妊娠に重要な葉酸

September 17 [Thu], 2015, 20:24
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、普段の生活を送っていると、十分に摂取できないという悩みもあります。
こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。

普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。


妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが一番良いですね。効率的な摂取のタイミングは、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。
普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。
一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。妊活中には食事の内容にも気を配りますが、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活中におススメなお茶では、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。これらはカフェインが含有されていませんので、妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話ですから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離せない関係の二つです。それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。もちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。

妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を意識しましょう。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日0.4mgを摂るように通知が出されています。


葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。

葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりと含まれているサプリと言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。


こちらの会社が販売している葉酸サプリにはいくつかの種類がありますし、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。


これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。妊娠後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、先天異常の発症リスクが抑えられると知られています。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をおススメします。



基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。では、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が不必要なのか?という疑問も抱きます。

しかし、そんなことはありません。



赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。

葉酸は胎児の健やかな成長を促すために最も大切な成分ですが、もし葉酸が不足したら、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるという研究結果が報告されました。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。

具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱が必要な食材やメニューの場合、加熱時間を短時間にして熱は通す程度にした方が良いと思います。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸のサプリメントを活用するのが簡単ですから、おススメです。妊娠を希望する人は、妊活中に適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に書いてありました。どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために大切な栄養素だそうです。ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを使うのも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。

安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。いわゆる不妊症の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側要因と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側の原因とが挙げられると思います。しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。


男女双方が検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に蓄積するということはありません。



ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された用法を守って摂取するようにしてください。



不妊に効果のある食べ物というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。
鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。



全体的にはバランスよくさまざまな食材をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えばホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は摂取できているという事ですね。
妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。



不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。妊活中において、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。
選ぶ基準としては、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。

妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
他には、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって多くの効果が見込めるサプリだという事です。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いです。
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。
ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。
具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。



こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。

ですから「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの摂取をお勧めします。みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。



赤ちゃんが健やかに育つように、例えばサプリメントなどを活用しながら十分に葉酸を摂取するように心がけてください。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。

ですからサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。



もっと早く来たかったですね。
お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。


葉酸は、この時に重要な働きをします。葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分を参考に、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
ですが、それでかえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。


そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も管理しやすい為、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。

妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。

中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経が整い、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。
パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。

ですから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ実践してみてください。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。一般的な生活で摂取できる分では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。


サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売っていますから、こうしたサプリを選べば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。

使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いと、目をつけているようでした。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、友達にアドバイスしました。

友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。

冷え性は不妊を招くと言われています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血流のわだかまりを解消し、代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。



冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。


不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。



周囲の励ましや期待などが負担となったり、本人の不安などが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で摂る事です。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。
幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがちょっと大変だ、と感じる場合は、是非、サプリメントを利用してみてください。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。


実際に妊娠してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。
ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的な疲労も相当なものです。市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる例が多いのが実情です。



第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
今年で40歳になる私ですが、色々なものに追い詰められているようで、落ち込むことが多くなりました。
妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。妊活をしている方ならば、いつでも妊娠する可能性があるわけです。妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。


妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。

出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。


果物では、イチゴが有名です。


あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと発表されています。
それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。


葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのもおススメです。


葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。



葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が多いと思います。

実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。
妊活なんて聞くと、女性側が実践するものがよく紹介されています。

しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性にあるとは限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。



そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。

しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。



サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。
ですがサプリには普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が入っているため、既定の容量を厳守するようにしてください。葉酸の過剰摂取によって、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。赤ちゃんを授かったという事で栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱で溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食事を見直すことも大切だと思います。



卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が良くないのを放置していると、卵子や精子の活発さは、望むほうが無理なのではないでしょうか。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮した食事を続けていくことが大事です。妊活の時に、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。

上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。



本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けに挑戦してみました。
その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。産み分けのおかげだと思っています。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛の摂取を心がけてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。
妊活中の男性にも効果があります。


それは、亜鉛の摂取によって質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。



妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。中でも特に先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は重要な効果です。今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることがおススメです。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。
簡単に葉酸を摂取したい方には良い方法ではないでしょうか。妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、葉酸を補給することを厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。
ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが心掛けたいですね。
親友の話なのですが、彼女が妊活をしている時によく漢方を飲んでいたと思います。彼女が言うには妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。


漢方だったら安心できますね。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かりました。
ずっと頑張っていたので、本当に嬉しいです。



なかなか妊娠できないという人は、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。
平均体温と基礎体温は違います。



基礎体温を見るとホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。


最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。


今回の妊活では体づくりにも注意しました。以前から冷え症に悩まされていた私は、まず運動で、体を変えてみようと思いました。


運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温が高くなったので、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。



2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言えば不機嫌になりそうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

それが功を奏したのか、全部飲み切らないうちに、下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素のひとつであると知られています。
日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事での摂取が難しい、なんてこともあると思います。



そうした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取は葉酸サプリ等を利用すれば葉酸をしっかりと補給することが出来ます。
胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリで摂ることが望ましいです。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。
しかし、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要不可欠な栄養素です。なので、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。


さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすくなるというわけです。


造血作用で血液が増えることで、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊治療に役立つのです。

ギイオコヨト

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l8jrkq7
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l8jrkq7/index1_0.rdf