拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)

April 20 [Tue], 2010, 12:54
 北朝鮮に残る「よど号」ハイジャック事件のメンバーら6人が日本人拉致事件に関する逮捕状の撤回を求めず、帰国後は拉致事件解決に協力するとの意向を示したことが20日、訪朝した支援者の話で分かった。
 事件は1970年3月に発生。9人がよど号を乗っ取り、北朝鮮へ渡ったが、小西隆裕(65)、若林盛亮(63)、赤木志郎(62)、魚本(旧姓安部)公博(62)の4容疑者が残り、リーダーだった故田宮高麿氏の妻森順子(56)、若林容疑者の妻佐喜子(55)両容疑者も共に生活。このうち魚本、森、佐喜子容疑者には拉致事件で逮捕状が出ている。
 訪朝した支援者によると、最福寺(鹿児島市)法主の池口恵観氏を団長とする「日朝友好文化交流団」の13人が今月13〜17日に訪朝。平壌市内のホテルで15日、小西容疑者ら6人と面会した。
 池口氏が早期帰国を求め、「日本国民として拉致事件の解決に協力したらどうか」と説得したところ、小西容疑者らは「解決に協力する。拉致事件での逮捕状にこだわらない」と回答。政府との帰国交渉については「(池口氏に)一任する」と伝えた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、軍事訓練を異例の視察〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
あの日、何が起きたのか〜9.11テロ ドキュメント〜
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕米同時多発テロ

首相はつらいよ? =山田洋次監督が激励(時事通信)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初−神戸(時事通信)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/l8645m3t/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。