カプセルが帰還、大気圏に再突入 小惑星探査機はやぶさ(産経新聞) 

June 19 [Sat], 2010, 7:03
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると13日午後11時前、小惑星探査機「はやぶさ」の回収カプセルが地球の大気圏に再突入した。エンジン故障や通信途絶など、数々の困難を乗り越えてきたはやぶさは、約7年間の宇宙の旅を終えて帰還した。

 回収カプセルは直径約40センチで、小惑星「イトカワ」の土壌試料が入っている可能性がある。再突入時は秒速約12キロの猛烈なスピードで、表面温度は約3千度に達するという。

 大気圏を無事に通過すれば高度約10キロでパラシュートを展開。再突入から約30分後、オーストラリア中南部ウーメラの砂漠地帯に着地する。

 現地では約60人の回収チームが待機しており、カプセルが発信する電波などを頼りに捜索にあたる。カプセル分離後の本体は大気圏で燃え尽きる。

 はやぶさは2005(平成17)年、地球から約3億キロのイトカワに着陸し、土壌の採取に挑んだ。小惑星への着陸と往復は世界初。

 土壌を採取できたかは不明だが、回収に成功すれば、地球以外の天体の地表試料の回収は、米国や旧ソ連による「月の石」以来の快挙となる。試料は太陽系の起源解明などの研究に役立つと期待されている。

【関連記事】
回収カプセルを分離 はやぶさ帰還へ
小惑星探査機「はやぶさ」 きょう7年ぶり帰還
はやぶさ帰還 不撓不屈みせた宇宙の旅
けなげな姿「はやぶさ君」に共感の輪 きょう地球帰還
迷子−満身創痍−最後は燃え尽き… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる

国会閉会、参院選へ向け事実上の選挙戦(読売新聞)
柏市の青果物卸業者を告発 東京国税局(産経新聞)
医療問題で国民が意識の共有を(医療介護CBニュース)
小林議員に早期辞職求める=民主・枝野氏(時事通信)
<参院代表質問>菅首相「棒読み答弁」 社民には一転丁寧に(毎日新聞)