアだけだよ、うるせーの。
他のみんなは穏やか〜なのに。

そーゆー自分がさ、恥ずかしくないのかな?
なんかもうそーゆー感覚が理解できない…


そしてやっと消え去った糞ババア。

控え室を片付けに行くと、
部屋に置いてあるコーヒー用の砂糖とクリープがゴッソリと姿を消していた。

一緒だった人が

「あれは病気だな。精神病だ。」

と。

異議無し。


もうさ、あのババア絶対いい死に方しないよ。
全部自分に返ってくるよ。

実際もう病気だったし。リアルな。

リウマチ?って言うのかな?
指が変形してくる病気。

指は変形してペンも上手く握れない感じで、歩き方も変だった。
ヒザが内側にグイッと曲がってて、真っ直ぐ歩けない感じ。

まぁ神とかそんなモン全く信じてませんけど。
結局ね、見られてるんですよ。
自分のしたことは全て自分に降り掛かってくるんです。

自然の摂理ですよ。

ンマー苦しんで死ぬでしょうねぇ。
死ぬまでも誰からも必要とされず。
そして誰も悲しまない。

しょうがない、それが歩んできた人生の答えでしょう。


ですからまぁ、こんだけ長々愚痴って何が言いたいかってゆーとですね。

自分のしたことは返ってくるんですよ。良い事も悪い事も。

だからと言って、何か見返りを求めて日々言動しろってことじゃなくてさ。
普通に生きましょうよ。
元から悪い人なんていないんだから。

自分にもできないことがあるんだから、相手にできないことがあって当然でしょう?
自分には得意でも、相手にとっては不得意なこともあるでしょう?
そう考えたら、自分も相手も同じでしょう?

できないことは、できる人が補えばいい。
できる人は声をかけてあげればいい、できない人はお礼を言えばいい。

違うかな…?

自分以外、全員他人なんだから。全員違うんだから。



わたしは思っています。

そんなわたしが「嫌い!」と言うくらいの人間は、そーゆー人なんです。
あたしに嫌われるくらいなら、もう終わってると思うよマジで(苦笑)

「苦手」と「嫌い」じゃ全然違うからね。


まぁ…合う合わないはありますけど…
なるべくなら平和に暮らしましょうよ。

そのためにはお互いの歩み寄りと努力が必要不可欠なのであります。


じゃ今日はこのへんで
P R
2015年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aさん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
長くてごめんなさい