怨み屋本舗 REBOOTの情報について

November 30 [Fri], 2012, 15:20
それを与え得るものはイデオロギー[#「イデオロギー」に傍点]――政治的従って又文化的――の外にはない。
 で新聞の今の場合の社会的機能は、実は世論や政見の代表や指導にあるのではなくて、恰もイデオロギー(政治的従って又文化的)の代表と指導とになければならぬ。新聞紙は何よりも先に、イデオロギーの機関[#「イデオロギーの機関」に傍点]でなくてはならなかった。
 処で、新聞の概念規定から云って、その政治的批評的な特色は第二に、同時に教導的[#「教導的」に傍点]・社会教育的[#「社会教育的」に傍点]な特色と同伴しなければならない筈であった。実際今、政治的イデオロギーは文化的イデオロギーと同伴しなければならないのである。では新聞はどういう教導的・社会教育的(即ち文化的な)社会的機能を働くか。――人々はこの機能[#「機能」に傍点]を普通大まかにも、ジャーナリズム[#「ジャーナリズム」に傍点](正確に云えばジャーナリズム化[#「ジャーナリズム化」に傍点])と呼んでいるのである。
 報道と批評と――今の場合それが知識[#「知識」に傍点]と見解[#「見解」に傍点]とである――は原始時代に於ては支配者乃至支配階級の独占的特権であった。秘儀やタブー・秘伝・階級的科学(例えばバラモン教)・倚らしむべし知らしむべからずの政治方針・等々。近代ジャーナリズムはブルジョア・デモクラシーと共に、かかる独占物の民衆化[#「民衆化」に傍点]として機能しなければならなかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l8dtbw1p
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l8dtbw1p/index1_0.rdf