同期が遊びに&泊まりにきました!

April 30 [Sat], 2011, 21:52
だいぶ前のことなのですでに忘れかけてますが日に、同期の女の子2人がうちに遊びに来てくれましたみんなでマリオやったり結局人ではプレイしなかったからちょっと残念ショボーン、私のへっぽこミートメ[ススパゲティをご馳走したり、会社のこととか話したり、したかな一番の衝撃は、さんとさんが結婚するという話自宅警備中の私は、その話がどのぐらいオープンなのかわからんので前略プロフ、一応伏せときます。だけど、私が結婚する直前の女子会時、珍しい人が食いいてくるなあと思っていたら、そういうことだったのかあと納得。でもなんだかちょっと悲しい気がするのはなぜでしょうあと、みんなでトークしたりしたなプロモ見ながら、エロイエロイ言ったり、どの子が一番可愛いとか話したり。私のビジュアル一押しは野ちゃんだけど、やっぱりピンデビュー一番乗りは彼女でしたね。私見る目あるーフフンそして、同期一人が夕方頃帰ってからが、ある意味本番でした爆笑遠くから遊びに来てくれた同期は、そのままお泊りー。今回は、私たちと遊ぶためにこっちに出てきてくれた彼女。せっかく遠くから遊びに来てくれたのに、結局最初から最後までうちでのんびりだらーだらして終了だったけどその分みっちり色々話せて楽しかったマリオをキャッキャ言いながら3人でやったり、危ない恋話トークを大量に聞かせてもらったりホント背後に気をけてね笑、夜は近所の有名なホルモン屋に行ったり、激しいセクハラを繰り広げて良い思いをしたり柔らかかった幸。あ。ホルモン屋、美味しかったのでオススメです。念のためと蘭縄cjいたんだけど、蘭cIて正解。バッチリ満席になってました。よし蔵ってお店です。もくもくのお店だから服が臭くなるけど、コートとかはビニールに入れて預かってくれるという良心的なお店だし、駅からも近いので、蘭縄cgぜひ行ってみたらよいかと書ける範囲ギリギリアウト笑の旦那様の名言としては男同士のトークでは、女性を3パターンに分けることがあって、1結婚したい人、2恋人にしたい人、3度お相手願いたい人がいるんだけど、うちの同期の女性は以下自主規制という。爆笑理解できる面もあり、出来ない面もありでも、ホント泊まってくれた同期ちゃんといると、楽しい。今まで私の周りにいなかったタイプの子だし、彼女がいると話が恋愛観の方に行きがちになるんだけどというか私が興味津々に聞きまくるからだよね笑、私は自分もまともな恋愛してないし、それもあって友人と恋話とかしたことがないから、ホント新鮮な気持ちになります。周りにいなかったタイプの子で思い出したけど、彼女も面白発言してたの思い出した。彼女は最近、宇宙だか天体だか星だかに興味があるらしく、そういう関連の本を最近よく読んでいるらしい。月ってね、いも地球に同じ面を向けて回ってるんだよと教えてもらい、ほおほおと聞いていると地球に見せてない側は、ぶぶクレーターがすっごく多いから、地球にぶぶを見せまいと、必死になりながら地球の周りを回ってるんだよ乙女チックと、力いっぱい語ってくれました。ぶぶを見せまいと必死になってるのが乙女チック、という思考の飛びっぷりが、ホント好きです。愛してますあと、シャボン玉を吹くときの棒の形がハート型だと、ハート型のシャボン玉が出来るか、一人でビデオを撮りながら実験したことがあるという話も聞いたんだけど楓ハ張力とかが働くから、ハート型になんかなるわけないだろと最初バカにしてしまいましたが、検証ビデオを再生したところ、出来た瞬間はちゃんとハート型になってたんだよと熱く語る彼女を見ていたら、やっぱりときめいてしまいましたシャボン玉が出来た一瞬を求めて一生懸命検証するあたり、かなり可愛いキューン私も、彼女にするなら間違いなくこの子を選びますね、ハイ爆笑で、うちに泊まったということは夜は夜で激しくセクハラしまくって2の布団の上で3人で寝るんだから、まあそんなことになりますわな、本気でセクハラする私に旦那様は大興奮してるしでカオスでしたが爆笑いう機会もまあそうそうないだろうし、ギャアギャア言いながらも、きっと喜んでくれたはずと勝手に思い込む笑もうまもなく引越しなので今のおうちに遊びに来てもらうのはこれが最後だけど、引っ越したらまた懲りずに遊びに来て色々お話聞かせてもらおっと。楽しみ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l6vt9hlegq
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l6vt9hlegq/index1_0.rdf