過食や嘔吐の頻度が低くなる時期

December 03 [Mon], 2012, 11:29
過食症の状態が落ち着き初める時期を過ぎると、今度は自覚出来るくらいに過食や嘔吐の頻度に変化が見られるようになる段階に入ります。
具体的にどういうような変化が分かるようになるのかというと、1日のうちに何度も過食や嘔吐をしていたのが、1ヶ月に1回に減少したり、日常生活を送る中で状態が一切現れないという場合もあると言います。
ですが、それでといって感知したという認識をもつのは時期尚早という事が出来ます。
というのも、精神的に頭皮苦しいおもいをした場合には、過食や嘔吐に逃げるという可能性は依然として残っているからです。
とはいえ、日常生活を送る事になんら妨げがないというほどに状態が改良されていくため、心身ともに軽くなったような感覚を記憶する事でしょう。
人によっては、普段の暮らしの中でいい事があったという場合に、飛躍的に状態が良くなる場合もあるみたいですが、多くの場合は漸進的に状態が良くなっていくという形になるでしょう。
また、この段階では過食症の状態がどんどん良くなっていくため、自身自身の体を労わろうという感情が出てきます。
そのため、これまでのように無理なダイエットに取り組もうという気がなくなってきます。
そうして、過食症が治るあたりになると、暮らしの中で低くはないハードルを感じる事があっても、過食や嘔吐に逃げるような事がなくなってきます。
難しいに自力でたちむかう事が可能となり、自身を信じて暮らしていく事が出来るようになるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よーせー
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l6arm8vc/index1_0.rdf