兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)

June 01 [Tue], 2010, 15:21
 独特の形やユーモラスな動きで人気が高いマンボウが27日、須磨沖合に迷い込んで保護され、神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区)が一時的に展示を始めたが、同日夜に死亡したことが分かった。治療を行って一週間程度で海へ戻す予定だったが、同水族園は「残念で仕方ない」と落胆している。

 保護したのは全長約60センチ、体重約5キロで成体には達していない若い個体。27日朝、水族園から約1キロ沖合で漁船の網にかかっていたところを保護された。網によるすり傷があったが、体調は良好で水槽内をのんびり泳いでいたという。

 マンボウはデリケートな魚で飼育が大変難しいとされる。水族園には長期飼育できる施設もなかったため、抗生物質などを投与しながら一週間程度の予定で公開を始めたばかりだった。水族園側も注意して見守っていたが、同日午後10時半ごろ、水槽の底に横たわっているのを発見、10分後に死亡を確認した。外傷やほかの魚類に襲われた様子はなかったという。

 死体は冷凍保存され、水族園は近日中に解剖を行い死因を調査する予定。

【関連記事】
繁殖が難しいネコザメが産卵 静岡・下田海中水族館
希少ウミガメ放流し調査 名古屋港水族館
がんばれ!義肢ウミガメの悠ちゃん 神戸・須磨水族館
水族館記念切手の販売中止 ペンギンの写真取り違え
地魚のぞく博物館「うおのぞき」 小名浜漁港
iPadが上陸

拳銃向け「撃つぞ!」加藤被告は「ナイフを落とし、崩れ落ちるように座った」 秋葉原殺傷(産経新聞)
【エンタがビタミン♪】SMAP中居正広が自民党本部を訪問したワケ。
<放送法修正案>与党、衆院委で採決強行し可決(毎日新聞)
少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年―岐阜(時事通信)
<陸山会事件>辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/l7x7lb3y/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。