否決なら再提出=性描写規制条例で―石原都知事(時事通信) 

June 18 [Fri], 2010, 21:30
 東京都の石原慎太郎知事は11日の記者会見で、漫画に登場する18歳未満のキャラクターの性描写がある漫画販売などを規制する都青少年健全育成条例改正案について、「(条例の)目的は間違っていない。あしき状況を改善するための制約が必要だ」と述べ、都議会最大会派の民主党の反対で否決された場合、9月議会以降に再提出する考えを示した。
 改正案をめぐっては、18歳未満のキャラクターを「非実在青少年」と定義した文言について、民主党が「分かりにくい」と批判。自民、公明両党が非実在青少年を「描写された青少年」に修正する案を示したが、民主党は否決の構えを崩していない。 

【関連ニュース】
「参院選目当てだ」=首相退陣表明を批判
知事会議開催はナンセンス=「沖縄は我慢を」
新銀行東京めぐり意見交換=政局の話も?
「帰化」発言の撤回を拒否=福島社民党首に反論
反民主で新党連帯を=略称「日本」使用では反論

改正法施行控え、厚労省に要望―臓器移植関連学会協議会(医療介護CBニュース)
武蔵大学で採点ミス 5人が追加合格(産経新聞)
はやぶさ 世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認(毎日新聞)
20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
<盗難車衝突>ナンバー不正で容疑者逮捕 愛知・豊川(毎日新聞)