☆ネイルルームのご紹介☆

October 31 [Sun], 2010, 23:24
最近結婚式だったりなんだりで色々な人に会います。結構近くに住んでたり、近所で働いてる友人が多い事に気付くので、『今度遊ぼうよ』『飲みに行こうよ』などと誘うんですが、なぜかみんな自分に対して『忙しい』というイメージを持っているようです。まぁ確かに以前は忙しく働いていた事もありますが、今はその当時に比べれば断然暇だし、もし忙しかったとしても擦り減ったり、疲弊するような仕事はしていないので遠慮無く誘って欲しいと思います。労働の疲労は心地好い物でなくちゃいけません。仕事もきちんとするし遊びもきっちり。とはいえ普通に会社勤めの人よりはよっぽど働いてないと思う。自営業者でサラリーマンと同じだけ自己管理で働ける人は普通に成功するんだろうな、と思う。精進、精進。事情をよく知るバンド仲間からは『いい加減週5で働け』と言われます。うーん、正しい主張だただ毎日何かしら仕事に関わる事はしています。常に仕事の事は頭の片隅にあるし。それでいて、自分にとっての仕事はとてもプライベートに密接に関わっていて、ある種趣味の一かのような関わり方をしているのでみんなの感覚とは少し違うかもしれません。頭の中でする仕事も多いし、いでもどこでも仕事は出来るしね。執筆なんて旅に出ながらでも出来るし好きになれそうです。今や美味しい物を食べる事すら仕事の一環になっちゃってます今度はクライアントさんのお店に行って、仕事として(名目は店舗視察)タダでご飯食べてきます。ちゃっかり特に必要無いけれど相方へるめすの分もタダにしてもらう約束こぎけてきちゃいましたちょっとでも労をねぎらいたいという思いもあってですが。お店の方が快く応じてくれるのは自分の仕事に価値を感じてくれているからだと嬉しく思います。その分また意味のあるレポートは提出して改善という形でお返ししようと思います。仕事は楽しくがモットーですところでフォアグラ丼って美味しいんだろうか
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l6s10oyjzb/index1_0.rdf