静(しずか)のあみっけ

September 21 [Thu], 2017, 17:40
痩せよう!と思って、ダイエットは以前に何度か行ってきました。現在も時々やっているダイエット法は小さな断食です。その日の予定がない日に水の他は何も食べないようにします。



明くる日の朝はお粥のような胃にやさしい食べ物を食べて、後は普通にやって行くのです。
胃のリスタートにもなって体にも好ましいそうですよ。以前、炭水化物を切り詰める手法で減量を試みたことがあります。しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、困難だったです。日本人ですので、時々は、がっつりと白米を恋しく思います。なので、今現在は、夜のみ炭水化物のものの飲食を控えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。ひと口にダイエットといっても方法は様々ですが、基本は運動と食事ではないかと思います。食事制限と運動を並行してすると一段と効果的となるので、日々何らかのストレッチや運動を行えばいいかもしれないですね。



スポーツクラブなどに通うというのも良いですし、それが無理な人は自分でトレーニングやジョギングをやるように心がけるようにしましょう。
どうしてもやって来るのが体重が思うように減らない時期です。こんな場合はどうすればいいのかと言うと、これが原因でダイエットを休んでしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが重要です。もし、運動をしていないのなら、食べるものだけはカロリーに気をつけたり、食べもののカロリーを気にしないのなら、運動量だけでもキープしましょう。

ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、今、一番、効果的な心拍数を理解することによって効率よくエネルギーを消費することで、脂肪燃焼を高めることが出来るようになります。
長時間継続して体を動かすほど痩せられるのではなく、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が行き届かず、逆効果です。
ダイエット中のおやつは絶対ダメです。

間食で食べたものが、仮にスナック菓子などではなかったとしても、口にすれば太るという事実を心に留めておいてください。



過度の我慢も良くないけれど、一日三回、食事をきちんととって、あとは食べたい欲求を抑えられるように体質改善をはかりたいものです減量しようとしても続かないという場合は、ダイエットできたという方の体験談を聞いてみるのが良いでしょう。

ネットに載っている情報などは信じきれないと思うので、できることならば自分の周りの人の体験談を直接聞いてみることをお勧めします。


成功の経験を聞くことでやる気がアップします。ダイエットには有酸素運動が効果的だと聞きますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、境界線がわかりません。


よく言われるのは、息は上がるけれど、汗をかかない程度というのが判断するようです。

でも、発汗の仕方は温度によっても変わりますよね。
もっとわかりやすい判断基準があるとダイエットがしやすくなると思います。すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その時、流行った海外製の減量効果のあるサプリを試みたことがありました。



流し込んでしばらくすると、動悸が発生したり呼吸が荒くなったりしました。

ききめがあると思えばいいのか、体に適さないのかわからず、恐れを感じたので、一本で飲むのを止めることにしました。
全然、痩せずに終わったお話でした。
年齢が上がるにつれて、運動を行う機会も減り、基礎代謝がどんどん低下していく気がします。

そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思う通りに体重が減少しません。


まず体質改善を行わないとダメですね。

まずは、体温を上げるために、生姜湯から始めたいと思います。寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これで代謝がアップしていくことでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナタ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる