校長自殺報告書訴訟、名誉棄損を否定…最高裁(読売新聞)

April 28 [Wed], 2010, 0:50
 民間から登用された広島県尾道市立高須小校長の男性が2003年3月に自殺した問題を巡り、県、市両教委の調査報告書に「自殺の原因は教職員との対立にある」と書かれて名誉を傷つけられたとして、県教職員組合などが県と市に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が27日、最高裁第3小法廷であった。

 那須弘平裁判長は「報告書は社会的評価を下げる内容ではない」として、県と市に154万円の損害賠償を命じた2審・広島高裁判決を破棄し、県教組側の請求を棄却した。県教組側の敗訴が確定した。

 判決によると、男性は02年4月に校長として採用されたが、03年3月に自殺。両教委は同5月に調査報告書を公表した。

 一方、校長自殺後の人事異動を巡り、当時の同校教諭が違法な転任だとして損害賠償を求めた訴訟の上告審判決もあり、県と市に計66万円の支払いを命じた2審・広島高裁判決が確定した。

<龍馬>「いろは丸」ポルトガルから 通説覆す(毎日新聞)
ネット選挙、参院選解禁目指す=与野党(時事通信)
支援制度、9割が「事前に知らず」=認知度向上が課題−犯罪被害者への調査・警察庁(時事通信)
「マッサージ痛い、やめろ」4歳児けった父逮捕(読売新聞)
満開のサクラと季節はずれの雪が競演 福島(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/l9hjo8i7/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。