お別れの準備。

February 03 [Fri], 2012, 15:24
一週間ぶりの学校で、久しぶりに会った人たちに、話をする。
もうすぐお別れです。
送別会とか、悲しいから、ヤ。
ただ、毎日飲んでいたい。
いっかい、ぱーと悲しく飲みたくないのです。
残りの時間をただただ有効に使いたく、ただただみんなとの時間を過ごしたいのです。
、引越しはトラック借りようと思ったのに、それめっちゃ高いらしいじゃないか。
宅配業者のほうがいいらしい。
いっつも、いつだって、こうして誰かに助けられてきた。
今月は、お別れの時間。
みんなと、いっぱい楽しい時間を、過ごすのだ。
寂しくないように。
これからを、100倍楽しめるように、勇気を、元気を、もらうのだ。
問題はいっぱいあるが、すべてがうまく行くとは限らないが、うまく行くように、ひとつひとつ解決できるように、私は精一杯やらなきゃね。
カのこと、先輩に電話した。
私のひとつの選択に、決断に、それもありだと背中を押してくれた。
ちょっとだけ、元気が回復する。
その代わり、ここで諦めずいっぱい本を読めと言ってくれた。
それが、今後の糧になるから、と。
先輩が言ってくれた言葉は、ちゃんと守らなくちゃ。
いっぱい、本読まなくちゃ。
自分のこと、ちゃんとがんばらなくちゃ。
こうやって手を差し伸べる。
困ったときは。
逆に誰かが手を伸ばしていたら、気づける人になりたい。
これからは。
その手ソフトSMを自信を持って掴める人になりたい。
来週は、いよいよ先生に報告。
これからのこと、いろいろお話しなくちゃ。
先生はどんな顔するだろう。
ここでの2年間が、もうすぐ扉を閉じようとしている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l849607hru
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l849607hru/index1_0.rdf