猫が好きです。 

2014年08月13日(水) 23時00分
初めまして。Tienです。
チエンと書いてティエンと読みます。地味にこだわりです。

特に目的をもって始めたわけではありません。
ただ何となく、日々いろいろ思ったこと、感じたことをつづっていけたらと思います。


基本どなたでも来ていただいてよく、
特にそういった面でのこだわりはありません。

しかしながら、
誹謗中傷、広告などを目的としたコメントは受け付けておりません。

それだけは明記しておきます。

開設日時:2013.08.13 midnight

山が見えん 

2013年08月21日(水) 18時54分
山が見えん。
北に仰げば 見える山が

霧か霞か、厚い雲か…
白いモヤがあの山を隠す。

山が見えん。
常に見えると思っていた山が

何故に見えん。何故に隠れる。

どうか姿を見せておくれ

カーブ、キレイに曲がれたよ。 

2013年08月14日(水) 20時39分
初めての運転。しかもマニュアル。

ぶつけませんでした。
ちょっとスピード出しそうになったけど、
カーブもきれいに曲がれたよ。

そう、カーブめちゃくちゃキレイに曲がったの。

それをさぁ、何も言わないで無視ってどうよ。
何か言うとき間違えた時だとさ、気分萎えんのよ。


ハァ……
誰でもいいんでカーブキレイ曲がれたこと、ほめてください。

風、立ちけり。 

2013年08月13日(火) 22時32分

戦争のころの映画だというから
ゼロ戦をつくった人物の物語だというから

何かもっと、違うものを想像していた。


戦争も、ゼロ戦も、震災も、
ただ、場面の、時代の一部でしかなく、そこにあっただけでしかなく

わたしがただただ感じたのは、
そこに 「堀越二郎という人物がいた」 ということだけ。


これを戦争の映画だというのは違うと思うし
これを恋愛の映画というのも違うと思う。

けれど、
これは「堀越二郎」の映画だというのならば そうだと応えよう。


人に、人を魅せるために描かれたものではないと感じる。
きっと彼の中では出来上がっている堀越を、ただただ描いたように感じる。

感じ方は様々だろう。
賛否両論別れるだろう。

ただ、わたしが言うなれば、

菜穂子のような女性になりたいものであり、
堀越のような男に愛されてみたいものである。



映画『風立ちぬ』をみて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tien
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる