健康保険料負担も少ない独法職員、29組織で(読売新聞)

May 21 [Fri], 2010, 22:15
 厚生労働省は14日、健康保険組合に加入する29の独立行政法人(独法)が、職員の健康保険料の負担を半分より少なくしていたと発表した。

 国家公務員の場合、労使は折半し、民間でも中小企業のサラリーマンは労使折半だ。

 独法には公金が投入されているため、長妻厚労相は各独法の所管省庁に見直しを求める。

口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相(時事通信)
日航撤退 路線存続へ支援策 愛知県が検討表明(毎日新聞)
【裁判員考】制度施行1年(下)最終評議〜判決 重い経験、共有が大切(産経新聞)
支持率20%割れで首相「国民いらだち」(産経新聞)
<もんじゅ>試運転で酸素濃度計が不調 故障の可能性(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/l7hm87db/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。