高齢者向けマンション入居一時金を詐取、疑いで秦野の建築会社社長ら逮捕/神奈川県警(カナロコ)

May 13 [Thu], 2010, 2:18
 完成のめどが立たない高齢者向けマンションへの入居を募り、契約者から一時金をだまし取ったとして、県警捜査2課と平塚署は6日、詐欺の疑いで、秦野市の建設会社「コスモス」社長、山崎辿(63)=同市平沢=、妻で取締役のみどり(57)=同=の両容疑者を逮捕した。

 問題のマンションは、2003年12月から平塚市土屋に建設中のマンション「サン・オリーブ」。県などには03年から09年にかけて同社と契約した42人から相談が寄せられており、被害総額は約2億6千万円に上っている。県警は、同社が資金面などからマンションを完成させる能力がないのに、ほかにも入居者を募っていたとみて調べる。

 逮捕容疑は、08年9月、相模原市南区の70代無職女性に対し、介護サービスを受けながら終身居住できるように装い、入居一時金525万円をだまし取った、としている。

 同課によると、2人は「営業できる見込みがあって一時金を受け取っており、だましてはいない」と否認しているという。

 県などによると、同社は新聞折り込み広告やタウン誌に「終身住居型シニア住宅」「新築完成」などとうたい、525万〜750万円の一時金などを受け取っていた。入居できなかった複数の契約者が民事訴訟を起こし、解約に合意したケースもあるが、一部しか返金していないという。

 県は08年8月、景品表示法に基づき不当な表示をやめるよう同社に指示。09年3月にも、業務改善を勧告していた。

【関連記事】
高齢者らに強引な勧誘、住宅リフォーム業者に業務停止命令/神奈川県
女子大生の胸などを触った容疑者逮捕/平塚
救急隊員が空き巣200件以上自供、平塚市消防本部の隊員再逮捕/神奈川
盗撮しようと女性のスカートにデジカメ、容疑の千葉県警出向中の巡査逮捕/神奈川県警
80回以上電話をかけた容疑者逮捕/神奈川県警

弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
<皇后さま>赤十字大会に出席(毎日新聞)
700万円自己負担、公募運転士訓練始動(読売新聞)
痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う−警察庁(時事通信)
藤原さんは藤原氏の末裔・・・?(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/l6u5jit1/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。